2021年4月2日、俳優・綾野剛さんが主演を務める映画『ホムンクルス』が劇場公開された。

本作の原作は、山本英夫さんが描く人気漫画『ホムンクルス』(小学館)。物語の主人公となるのは、記憶も感情も社会的地位もなくしたホームレスの男・名越進だ。

「生きる理由」を求めて頭蓋骨に穴を開ける実験「トレパネーション」を受けたことをきっかけに、自身の左目に人間の心の歪みや闇が“ホムンクルス”という異形となって見える特殊能力を持つことになる。

【綾野剛・清水崇インタビュー】孤独になっても人とぶつかっても、「新しいもの」を生み出したい
(画像=『Woman type』より引用)

本作の監督を務めたのは、『呪怨』シリーズや『犬鳴村』を代表作に持つ清水崇さん。人間の脳内にある暴力的な狂気を、リアリティーたっぷりに実写化した。

【綾野剛・清水崇インタビュー】孤独になっても人とぶつかっても、「新しいもの」を生み出したい
(画像=『Woman type』より引用)

そして今回、綾野剛さんと清水監督による特別対談が実現。強い信頼関係で結ばれたお二人に、本作の撮影を通して感じたこと、チームで仕事をする時に大事にしていること、それぞれがプロフェッショナルとして貫くこだわりについて聞いた。

「爆弾みたいな存在」でいようと覚悟を決めた

ーー今回の『ホムンクルス』の撮影現場で、綾野さんが特に大事にしていたことは?

綾野 「逸脱」することですかね。俳優部はどこまでも監督が作りたいと思うものにまず寄り添いたい。同時に「それだけじゃない」というふうに思うところもあって。

自分から予定調和を崩して期待を裏切ることよって、偶然撮れてしまった「歪み」のようなものを監督や皆さんに見てほしいなと。

【綾野剛・清水崇インタビュー】孤独になっても人とぶつかっても、「新しいもの」を生み出したい
(画像=『Woman type』より引用)

綾野 決まったことを決まった通りにやれば、物事はスムーズに進むのかもしれない。けれど、そうしているうちに、作品づくりは間違いなく退屈な方向へ進んでしまう。

だから、時に孤独になったり、面倒がられ、何をしでかすか分からない「爆弾みたいな存在」でいようと覚悟を決めていました。

清水 綾野くんがそうしてくれて、僕はすごくうれしかったんですよ。面倒くさかったけど(笑)。そういう考えでいてくれるから、原作をトレースするだけではない今回の映画ならではの世界観ができ上がったと思うし、名越という人物に生命が宿ったとも思います。

ーー原作を映像化する難しさはありましたか?

清水 はい。「原作マンガがあるんだから、実写作るの楽でしょ」って言われることもあるんですけど、むしろその真逆。原作をトレースしてはいけない部分って、山ほどあるんですよ。原作がある中で、その世界観を現実に持ってきたらどうなるのか、考え抜かないといけない。本作の原作は写実的に描かれているからこそ難しいところです。

「俺たちは原作と違うことをするよ」って思いながら、観る人たちを裏切っていかないといけないし。その辺は、綾野くんとめちゃくちゃ話し合ったよね。

綾野 はい。原作からの濃い抽出から、ある種、オリジナル作品へ。それくらいの気持ちでやってましたね。

自分一人ではたどり着けない場所までいくために

【綾野剛・清水崇インタビュー】孤独になっても人とぶつかっても、「新しいもの」を生み出したい
(画像=『Woman type』より引用)

ーー清水監督がチームで「いい仕事」をするために大切にしている事は?

清水 みんなが率直に意見を言い合える空気をつくること。そのために、自分が周りを萎縮させないように、なるべく監督然としない。気取らないことですかね。

みんなにあれこれ意見を出してもらって、良い意見が出たときは「いいね、それいただき!」ってすぐ採用させてもらう。もちろん、感謝しながら。

綾野 俳優部の中でも、「監督や主演の人のやり方に合わせておこう」みたいな空気になってしまうことが時々ありますね。でも、「監督が言ったから」、「主役が言ったから」って思考停止させてしまうのは違う。オリジナリティーが無くなる瞬間でもあるので。

ーーキャリアを積めば積むほど、どうしても周りが気を使ってくれるようになりますしね。

綾野 だから、基本的に僕は役者が役者に演出することはありません。もしも後輩がカメラの前で特殊な場所に立っていたとしても口にはしません。その人の選択を否定せず、まず受け止める。

【綾野剛・清水崇インタビュー】孤独になっても人とぶつかっても、「新しいもの」を生み出したい
(画像=『Woman type』より引用)

ーー「それはダメだよ」とか「こうした方がいいよ」とか、つい言いたくなってしまいますけどね……。

綾野 そういうのって、結局、ちゃんとやろうとしてる人なら、後から自分でいろいろ気付くんですよ。映像を見れば分かるので。気付かなくてもそれが物語になる瞬間も多々ありますから。まず芝居に答えはあっても間違いは無いんです。

ーー先ほどの綾野さんのお話にもありましたが、「こうした方がいいよ」っていうアドバイスは親切ですけど、それを続けていくと、新しいものが生まれにくくなりますよね。

清水 ええ。現実の世界って、いろんな視点を持っている人がいるわけで、本当はそれらがちゃんと浮き彫りになっていることが自然だと思うんです。

でも、それにふたをして発言力の強い人の意見だけを採用し続けていると、通り一辺倒なものしかできなくなってくる。すると、「生きた人間の話」なんて作れっこないんですよね。

【綾野剛・清水崇インタビュー】孤独になっても人とぶつかっても、「新しいもの」を生み出したい
(画像=『Woman type』より引用)

綾野 そこの思いが僕と清水監督の共通点。何か新しいものを生み出そうと思ったら、自分たちだけでは到底考えつきもしないようなところまでたどり着くために、針に糸を通すような作業になろうとも、みんなが意見を出し合える環境にした方がいい。いつか必ず糸は通りますから。

清水 『ホムンクルス』は、撮影前に僕が考えていたものと、出来上がったものでズレはあるんですけど、それがよかったなって思ってるんです。みんなが知恵を絞って、アイデアを出し合って、工夫してきたからこそ思いもよらないものが出来上がった。そういう瞬間が一番ワクワクします。