タイニーハウスが今日本で注目されています。
タイニーハウスって本当に住めるの?とか、タイニーハウスで不自由することってないの?と、疑問がたくさんわいてきそうですが、その暮らしは素敵なものなのだとか・・・。
タイニーハウスの世界をのぞいてみましょう!

タイニーハウスとは?日本で話題なの?

タイニーハウスとは、とっても小さな家のことです。小屋なのでは?と思うぐらい小さい家で、10平米から410平米ぐらいの広さと言われています。

タイニーハウスは、アメリカで不況が広がる中、住宅ローンを組まなくていいことから人気となった家のようです。

小さな暮らしをすることは、貧しいことではなく、小さな暮らしでムダを省くことで、お金が貯まって、豊かになる人も多いのだとか・・・?

このタイニーハウスが今日本で流行ってきているのです。日本ではミニマリストが流行っていますが、タイニーハウスもミニマリストみたいですよね!

また、ミニチュアが好きな人にとっても、タイニーハウスは心ときめかせる家でしょう。

日本では「まだ見たことがない!」という人も多そうですが、そのうち、いたるところで発見できるのではないでしょうか。

タイニーハウスは自作可能って本当?

タイニーハウスって自作可能と言われていますが、家を自作って本当にできるのでしょうか?

もちろん、大工さんに作ってもらうこともできるようですが、自作で完成させることもできるようです。

小さい家なので、自作で十分という人もいれば、大工さんと一緒に自作していくという人もいます。

日本では最近、DIYもはやっているので、小さい家なら自作できるという人もいるかもしれません。

自作するほどに愛着がわいて、家を大切にしようという気持ちが出てくるので、自作できるというのはいいことでもありますよね!

タイニーハウスの価格は?

気になるタイニーハウスの価格ですが、安いと30万円くらいからできるようです。高くなれば500万円超えなどもあるようですが、日本の一般的な家は、3000万円から5000万円ほどするので、比べると低価格なのが分かりますね。

業者を通さずに自作したほうが価格も抑えられると思いますが、業者に頼んだとしても、「家」と捉えるならかなり低価格の買い物になるでしょう。

この価格の安さも日本で話題になるポイントですね!

日本は土地が狭いのにマイホームを建てるのにお金がたくさんかかるため、マイホームを諦める人もいますが、タイニーハウスなら低価格でマイホームを手に入れることができますね!

ちなみに、固定資産税はかかってきます。

タイニーハウスの間取りはどれくらい?

タイニーハウスの間取りは、自分の好きなようにできると思いますが、狭いのでワンルームにする人が多いのではないでしょうか。

タイニーハウスに住む人数にも寄りますね。日本の一般住宅でしたら、間取り4LDKなどが普通と思うので、「ワンルームって狭すぎ!」と思う人もいるでしょう。

ただ、住んでみると、その狭さがいい!という思いが出てくるみたいですよ!

1人でタイニーハウスに住む分には、間取りがワンルームにキッチンでも十分ですよね!2人だったら1LDKぐらいの間取りがあれば、快適に過ごせるのではないでしょうか。

狭い分、間取りが気になるとは思いますが、間取りをどうするかよりも、できる間取りの中で、どんな風に生活していくのかを考えたほうがワクワクしそうですね!

タイニーハウスを作る人の多くは、ロフトがある間取りにして、狭い空間を工夫して活用しているようです。

小さい家に、ロフトがある間取りって、なんだか夢のようですよね!ロフトがあれば、確かに空間を上手に使うことができるので、1人しか無理かな?と思う間取りでも、2人で住めたりしますね!

こうやって工夫をしてどうやったら快適に過ごせるのかを考えるのも、タイニーハウスに住む楽しさなのだと思います!

タイニーハウスの作り方①キットを使おう!

タイニーハウスを自作って絶対大変!と思いますが、タイニーハウスの作り方には、タイニーハウス専用のキットを使うといいようです。

ログハウスキットや、ツリーハウスキットを使って、タイニーハウスを自作する人もいれば、タイニーハウスキットを出している会社のものを購入して自作する人もいるようです。

キットがあれば、自作もずいぶんと楽になりますし、キットには必要なものが揃っているので、便利ですね!

SNSを見ていると、「タイニーハウスキットがもっと日本で出ればいいのに!」と思っている人もいるので、タイニーハウス、本当に日本で注目されていますよ!

ただ、タイニーハウスは、キットなしで作っている人もいるようですね。自作かどうかは分かりませんが、キットにはない材料で工夫している人もいると思います。

キットにすると、間取りや外観が似てしまいますが、キットじゃなく完全オリジナルで作ると、外観も間取りも完璧に理想に近づけることができるでしょう。

キットのほうが簡単ですし、キットがあれば作れる!という人のほうが多いと思いますが、キットなしで作れる人は、キットなしのオリジナルもいいかもしれないですね!

タイニーハウスの作り方②セルフで作ろう!

タイニーハウスの作り方ですが、キットを購入したら、キットの説明書通りに作っていきましょう。

セルフで全部作る人もいれば、大工さんにお願いする人もいます。タイニーハウスは、DIY初心者にはちょっと作り方が難しいとも言われているので、専門家に頼んだほうがいいかもしれません。

タイニーハウスは小さいですが、家なので作り方が複雑なのも分かりますね。

タイニーハウスの作り方③トイレはどうする?

タイニーハウスに住むとなると、気になるのがトイレだと思います。「どうやってトイレを作るの?」というのも気になりますが、「どうやってトイレをするの?」、「トイレの衛生面は?」という疑問も出てきますね。

なんと、タイニーハウスには、「コンポストトイレ」というものが使われます。

コンポストトイレとは、水や電気を使わないトイレなのですが、排出物を肥料に変えるという利点があるトイレです。

コンポストトイレは、匂いも抑えられ、衛生面も保てるトイレなので、タイニーハウスにピッタリのトイレですね!

コンポストトイレの価格ですが、グレードもあるので、一概には言えませんが、15万くらいのものもあれば、20万くらいのものもあるようです。

ちょっと高い?と思うかもしれませんが、トイレなので、ある程度お金をかけてもよさそうですよね!

タイニーハウスのおしゃれなインテリア事例①シンプル

タイニーハウスのインテリアは、本当に個人個人で自分の好みに合わせて選んでいるという感じがします。

とってもシンプルなインテリアでも、ウッド調なところを生かしているので、それだけでおしゃれに感じますね。

木の素材感までもが、インテリアの一部に見えるので、おしゃれです。間取りは、ワンルームぐらいでしょうか。

シンプルなので広く見えますね!

タイニーハウスのおしゃれなインテリア事例②暖かみ

こちらのタイニーハウスは、屋根が三角で、可愛いですね!小窓がついていて、近くには時計、そしてランプと、なんだかアニメに出てきそうな家でワクワクしますね!

小窓がたくさんあることで、外からの光をしっかり入れられるので、明るくて温かみのある雰囲気が出ています。

ちょっとレトロ感のあるインテリアに心が落ち着くタイニーハウスですね。

タイニーハウスのおしゃれなインテリア事例③欧米風

こちらは、間取りがワンルーム+ロフトのタイニーハウスです。ロフトつきのタイニーハウスの作り方って難しそうですね。ただ、ロフトがあったほうが、広くなりますし、プライベートスペースがあっていいですよね!

このタイニーハウスのインテリアは、なんだか欧米風な雰囲気があって、日本人よりも外国人が住んでいそうな感じがします。とってもおしゃれですね!

ここまで仕上げるとなると、価格も結構しそうですが、こだわりぬきたいならとことん作り上げたいというタイプの人にはいいですね!

タイニーハウスのおしゃれなインテリア事例④リゾート風

タイニーハウスをリゾート風のインテリアで飾ったら、それこそ海外に来た!という感じがして素敵ですね!

なんだか自然の中でのびのびと自由に暮らしているという雰囲気が、憧れをさらに強くしてくれるような気もします。

理想の中に生きるみたいなので、タイニーハウス住民の人ってみんな笑顔が素敵なのかもしれません!

タイニーハウスのおしゃれなインテリア事例⑤アウトドア

まるでテントみたいな作りのタイニーハウスですが、周りも自然ばかりなので、毎日がキャンプという雰囲気がありますね!

インテリアも、キャンプに使えるものがあるので、キャンプをテーマにしたタイニーハウスなのかもしれません。

好きな時間に起きて、散歩して、好きな時間に寝るという雰囲気のあるタイニーハウスなので、ストレスフリーかもしれないですね!

タイニーハウスのおしゃれなインテリア事例⑥自由人

こちらのタイニーハウスは、1人で住んでいる感じのインテリアですが、まさに自由人が住んでいそうな雰囲気がありますね!

映画のワンシーンに出てきそうな雰囲気があって、何歳になっても自分の好きなことをしながら生きている人の家という感じもします。

人がやりたいことを全部やってしまうタイプの人のインテリアって独特でいいですよね!証明の灯りも雰囲気出てておしゃれです。

タイニーハウスのおしゃれなインテリア事例⑦すっきり

こちらのタイニーハウスは、広いですね。ロフトもありますが、ロフトというよりは、中2階という感じがして、豪華です。

ちょっと高価格なタイニーハウスかもしれません。

寝室と、リビングをしっかり分けることができているので、人が遊びに来ても安心できる作りですね。

これぐらいの広さがあれば、住める人も多いのではないでしょうか。

タイニーハウスのおしゃれなインテリア事例⑧モダン

こちらのタイニーハウスは、モダンなインテリアで、これまたおしゃれですね。

リビング部分に階段をつけて、少し上げているだけで、高級感も出ています。狭い空間ながらも、広々と使えていて、タイニーハウスのインテリアのいい見本だと思います。

壁が白いのも、明るくていいですね!

タイニーハウスのおしゃれなインテリア事例⑨ウッド感

タイニーハウスならではのウッド感満載のインテリアも素敵ですよね!

ウッド感を強調するために、インテリアには緑を多くしているところがおしゃれです。シンプルで必要なものだけを持っていればいいという、タイニーハウス本来の目的を果たしているインテリアだと思います。

家の中にいても、自然の中にいるみたいですよね!

角度を変えてみると、窓をあけたらたくさんの木がみえます。

木もインテリアになっているみたいで、とてもおしゃれですね!タイニーハウスは、狭いだけあって、窓をたくさん取り入れると、開放感があっていいですね!

タイニーハウスのおしゃれなインテリア事例⑩和風

タイニーハウスを和室にしている人もいました。日本人ならではの考え方ですね。

今ではあまり畳を見なくなったと言われていますが、マイホームには和室がほしいと思っている人ってけっこう多いですよね。

そんな方は、タイニーハウスに和室を取り入れるのもありです!2畳ほどの狭い和室ですが、夜はここに布団を敷いて寝るのもいいのではないでしょうか。