Vookの働き方について

ーー現在「原則リモートワーク」ということですが、経営者としてリモートワーク導入することで感じたメリットとデメリットを教えてください。

メリットはスピード感です。それと、社員一人ひとりの生産性は上がったと思います。より働きやすくなりましたし、ユーザとのコミュニケーションがとりやすくなりました。

デメリットは、コミュニケーションをうながすような制度をととのえてはいるのですが、対面でのコミュニケーションがないので、”一緒に働いている感”がなかなか感じにくい点ですね。リアルの熱量と、オンラインの熱量はやはり違います。社員のメンタルコントロールやモチベーションの維持が難しいです。

ーースタートアップ企業というと仕事の時間が長いイメージがありますが、ワークライフバランスも整備しているとうかがいました。具体的な取り組みについてお聞かせください。

制度面では、就業時間を保育園の送り迎えに合わせられたり、リモートワーク活用に力を入れています。

リモートワークはコロナ禍の前から導入してはいたのですが、新型コロナの話題が報道されはじめた2019年12月ぐらいから一気に加速させました。

僕自身、オフィスで働くことや、通勤時間をかけることにはずっと疑問を感じていたので、コロナ禍をきっかけに進めたというところはあります。

オフィスは、リモートではできないことをできる場所にしたいと考えていて、いまリノベーション中です。テーマは「渋谷の真ん中にキャンプ場」です。

今後はスクール事業に力を入れたいので、オフライン講座の会場として、またはスタジオとしても利用できるようにしたいと考えています。

ーーワーママ・パパ率が高いとうかがいました。ご自身も子育てしながら仕事をしていると思います。育児をしながら仕事をするうえでの秘訣はありますか?

「映像クリエイターを無敵にする。」株式会社Vook代表・岡本俊太郎さん
(画像=(コーポレートサイトのメンバー写真にもお子さんとの写真が掲載されている)、『さくマガ』より引用)

「チームでやる」ことがとても大切です。子どもの体調が急に悪くなるとか、子育てをしていると予想外のことが起きるので、そういったときに誰かがフォローできるような、誰かがいやな思いをしないようなチーム体制を整えることですね。

子どもを迎えに行く時間や、それ以外にもそれぞれいろいろな事情がありますので、そういうことをしっかり周知していくことはとても大事だと考えています。

ーーさくらインターネットのサーバーをコーポレートサイトにご利用いただいています。利用することになった理由をお聞かせください。

先ほどお話した、学生時代に運営していたコンテストのために利用していたのもさくらインターネットのサーバーだったんです。学生時代から”本格的にやるなら、さくらインターネット”というイメージがありました。

日本を”アジアのハリウッド”に

ーー岡本さんがインターネットを通じて実現できたことを教えてください。

クリエイターのコミュニティを作れたことです。

映像制作は歴史が長く、日本ではテレビやCMなどで非常に大きくなった産業ではあります。しかしインターネットが登場する前は、「背中を見て覚える」というか、その業界に入らないと映像をつくれないという側面がありました。広く情報が伝えられている状況ではなかったんです。

我々はインターネットの力で、情報を得たり人と人との繋がりをつくって、それによって新たな映像が生まれるという環境を創造できたのではないかと思います。若いクリエイターの中には、映像制作を独学で学んで活躍している人たちもたくさん出てきています。

ーーさくマガのコンセプトが「やりたいことをできるに変える」なのですが、今後やりたいと思っていること。それをできるに変えるために努力していることを教えてください。

「Vook」で実現したいのは、日本からすばらしいコンテンツが生まれるような環境をつくることです。日本を”アジアのハリウッド”のような、クリエイティブハブにすることを目指しています。

実現するためのファーストステップとしては、情報を流通させることですね。いままでプロがもっていた情報やナレッジをきちんと公開することです。映像業界が発展するためには、技術を公開していくことが大前提だと考えています。

もうひとつは教育です。プロフェッショナルになるための教育や、人材をきちんと生み出していくことに取り組んでいきます。

最終的には、仕事がどんどん生まれる状態をつくること、映像をつくる環境をきちんと整えることも重要ですね。今後も、Vookを通して仕事がまわっていく状況を目指していきます。

ーー岡本さん、本日はありがとうございました!


提供・さくマガ(「やりたいこと」を「できる」に変えるWEBマガジン)

【こちらの記事も読まれています】
生産性向上の方法とは? 3つの具体的施策と2社の成功事例から考える
男性の育休について、男性育児休業取得率から考える
ブラック企業ものがたり。アンガーマネジメントを全て間違えてた課長
フレックスタイム制とは? さくらインターネットでの導入事例を紹介
パラレルキャリアとは? パラレルキャリアのメリットや実践での注意点を解説