杉原千畝という人物を皆さんはご存知でしょうか。第二次世界大戦中、欧州各地からの多くのユダヤ系難民に対してビザを発行して救った功績から、「東洋のシンドラー」と呼ばれています。今回はそんな歴史の場所になっている、リトアニア・カウナスにある「スギハラハウス」をご紹介します。

杉原千畝とは

【リトアニア・カウナス】日本人が誇れる杉原千畝の功績を学ぼう「スギハラハウス」
(画像=Emily トリップノートより引用)

杉原千畝は日本の外交官として、第二次世界大戦中、日本領事館領事代理としてリトアニアのカウナスに赴任していました。そこでナチス・ドイツによって迫害されていた多くのユダヤ人にビザを発給し、彼らの亡命を手助けしたことで知られています。その行為は当時の日本政府の訓令から背いていたもの。彼は自身の「博愛第一主義」という価値観に基づき、ビザを発給し続けたことで、多くのユダヤ人を救いました。

このビザは「命のビザ」と言われ、その発行数は6,000枚とも言われています。つまり杉原千畝は、ビザを発行することで6,000人ものユダヤ人の命を救ったということです。1985年にはイスラエル政府より、この功績に対して、「諸国民の中の正義の人」として「ヤド・バシェム賞」を受賞。これは日本人初であり、現在でも受賞した唯一の日本人です。

スギハラハウス(杉原記念館)とは?

杉原千畝がビザを発行し続けた旧日本領事館が、リトアニアのカウナスの住宅街に残されています。この旧日本領事館の建物が、現在では彼の功績を伝える場所「スギハラハウス(杉原記念館)」として見学することができます。

スギハラハウス(杉原記念館)の見所

スギハラハウスはとても小さいのですが、「こんな小さなところで6,000人もの人々を救ったのか」とそのギャップにとても驚きます。

建物全景から入り口まで

【リトアニア・カウナス】日本人が誇れる杉原千畝の功績を学ぼう「スギハラハウス」
(画像=Emily トリップノートより引用)

住宅街にひっそりと佇んでいるため、気をつけないと通り過ごしてしまいそうになります。

【リトアニア・カウナス】日本人が誇れる杉原千畝の功績を学ぼう「スギハラハウス」
(画像=Emily トリップノートより引用)

当時はこの門の前に、多くのユダヤ人がビザを求めて殺到したとのこと。

【リトアニア・カウナス】日本人が誇れる杉原千畝の功績を学ぼう「スギハラハウス」
(画像=Emily トリップノートより引用)

入り口は門の正面ではなく、ちょっと奥まったところにあります。

【リトアニア・カウナス】日本人が誇れる杉原千畝の功績を学ぼう「スギハラハウス」
(画像=Emily トリップノートより引用)

普通のおうちにお邪魔するような、そんな入り口です。ここが歴史的功績の「入り口」だったのです。