さくマガでは仕事のヒントを得るために、さまざまな方にインタビューをしています。本記事では、映像クリエイターの「学び・仕事・繋がりをサポートする」事業を展開する株式会社Vook(ヴック)の代表取締役・岡本俊太郎さんにお話をうかがいました。

ビジュアルがかっこいいコーポレートサイトは、さくらインターネットのサーバーをご利用いただいています。ぜひ、ご覧ください。

「映像クリエイターを無敵にする。」株式会社Vook代表・岡本俊太郎さん
(画像=『さくマガ』より引用)

岡本 俊太郎(おかもと しゅんたろう)さん

1988年生まれ。上智大学経済学部卒業。大学在学時代、学生団体『adoir(アドワール)』を立ち上げる。adoir(アドワール)の最初の活動として、映像コンテスト『学生CM甲子園(学生向けにプロモーションをおこないたい企業のCMを大学生が制作し、日本一を決めるコンテスト)』を主宰。2016年に映像tipsサイト『Vook(ヴック)』を立ち上げる。

Vookの事業内容

ーーまずはじめに、御社の事業内容について教えてください。

Vookでは「映像クリエイターを無敵にする。」というビジョンのもと、事業を展開しています。ITの力を駆使して映像制作者・クリエイターが作品づくりに没頭できる環境を創造することを目指し、映像クリエイターの「学び」「仕事」「横の繋がり」をサポートしています。

  1. プラットフォーム事業
  2. 教育事業
  3. イベント事業
  4. ポートフォリオ事業

1つ目のプラットフォーム事業は当社の軸となっているもので、社名と同じ「Vook」というプラットフォームを運営しています。

「Vook」は、映像に特化した制作情報をシェアするプラットフォームです。今までクローズドだった映像制作のノウハウやチュートリアルなどが公開、プロからアマチュアまで多くのクリエイターにご利用いただいています。

2つ目の教育事業では、ウェビナーや、「Vlog Academy」の運営などをおこなっています。さらに「YouTubeプロフェッショナル講座」というものもあります。これはYouTubeに特化した人材のニーズが高まっていることを受けて、YouTubeの企画・編集・配信までできる人材を育てようというものです。

今後も映像クリエイターを育てる事業に力を入れ、いずれはオフラインのセミナー、映像クリエイターになりたい人向けの短期講座、VR・ARなど最先端の技術をあつかったプロクリエイター向けのコンテンツも展開していきたいと考えています。

3つ目のイベント事業では、おもに「VIDEOGRAPHERS TOKYO」の企画運営をおこなっています。クリエイターのキャリア、どういう未来を描いてどんなクリエイターになりたいのかを考えてもらったり、横の繋がりを作っていただくため、年1回開催しています。

2020年はオンライン開催となりましたが、5日間で5万を超えるユーザーにご視聴いただけました。

4つ目のポートフォリオ事業は、先ほど紹介した「Vook」にポートフォリオを投稿できるサービスや、企業とクリエイターのマッチングを生むイベント「ポートフォリオナイト」の企画運営をおこなっています。

「映像クリエイターを無敵にする。」ビジョンに込められた想い

「映像クリエイターを無敵にする。」株式会社Vook代表・岡本俊太郎さん
(画像=『さくマガ』より引用)

ーー起業したきっかけと、「映像クリエイターを無敵にする。」というビジョンに込められた想いについてお聞かせください。

大学1年生のときに動画コンテストを立ち上げ、大学4年生の時に起業しました。

「Vook」というプラットフォームを立ち上げたきっかけは、起業したあとにハリウッドで撮影する機会があり、日本との差を痛感したことです。

日本とは環境も人も全然違いました。とくに感じたのは情報の格差です。アメリカでは情報をシェアする文化がありますが、日本はクローズドです。あとは教育ですね。ハリウッドといえば多くの映画が作られている場所で、世界中から人が集まってきますし、大学でも映像制作の教育がおこなわれていました。日本ではなかなかそういった教育を受ける機会がありません。

とはいえ、映像産業という観点で考えると、日本はすごいです。たとえばカメラはほとんどが日本のメーカー製ですし、映像をつくる市場はあると言えます。

ただ、環境面が整っていないので、そこを解決したいという想いがあってプラットフォーム「Vook」を立ち上げました。

ビジョンには、映像クリエイターに作品をつくることに集中してほしいという想いを込めています。いまはいろんなツールや情報があるので、どんどん成長のスピードをあげていいものを作っていってほしいですね。

ーーコアバリューが4つ(※)ありますが、バリューはどのように決めたのでしょうか?

※【Vookのコアバリュー】

 1.クリエイターにとことん寄り添う。

 2.最速の失敗をする。

 3.チームで仕事をする。出来るまでやる。

 4.自分の好きを大切にする。

「クリエイターにとことん寄り添う」というのは、なにかを考えるときにはクリエイター目線でやってほしいという想いを込めています。これはとても意識しているところで、我々のいちばんの強みです。

また、クリエイターを相手にしているので「自分の好きなものを大切にする」ことがクリエイティブに影響します。そういう意味で、いいものを見ることだったり、審美眼をやしなう要素も入れています。

ーークリエイティブな会社だけあって、キービジュアルもとてもカッコよくてオシャレです。なにかこだわりを持って作られたのでしょうか?

ありがとうございます。実制作については制作会社にも入ってもらっているのですが、クリエイティブディレクションなどは自社でやっています。

ビジュアルには、とてもこだわっています。クリエイターを相手にしている会社なので、かっこよさやクリエイティビティがないと人がきてくれないというところはありますからね。お客さまに選んでもらうためでもありますし、採用面でもとても重要です。

「映像クリエイターを無敵にする。」というビジョンは、キービジュアルを見てもらえれば、文字だけよりもイメージしていただきやすいのではないかと思います。