シングルマザーの貧困、家庭内暴力――現代社会の大きな課題を、リアリティーと希望を持って描き切った映画が誕生した。2021年4月2日に公開された『サンドラの小さな家』だ。

映画『マンマ・ミーア!』などを手掛けた演出家のフィリダ・ロイドさんが監督を務め、家庭内暴力から逃れるため幼い娘と家を飛び出した女性が人生を再建していく様子を力強く描いている。

映画公開を記念して、3月30日に開催されたスペシャルトークショー「『サンドラの小さな家』をきっかけに考える、私たちにできること。」では、監督のフィリダ・ロイドさん(イギリスよりオンラインで参加)、日本ロレアル株式会社ヴァイスプレジデント 楠田倫子さん、株式会社arca CEO 辻愛沙子さんが登壇。

現代社会で女性が抱えるさまざまな問題について、意見を交わした。

シングルマザーの貧困、DVから「女性の自立」を考える【辻愛沙子・ロレアル楠田倫子・ロイド監督】
(画像=写真左から、辻さん、楠田さん、ロイド監督、『Woman type』より引用)

DVを受けた女性の社会的孤立をリアルに描く

楠田:映画『サンドラの小さな家』ではアイルランドを舞台に、主人公・サンドラが家庭内暴力を受けシングルマザーとなる過程が描かれていましたが、その環境が日本とあまりに似通っていて驚きました。

日本ロレアルではシングルマザーの方への就職支援を継続的に行っていますが、女性が社会のコミュニティーから切り離され、孤立してしまうという問題は万国共通なのだと実感したのです。

シングルマザーの貧困、DVから「女性の自立」を考える【辻愛沙子・ロレアル楠田倫子・ロイド監督】
(画像=『Woman type』より引用)

ロイド:今回脚本・主演を務めたクレア・ダンさんは、シングルマザーの状況を非常に深く理解している方でした。

というのも、この作品は、クレアさんが友人から「シングルマザーになりホームレス状態に陥ってしまった」という相談を受けたことから着想を得た物語だからです。

私自身、刑務所で服役中の女性と一緒に演劇を作るワークショップを行ったことがあるのですが、DVを受けたことをきっかけに法律を犯してしまった方がとても多いと知りました。

逃れられない状況から何とか抵抗しようとしたことから、殺人などの犯罪に至ってしまった。そのようなリアルな状況を見てきましたから、映画の中でもリアルを描きたいと思ったんです。

辻:私が特に印象的だったのは、裁判所でサンドラが「なぜ家を出なかったのか? と私に聞く前に、なぜ私のことを殴ったのか? を彼に聞いてください」と言い放つシーン。本当にその通りだと、ハッとさせられました。

法律というのは、人を守るためにあるはず。それなのに、サンドラという目の前で傷ついている人を守ることができなかった。

最近では選択的夫婦別姓の問題も取り沙汰されていますが、ルールや規律というのは一体何のために存在しているのだろうか、と考えざるを得ません。

単なる“被害者”として描きたくなかった

司会:映画の中では、女性の貧困を取り巻く問題が、個人的なものではなく構造的な問題であるということが浮き彫りになっていました。

辻:日本では特に、性別役割分業が未だ根強く残っています。結婚後退職した女性の復職率は50%程度と言われているほど。

もちろん、女性が働くことも家庭に入ることも個人の自由ですが、やはり何かあったときに自分自身で生活を立て直す基盤を持っていることで救われることはあると思うんです。

サンドラの状況は他人事ではありません。パートナーがDVをするような人かそうじゃないか、経済力があるかないか、などということに関係なく、女性が自分自身の力で生活できる力を持っていることは重要なはず。

女性が働き続けられる、または職場に戻ることのできる社会構造をつくっていかなければいけないと感じます。

シングルマザーの貧困、DVから「女性の自立」を考える【辻愛沙子・ロレアル楠田倫子・ロイド監督】
(画像=『Woman type』より引用)

楠田:シングルマザーを支援する活動の中で感じるのは、参加されるシングルマザーの方々の自己評価が著しく低いということ。家庭内で問題を抱える中で失った自信を取り戻す、というのは大きな課題の一つです。

映画の中で、主人公・サンドラが生きる自信を取り戻す姿は、とても印象的でした。

ロイド:サンドラを単なる“被害者”として描かないということには、強いこだわりがありました。どんな状況でも必ず希望がある、というところを見せたかったんです。

サンドラは隣人たちに救われて共に家を造ることになりますが、彼女自身が一歩を踏み出したことによる変化がとても大きい。それを描くことで、自身の声や抱えている思いを言葉にして歩き始めることの重要さをメッセージとして伝えたかったんです。

辻:“被害者”として描かない、ということは、私が取り組んでいる広告の領域でも重要な視点だと考えます。

広告は企業からのメッセージを伝える役割を持っていますが、企業が主体となると、圧倒的に強い立場からのメッセージになってしまいがちです。「困っているあなたたちのために何かをしてあげます」と手を差し伸べる、というような。

サンドラに声を掛け、一緒に家を作る隣人たちも、もしかしたらはじめは「サンドラを助けたい」という思いだったのかもしれません。でも、最終的にはその過程で隣人たち自身が得るものも大きかったはずです。

“弱さ”は誰にでも巡り得るもの。弱者・強者という枠組みでの捉え方ではなく、それぞれが自分自身を愛することが大切だと思うのです。

ロイド:おっしゃる通り「助けることにより、自分が助けられる」ということは大いにあると思います。だからこそ、コミュニティーというのは形成されていくんじゃないかと。

コロナというパンデミックを経験して、自分自身がコミュニティの一員なのだ、と改めて感じている人は多いのではないでしょうか。

また、一人一人がこれまで以上に“より良い隣人”であろうとしているかもしれません。それはもしかしたら少し鬱陶しいことかもしれませんが、例えば顔にアザがある人を見掛けたら「どうしたの?」としつこいほどに心配するようなことも大切だと思うのです。