結婚相手には必ず「この人だ!」といった直感を感じるものなのでしょうか。運命を感じて結婚するのがわかる瞬間というものを11選選りすぐってまいりました。「この人となら幸せになれる!」や「この人の子供を産みたい」と感じた人はその瞬間なのかもしれません。

結婚相手を決める時に必ず「この人だ!」と感じるの?

女性は感性で生きる人が多いと言われますが、やはり直観力が冴えているタイプの人が多いようですね。

結婚を決める時にも、「この人だ!」と、直感的に何かを感じた経験を得た女性もたくさんいらっしゃるようです。

どんな瞬間に「結婚を決める何か」を味わえるのでしょうか。
同じ女性としてとても興味がありますよね。

「この人だ!」と運命を感じ結婚するのが分かる瞬間11選!
(画像=『Lovely』より)

幸せは人それぞれ。結婚を決める根拠や理由だって色々なパターンがあるのでしょう。
ですが、結婚を決めた「運命の瞬間」には共通項がみられるみたいですよ。

というわけで今回は、「結婚を決めた運命の瞬間」をまとめていきたいと思います。

まだインスピレーションを感じていない、今の彼氏が運命の人なのかどうか悩んでいるという女性には必見の内容となっております。

お楽しみに♪

この人と結婚すると悟った瞬間11選!

結婚を運命的に感じることができた女性たちの意見をまとめてみました。

「彼氏のことが好きだけど、なぜか結婚に踏み切れない」
「好きという感情と不安な気持ちが心の中で混ざり合い、自分で答えを見いだせない」
「運命的な出会いとか、結婚を直感的に決めるという心理が理解できない」

なんて具合に考えている女性のみなさま、次の11選をご覧ください。

あなたの今のパートナーに感じるものと共通する瞬間があるのなら、結婚を視野に入れてもいいと思えるようになるかもしれませんね。

【この人と結婚する】1.魂がふるえた瞬間

運命というと、スピリチュアルな感性のお話が強くなるケースが多くなりますが、夫となる男性と出会った時には、今までに感じた事のないような感覚を味わうことがあるようです。

例えば、

「前世からの知り合いのような感覚」
「懐かしい感じ」
「探し物が見つかった時のような感覚」

などと答える人が多くいました。

男女どちらも同じような直感や運命を感じる場合もあるし、どちらか片方が強く意識して、もう片方を惹きつけるように結び付くケースもあるみたいですね。

まさに魂が呼び合い、出会えた時に共鳴し合った結果なのかもしれません。

【この人と結婚する】2.理由はわからないが「必要」を感じた

結婚する相手と出会い、同じ時を何度か過ごすうちに、理由はわからないけれど「自分にとってこの人は必要な人だ」と感じる場合があるのだそう。

物質的になのか精神的になのかは人それぞれなのでしょうけれど、とにかく「必要な存在」だと感じるのだそうです。

好きな感情や嫌いな理由よりも、「自分にとって必要だから」と直感的に思える瞬間というのは、なかなかなさそうですよね。

【この人と結婚する】3.なんだか素直になれた

自分の信念を押し通そうとして相手を傷つけたり、相手の思うままに振り回される恋愛を繰り返してきた女性でも、結婚を意識できた男性に対しては、意地を通す必要を感じなかったり、無理に相手に好かれようと努力しないでも良い関係を築けたのだそうです。

結婚を決めた男性の前では、

「本当の自分」
「素直な気持ち」
「自然体でいられる」

と、自分の心が素直で真っすぐでいられるのを感じるのですって。お互いが前向きになれる関係だからこそ、この先の人生を共に歩もうという気持ちになれるのでしょうね。

【この人と結婚する】4.何度も「好き」が湧いてくる

運命的に結婚すると直感する相手には、「好き」という感情が何度も湧いてくるものだそう。

一般的な恋愛心理として、女性の場合の好きという感情は、徐々に加熱して行き、ある一定のピークを迎え、大体1年~3年間ほどは好きという感情が燃え続けます。

その後は好きという感情が冷めていき、相手のアラが見えて恋愛の終わりがきます。このサイクルの長さは人それぞれですが、一度冷めた男性のことをもう一度好きになるのは、女性心理からすると少ないですよね。

ところが、この人と結婚すると思える男性には、何度も好きという感情が潮の満ち引きのように、押しては引いてを繰り返すみたいなんですね。

なので、飽きることが無いという感覚を味わうことになります。

好きという感情が何度も押し寄せるたびに、少しずつ愛という感情に変化していくのかもしれませんね。

「この人だ!」と運命を感じ結婚するのが分かる瞬間11選!
(画像=『Lovely』より)

【この人と結婚する】5.「この人にはかなわないな」と感じる

直感でこの人と結婚すると思える時というのは、相手の素晴らしさを完璧に認められた時なのかもしれません。

自分で何でもできる人は、ある意味結婚の意義が見出せないという人もいるでしょう。多くの人は、何かしら足らないものがあって、結婚相手にそれを委ねることでうまくバランスを取ろうとする働きが見られます。

「この人にはかなわないな」という心理は、「この人になら任せても安心だわ」という気持ちに移行していきやすいです。

人としての尊敬を込めた愛情を見いだせることで、結婚相手として、またはこの人の子供を産みたいと思う心理になるのではないでしょうか。