好きな人と仲良くなっていつかは両思いになりたい!それならまずは好きな人との距離を縮めていかなければいけません。好きな人と仲良くなるためにはどうすればいいのでしょうか?その方法を、ポイントともに年齢別にご紹介していきます。

好きな人と仲良くなる方法が知りたい!

好きな人と仲良くなる方法はある?距離を縮めるために意識したいこととは
(画像=pixabay Photo byOlessya、『Lovely』より引用)

好きな人と付き合うためには、まずは仲良くならなければいけません。ですが、いざ好きな人を目の前にするとどうすればいいのかわからない…。そう悩んでしまう方も多いことでしょう。そこで今回は、好きな人と仲良くなるための方法について解説します。

好きな人と仲良くなる方法は?

好きな人と仲良くなる方法はある?距離を縮めるために意識したいこととは
(画像=pixabay Photo bykaboompics、『Lovely』より引用)

人と距離を縮めて仲良くなっていくためには、まずはコミュニケーションが必要不可欠です。好きな人と仲良くなるためにはどのようなコミュニケーションを取っていけばいいのか、その方法から解説していきます。

挨拶は必ずしよう

挨拶はコミュニケーションの基本。挨拶は会話のきっかけとしてはもちろん、相手に「あなたがいること」を再認識させるうえでもとても大切なことだと言えます。

「おはよう」「また明日」をはじめ、まずは仲良くなるために「毎日挨拶をする仲」になるところから始めていくことで、徐々に会話のきっかけを増やしていくことにも繋がっていきます。

好きな人と同じ場所にいるようにする

人は心理学的に毎日顔を合わせる人、毎日言葉を交わす人など接する機会が多い人ほど好きになっていく傾向にあります。そこで、なるべく好きな人と同じ場所にいて、好きな人の視界にあなたが映るようにしましょう。

好きな人にとってあなたは「身近にいる存在」ということを実感させて、そこから徐々に雑談ができる仲、一緒に遊びに行ける仲へとステップを踏むのがポイントです。

笑顔でいることが大事

好きな人に満面の笑顔を見せるのは恥ずかしいと感じてしまうかもしれません。ですが、笑顔を見せず無愛想な態度を取り続けている方が「嫌われてるのかな」と相手を不安にさせたり、嫌われてしまう可能性があります。

さらに笑顔は他人の警戒心を解き、「この人とは仲良くなれそうだ」と相手に思わせるきっかけにもなるので、なるべく笑顔を見せるようにしましょう。

自分から話かける

会話のきっかけは向こうからやってくるわけではありません。自分から積極的に話しかけていくことが大切で、自分から話しかけていくことで仲良くなるチャンスを作っていきましょう。

もちろん最初は挨拶程度の軽いもので構いません。そこから徐々に共通の話題を見つけたり、ちょっとした雑談を増やしていくことで「よく話す相手」になっていくことが大切です。

忘れ物をしたら借りてみる

筆記用具など、忘れ物をしたらその相手に借りられるよう頼んでみるのも会話のきっかけになります。そのとき本当は持っているのに「忘れた」と嘘をつくとそれがバレたときに不信感を抱かれるので注意が必要です。

また忘れ物も頻度が多すぎると相手に嫌な顔をされてしまう可能性もあるので、あくまでもたまに借りることが大切です。借りた時はお礼も忘れずに言いましょう。

共通の話題を見つけて距離を縮める

少しずつ話しかけていくなかで、あなたと好きな人との共通点を見つけられるかもしれません。その共通点や共通の話題を中心にさらに積極的に話しかけていき、会話のきっかけを作っていくことも大切です。

趣味の話、今見ているテレビ番組の話など共通の話題はさまざまな場所に眠っています。積極的に共通の話題を見つけていきましょう。

友人に相談する

自分から積極的に話しかけにいくのは緊張してしまいますよね。そこでまずは好きな人とあなたの共通の友人に相談してみるのもひとつの方法です。

友人に相談すれば好きな人の好みやあなたとの共通の話題が見つかったり、その友人を交えて好きな人とおしゃべりをするチャンスをつかめるかもしれません。

高校生ができる好きな人と仲良くなる方法

好きな人と仲良くなる方法はある?距離を縮めるために意識したいこととは
(画像=pixabay Photo by5688709、『Lovely』より引用)

高校生だと学校内での繋がりが中心で、距離を縮める機会はありますが周囲の目を気にして好きな人と距離を縮めることが難しく感じられてしまうかもしれません。では、高校生が好きな人と仲良くなるためにはどのような方法があるのでしょうか?

部活に入ってる人ならマネージャーに

もしその好きな人が部活に入っているのなら、マネージャーになるのもひとつの方法です。部活関連のことで話がしやすくなりますし、基本的には放課後はほぼ一緒、長時間おなじ場所で過ごすことができます。

もちろんマネージャーになる以上はマネージャーとしての仕事や活動も真剣に取り組まなければいけませんが、仲良くなるきっかけとして十分です。

共通の趣味を見つけたらチャンス

部活動じゃなくても、あなたと好きな人に共通の趣味が見つかればそれはチャンスです。好きなことの話であれば好きな人も話しやすく、また話していて楽しいと感じてくれることでしょう。

その共通の趣味を話題にどんどん話しかけていくことが大切です。この時に重要なことは相手の好きなことは否定せず、受け入れながら話すことです。

「チョコいる?」など小さなプレゼント

休み時間などに「チョコいる?」などちょっとしたプレゼントをしてみるのもいいでしょう。個包装タイプのお菓子を持っていき、周囲の友人に配るように見せて好きな人にもさりげなく渡すことが大切です。

なるべく好きな人が近くにいるときにお菓子を分けるのが良いでしょう。ただもちろん校則違反はNG。ルールの範囲内で渡すことが大切です。

中学生ができる好きな人と仲良くなる方法

好きな人と仲良くなる方法はある?距離を縮めるために意識したいこととは
(画像=『Lovely』より引用)

中学生の場合はどうなのでしょうか?好きな人ができてもなかなか素直になれないと悩んでいる方も多いかもしれません。ここで、中学生ができる好きな人と仲良くなる方法についてポイント別にご覧ください。

好きな人の友達とも仲良くする

好きな人にだけ猛アタックしてしまうと周囲にもその好意を勘付かれたり嫌な目で見られてしまったりと、周囲からの視線が気になってしまいがちなもの。

さらに中学生の場合恋愛よりも友情の方が大事だと思う人も多く、周囲とも仲良くして友達として距離を縮めていくと、さらに仲良くなりやすくなっていきます。

同じ委員会に入る

中学生になると学年・クラスを超えて委員会活動などさまざまな活動が増えていきます。そこで好きな人とおなじ委員会に入ることで一緒にいる機会を増やしていくのもいいでしょう。

おなじクラスの場合はもちろん、好きな人が違うクラス・学年の場合も、委員会であれば一緒にいる機会が増えて、貴重なチャンスを増やすことに繋がっていきます。