ジャパンネット銀行はデビット機能が審査不要でキャッシュカードに無料付帯できたり、普通口座の利息が毎月振り込まれたりと、コストをかけずに資金管理しやすいネットバンクです。ATMの入出金手数料は通常月1回まで無料ですが、条件によって2回目以降もずっと無料にすることができます。

ジャパンネット銀行とは

(写真=PIXTA)

ジャパンネット銀行は「JNB」とも略され、ネットバンクの中で最も長い歴史を持つ銀行です。セキュリティー面に力を入れており、パスワード生成機器「トークン」をすべての利用者へ無料提供するなど、スマートフォンやパソコンで自由に取引できるネットバンクだからこそ必要とされる高度なセキュリティー技術を採用しています。

セキュリティー面での基盤をしっかりと固める一方で、PayPayなど最新のツールと連携するなど柔軟性もあるネットバンクです。

ジャパンネット銀行のメリット

(写真=PIXTA)

ATM手数料が安い

ジャパンネット銀行は、入出金がそれぞれ月1回、無料で利用できます。2回目以降は1回当たり162円の手数料がかかりますが、3万円以上の入出金ならいつでも何度でも無料なのでとても便利です。

毎月利息が振り込まれる

2019年2月時点で、普通預金の金利は100万円未満で0.01%、100万円以上で0.015%です。利息には税金がかかるので、実際には税引きされた利率で1日ごとに計算され、翌月の月初に普通預金口座へ入金されます。

利率が同じであれば年に一度入金されるのと総額は変わりませんが、普通預金の金利が毎月入金される銀行は珍しく、少しずつ増えていく楽しみがあります。

審査不要でデビットカードが作れる

ジャパンネット銀行は、キャッシュカードを発行すると審査不要でVisaデビット機能を付帯することができます。発行手数料・年会費は無料。満15歳以上なら誰でも持つことができ、セキュリティー対策も万全です。

VisaデビットカードはVisa加盟店であればクレジットカードの代用としても使えます。さらにジャパンネット銀行の場合、キャッシュカード一体型なのでとてもスマート。ファミマTカード付のVisaデビットにすれば、コンビニやオークションサイト「ヤフオク!」の利用に応じてTポイントが貯められます。

ATM利用が多い人はジャパンネット銀行がおすすめ

(写真=PIXTA)

誰でも月1回は利用無料

誰でも入金・出金それぞれ月1回、無料で利用できます。2回目以降は1回当たり162円の手数料がかかり、ゆうちょ銀行に限っては324円かかります。

3万円以上の入出金なら何回でも手数料は無料

ジャパンネット銀行では、3万円以上の入出金であれば2回目以降であっても無料でATMが利用できます。提携ATMも同様に何度でも無料で利用できるので、日頃からATMの利用回数が多い方にとってはとても便利です。

コンビニATMが使える

ジャパンネット銀行ではセブン―イレブンやローソン、ファミリーマートなど大手コンビニのATMと提携しています。他にもゆうちょ銀行、三井住友銀行のATMも利用可能です。

ただし三井住友銀行のATMから振り込みをする場合、ジャパンネット銀行のキャッシュカードをそのまま使えますが、振込金額にかかわらず提携ATM出金手数料と三井住友銀行の振込手数料がかかるので注意しましょう。振り込みや残高照会だけなら、パソコンやスマホからも操作が可能です。現金を出し入れしたいときだけATMに行けばいいので、ATMに行く回数が少なくなります。

法人・個人事業主口座でも振込手数料が安い

(写真=PIXTA)

法人・個人事業主口座が無料で利用できる

ジャパンネット銀行では、法人だけでなく個人事業主の口座開設にも対応しており、フリーランスで働く人が増える中でニーズが高まっています。

個人事業主でも「ビジネス用口座」が個人口座と別に1つだけ作成でき、申し込みもWEBからできるため簡単。法人口座や個人事業主口座が無料で利用できることは、ジャパンネット銀行の大きなメリットです。他行では、法人口座には口座維持手数料や口座管理費用などの細かいコストがかかることがあります。

無料でVisaデビット機能を使える

ジャパンネット銀行はビジネス用口座でも、個人口座と同じくVisaデビット決済ができるキャッシュカードを審査不要かつ無料付帯できます。副業など、個人事業用の口座は別で持ちたい方におすすめです。

振込手数料が法人でも安い

ビジネスアカウントでは、専用ソフト不要でWEBから3,000件一括振り込みが可能です。振込手数料が安いのが特長で、同行宛てなら54円、他行宛てなら3万円未満は172円、3万円以上は270円。他の銀行ではネット利用料を徴収されたり、500円近く振込手数料がかかったりすることもある中、ジャパンネット銀行は良心的です。

また、ATM手数料は個人口座と同じく月1回無料、2回目以降も3万円以上ならいつでも無料なので経費削減にも一役買ってくれます。

PayPay売上入金口座指定で手数料が永年無料

(写真=PIXTA)

PayPayはスマートフォンで簡単に支払いができるサービスです。ジャパンネット銀行はすでに連携済みなので、アプリの画面上で口座からチャージをしておけば、買い物時に店頭のレジでPayPayアプリのバーコードを読み取ってもらうだけで決済ができます。

ジャパンネット銀行を売上を入金する銀行口座として設定すると、365日売上金が翌日入金されるので入金を待つこともありません。さらに累計決済金額が1万円以上であれば、入金手数料が永年無料になるのはジャパンネット銀行だけ。使い方によっては、とてもコストパフォーマンスが良いネットバンクです。

文・木村茉衣(ファイナンシャル・プランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
貯蓄1,000万?お金が貯まる5つのコツ
家計調査「平均貯蓄額」に驚きの声続出!
老後が不安なアラフォー女性の幸せ貯金計画
独身女性が安心できる貯金額はいくら?
貯金できない人が入れるべき貯金アプリ