インナーバルコニーで素敵な生活をしませんか?インナーテラスやガーデンルームとも呼ばれるインナーバルコニーは、住まいを選ぶうえで特に人気!今回は、インナーバルコニーのメリットやデメリットを活用方法とともにご紹介します!突然の雨にも強く、外観もおしゃれにしてくれるインナーバルコニー。お住いの新築、リフォーム時の参考にしてみてくださいね♪

【はじめに】インナーバルコニーとは?

普通のバルコニーは屋根の付いていないベランダですが、インナーバルコニーは、屋根が付いた広いベランダのことです。

普通のベランダは一般的に奥行が90cmと決まっていて、洗濯物や布団干しに余裕のあるスペースではありません。インナーバルコニーは、奥行きが90cm以上あり、使い勝手が良いため注目されています。インナーバルコニーのメリット、デメリットをご紹介します。

おしゃれで便利なインナーバルコニーが人気の理由!外観&機能的特徴は?

バルコニーにも様々な種類がありますが、普通のバルコニーでも、外壁から飛び出したタイプや下から柱で支えるタイプがあります。また、1階の屋根の上に設置するルーフバルコニーもあります。

また、サービスバルコニーと言って、奥行きが1m以下でエアコンの室外機を置いたり、ちょっとした物置用に利用するバルコニーもあります。

そして、今回ご紹介するインナーバルコニーは、家の一部をバルコニーとして設置する構造になっています。インナーバルコニーは、住まいの普通のバルコニーよりもスペースに余裕があり、洗濯物や布団干しが快適にでき、突然の雨などによって洗濯物が濡れてしまうこともありません。

インナーバルコニーは何故人気が高いかと言うと、おしゃれな外観や使い方に多様性があるからです。

インナーバルコニーは、住まいの一部の間取りとして設置されるため、屋外のはずなのに室内にいるような感覚で使うことができます。

インナーバルコニーでは、ガーデニングをしたり、バーベキューをしたりして楽しむことができます。また、1つの部屋として利用することもでき、使い方によって可能性が広がります。

インナーバルコニーにすると、外観がすっきり!

住まいの新築を検討中の人は、建物から突き出たバルコニーにするか、屋根がついているインナーバルコニーにするのか外観で迷う人が多いようです。

インナーバルコニーは、普通の突き出たバルコニーよりもスッキリとしたデザインの外観になるため、新しい住まいにはインナーバルコニーを採用しようという人も多いようです。

また、建物を正面から見た外観のことを「ファサードデザイン」と言います。注文住宅などで、ファサードデザインとして、特徴的なインナーバルコニーを外観のポイントにしている人も多いようです。

また、バルコニーの手すりに使われるパネルもバリエーションが豊富で、おしゃれなパネルを使っている家も多く見られるようになりました。

住まいを新築するに当たっては、バルコニーの外観デザインはとても重要です。また、インナーバルコニーは、住まいがおしゃれな外観になるだけでなく、プライバシー確保や防犯上も安心を確保できる外観になるという点でもメリットがあります。

自分好みのインナーバルコニーにして、オリジナルの自分だけの住まいのデザインが可能になります。

インナーバルコニーは延べ床面積に含まれる…!

原則として、住まいの中で壁や柱があり、屋根を持つスペースは延べ床面積に含まれます。そのスペースは、物を保管したり、人がいつも滞在する可能性があるスペースなので床面積とみなされるのです。

住まいの中で屋根付きで3方を壁で覆われている外観のインナーバルコニーも、延べ床面積に含まれます。延べ床面積に含まれるということは、後述の税金にも関わってきます。

また、注意しなければならないのは、住まいに広いインナーバルコニーを作ったため、他の部屋や収納スペースの床面積が減ってしまったということがあります。インナーバルコニーと他の部屋の間取りをしっかりと考えなければなりません。

延床面積とは、各階の床面積の合計をいう。駐車場は延べ床面積の5分の1未満であれば、床面積に算入しなくてよいというル-ルがある。
建築物の面積は建物の外周で計算するのではなく、壁もしくは柱の中心で囲まれた部分で計算する。
引用元: https://www.weblio.jp

実用的な間取りで家事も楽になる◎

インナー バルコニーは、戸建てで生活していく上で、おしゃれな外観で実用的な間取りのひとつになります。

余裕のある物干しスペースとして、洗濯物を人目にさらさずに干せることや、くつろぐスペースとしても活用することができます。主婦の家事や育児の負担を減らしてくれて、暮らしを豊かにしてくれます。

例えば、ウォークインクローゼットとインナーバルコニーを隣同士にすると、インナーバルコニーで干した洗濯物をハンガーのまま、隣のクローゼットへかけることができ、主婦の家事動線が快適になります。

また、同じフロアの全ての部屋の出入りが出来るインナーバルコニーがあると、窓から布団を出し入れができ、主婦には重労働な布団干しも楽になります。

最近、注文住宅では間取りの希望で特に多いのが、インナーバルコニーだそうです。戸建住宅では、特にベランダやバルコニーは、珍しい設備ではありません。だからこそ、自分の住まいではおしゃれな外観など、個性を出したいと考えている方も多くなっているようです。

日当たりが気になる場合は西や東がおすすめ…!

住まいのインナーバルコニーを、せっかく日当たりが良いと言われる南向きに設置したのに、実際は日当たりが悪く、洗濯物が生乾きで困ったという人もいるようです。

日当たりが良い方向にあったとしても、確実に太陽光が入るというわけではありません。いくら南に太陽があって日当たりが良い場所でも、バルコニーの屋根に遮られてしまい、暗くなってしまうのです。

バルコニーの日当たりを良くしたい場合は、設置する場所を西または東側にするのが理想です。住まいでは、反射した光をどれだけ室内に取り入れて日当たりを良くするかがポイントです。

また、インナーバルコニーを設置する場所と、隣接する部屋の位置は日当たりを考えるうえでとても重要です。外観を重視し過ぎて、日当たりが悪い場所にインナーバルコニーを作ってしまい、失敗してしまったという話もあるようです。

インナーバルコニーとサンルームとの違い

住まいの中でのサンルームの役割としては、洗濯物を干す場所のほか、雨、花粉対策にもメリットがあると言われています。できるだけ自然光を多く取り入れて日当たりをよくするために、ガラス張りにした部屋にしたりします。

リフォームの定番であり、建物に後から取り付ける家庭も多いようで、パネル等で簡単に取り付けられる構造です。

日当たりが良いサンルームでも、外から丸見えだったり、汚れや傷が付きやすく掃除が大変なようです。また、外観があまりおしゃれではないという声もあります。

しかし、最近は機能性だけではなく、外観もデザイン性の高いサンルームもあるようです。インナーバルコニーは、外観がおしゃれで、住まいのプライベートもしっかり守られている感じがします。

インナーバルコニーの5つのメリット!便利でおしゃれ♪

インナーバルコニーのメリット・デメリット9選!失敗例と活用方法も
(画像=『Lovely』より引用)

インナーバルコニーに憧れる理由は、まずおしゃれだということ!インナーバルコニーで過ごすことを想像すると、まるで自分がワンランク上の生活に浸っているように思えますよね。

しかも、インナーバルコニーにはいろいろなメリットがあるのです。これを知れば、ますますインナーバルコニーへの憧れが強くなるかも?!

①屋内にある庭として使える

インナーバルコニーは、ちょっとした屋外スペースとしてお庭感覚で使えるため、お父さんが日曜大工をしたり、子どもが工作したり、家の中でやると汚れてしまうことも快適にできます。

また、家庭菜園やガーデニングも楽しめます。床を人工芝にして、ゴルフのパターの練習をしたり、スポーツや筋トレのスペースとしてもおすすめです。

また、夏にはインナーバルコニーで子供をビニールプールに入れたり、子供の遊び場としても何かと活用度が大きいです。室内なので、目が離せない小さい子供でも安心して外遊び感覚で遊ばせることが出来ます。

インナーバルコニーに蛇口や排水溝、電源を設置することもポイントです。電源があればスマホの充電や、寒い時期に電気ストーブも使えます。

②部屋として使える

インナーバルコニーは、家の内部の1部屋として使うことが可能です。夏にはインナーバルコニーをダイニング代わりにして、食事をすることもできます。

ただし、バルコニーの床は防水加工されているため、床に何かを敷く場合には、加工を妨げないように接着剤を使わない方法を選ぶことがおすすめです。

床に敷くジョイント式のパネルは種類が豊富で、調整用の小さいタイルも販売されています。自分好みのインナーバルコニーを、手軽に作ることが可能です。

③天候に左右されない

インナーバルコニーは、屋根があるので、天候に左右されずに洗濯物が干せます。また、雨風がしのげるため、物を置いて、びしょ濡れになるという心配もありません。特に共働きの世帯では、仕事に行っている間に雨に降られても洗濯物の心配がありません。

また、日当たりがよくても屋根があるため、洗濯物を干す主婦にとっては紫外線対策にもなり、直射日光を気にしなくて良いメリットもあります。

④2階がリビングの家に合う

最近は2階にリビングがある家が多いですが、インナーバルコニーは特に2階にリビングがある家におすすめです。

2階のリビングの近くにインナーバルコニーがある間取りだと、インナーバルコニーの日当たり加減では、リビングが広く見えますし、使い道も多く使用頻度も増えるようです。

1階にリビングがある間取りの家では、2階にインナーバルコニーを設置しても洗濯物を干す用途にしか使われない傾向にあるようです。

1階にリビングがある家で、インナーバルコニーをつくる場合は、インナーバルコニーをどのように使うのかを明確にしておいた方が良いかも知れません。

⑤空間に広がりができる

昔は土間が解放感のある家を演出していましたが、インナーバルコニーで空間に広がりを持たせることができます。インナーテラスは、広さが2~3畳の空間に造られることが多く、通常のベランダよりも面積が広いため、この空間が部屋全体に広がりも持たせてくれます。

また、2階にリビングある場合は、リビングダイニングの隣にインナーバルコニーを設けると、日当たり加減で外と中が自然につながったように感覚になり、空間に広がりが生まれます。

インナーバルコニーの4つのデメリット&失敗談…!

インナーバルコニーのメリット・デメリット9選!失敗例と活用方法も
(画像=『Lovely』より引用)

憧れのインナーバルコニー!やっと優雅に過ごせる日々が・・・と思ったのに思わぬ落とし穴。作る前は思いもよらなかったデメリットにぶつかった人もいます。

これからインナーバルコニーを、と考えている人は参考にしてくださいね。

①バルコニーの2倍以上の費用

戸建てのバルコニーは、特殊な工事を必要とする場所なので、建物価格を上げてしまう1つの要因になっているようです。特に、インナーバルコニーは、普通のバルコニーと同じ面積でも費用が2倍以上高くなるデメリットがあります。

その費用の大半はバルコニーの下に部屋があるため、敷かなければならない断熱材と屋根の工事費用です。また、インナーバルコニーが広ければ広くなるほど、設置費用が高くなりますので注意が必要です。

また、インナーバルコニーをどう設置するかによって、建物全体の間取りも大きく変わります。実際に住んだ時をイメージして、人の動線やデメリットも良く考えたうえで、間取りを決めることが大切です。

②配置によって部屋が暗くなる

インナーバルコニーは、屋根によって光が遮られてしまい日当たりが悪くなる場合があります。また、インナーバルコニーを設置する場所によっても、部屋が暗くなってしまうデメリットも生じるので、注意が必要です。

そのため、天窓を設置したりしますが、かえって隣接する部屋が暗くなってしまうこともあります。インナーバルコニーを付ける前に、必ず他の部屋の日当たりに影響が出ないかどうかを考える必要があります。

③間取りに制約がある

インナーバルコニーは、屋根があるため屋根の柱や壁が必要になり、間取りに制約があることがデメリットです。最初の設計で失敗してしまうと、全体の間取りが変わってしまい、理想のインナーバルコニーではなくなってしまうデメリットがあります。

インナーバルコニーは、間取りを取るのが難しく、インナーバルコニーがあることによって、建物全体の間取りに影響を及ぼします。実際に住んだ時の人の動線やデメリットをよく考えて、間取りをイメージすることが大切です。

④床面積に含まれて課税対象

インナーバルコニーのデメリットとして、固定資産税がかかることが挙げられます。インナーバルコニーの床面積は、延べ床面積に含まれるため、固定資産税の対象となります。

インナーバルコニーが床面積に含まれる条件があるのはご存じでしょうか。「バルコニー奥行きが2mを超える部分は床面積の対象となる」のです

他にも「手すりの高さが天井高さの半分以上あり、天井高さが2.2m未満の場合はバルコニー全体が床面積に入る」「バルコニーが屋内的用途に使用されていると床面積の対象になる」のなどがあります。ほとんどのインナーバルコニーが床面積に該当するようです。

固定資産税の計算には固定資産税評価額が用いられます。家の評価は基本的に、家の床面積と材料の質で決まります。特に延べ床面積は、評価に大きな影響があるので、床面積の抑制が固定資産税額の抑制になります。