バツイチ子持ちの恋愛はアリ?仕事も育児も一人でがむしゃらにこなす中、好きな人ができたり再婚を考えたりすることもありますよね。バツイチ子持ちとの恋愛を男性はどう思っているのか、そして再婚を後悔しないための注意点をまとめました。

バツイチ子持ちでも恋愛していいかな…?

バツイチ子持ちでも恋愛したい!再婚を後悔しないために確認すること
(画像=unsplash.com/photos/UYDoE_AyJQs、『Lovely』より引用)

バツイチ子持ちではもう恋愛できない…。そう諦めてはいませんか?バツイチ子持ちでも、幸せな恋愛をしている人は少なくないですよ。

ママが何でもかんでも我慢せず、いきいきとしているのは、子供にとっても良い影響に。男性の本音や注意点、再婚はアリかナシかについても見ていきましょう。

男性に聞いた「バツイチ子持ちってどう思う?」

バツイチ子持ちでも恋愛したい!再婚を後悔しないために確認すること
(画像=unsplash.com/photos/N4OnYUqMfyc、『Lovely』より引用)

バツイチ子持ち女性との恋愛はアリ?それともナシ?男性に聞いてみました。やはり賛否両論あるようですが、参考にしてみてください。

好みのタイプならアリ

好みのタイプの女性なら、離婚歴があろうが子供がいようが問題ない、という男性の声も少なくありませんでした。たまたま出会った好きな人がバツイチ、というパターンも多いようですね。

今や3組に1組が離婚する時代。離婚はもはや珍しくありませんし、偏見もなくなっている傾向で、ハードルとして考えない人も多くなっている模様です。

母親としてのたくましさがむしろ良い

バツイチで子持ちということで、女手一つで子供を育てようとしているたくましさがむしろ好印象に感じられるという意見も。

同じ年で子供のいない女性と比べるとずっとしっかりしていて、その態度が仕事やプライベート面でもよく活かされている女性は魅力的ですね。

支えてあげたくなる

一人で仕事と子育てとを両立させようとしている姿に、支えてあげたくなるという男性も!夫婦共働きでも、やはり育児と仕事との両立は難しいものです。

女性一人ということで、様々な困難とも戦う場面が多いはず。一見母親に見えないかよわそうな女性がバツイチ子持ちと聞いて、「守ってあげたい」と熱くなる男性もいますよ。

子供の存在が重たい

バツイチ子持ち女性との恋愛、やはり子供の存在がネックになるという本音も聞かれました。子供に遠慮してしまうため、恋愛は考えられないという男性も一定数います。

また、再婚するとなると血のつながらない子供と接し、養わなければいけないため、「育てる自信がない」「無責任に恋愛はできない」という意見も。

複雑そうな状況に引く

バツイチ子持ちと聞いて、複雑そうな状況に引いてしまうという男性も。背負っている重い状況に対して自分は何もできない、と身を引く男性もいます。

やはり離婚と聞くとただごとではなく、何か問題があるのかもしれない、と考えてしまう人も。面倒ごとは引き受けたくないので、恋愛対象にはできないという意見も聞かれました。

世間体が気になる

仕事の関係者や親がどう見るかわからないため、恋愛対象にはできないという声も。田舎や保守的なところだと、離婚は今でも珍しいこと。世間体が気になる人もいるようです。

反対されるのは目に見えているので再婚は考えられないし、だからといって遊びの恋愛では子供がかわいそう。結果、恋愛は考えられないという男性もいます。

実際にバツイチ子持ち女性と恋愛してみてどうだった?

バツイチ子持ちでも恋愛したい!再婚を後悔しないために確認すること
(画像=unsplash.com/photos/jbiInQGY8og、『Lovely』より引用)

ここからは、実際にバツイチ子持ち女性と恋愛した男性のエピソードを見てみましょう。よかったという声もあれば、後悔したというエピソードもあります。

どうしたらトラブルを回避して再び恋愛ができるか、ぜひ参考にしてみてください。

好みだからバツイチは関係なし

会社の異動で出会った女性がバツイチ子持ちでした。華奢だけどいつも頼りになる女性で好みのタイプ。後になって子供がいると知りましたが、離婚しているならむしろチャンスかな、と。

子供はすでに小学生で手のかからない年になっていますし、恋愛する上では問題なし。休日の数時間だけデートを楽しんでいます。

(メーカー勤務 35歳)

賑やかな家庭気分に

「新しいパパだよ~」と冗談で彼女が子供に紹介してくれたこともあって、デートのお出かけも子供を交えてです。一気に賑やかな家族気分になっていますよ。

元々子供が好きなので、子持ちなのは特に気にしていませんし、彼女がいい架け橋になってくれています。再婚も考えていて楽しく付き合っています。

(団体職員 33歳)

子供が懐かない…

彼女とはうまくいっていますが、彼女の小2の男の子が懐きません。一緒に遊ぼうとしても、ついには反抗的な目でジロリと睨まれるまでに…。子供の相手は難しいです。

(銀行勤務 32歳)

子供が懐かないというのは、バツイチ子持ちの恋愛によくあるお悩み。「ママを取られる」といった恐れや人見知りはどうしてもあるものです。

子供の心のケアも忘れずに、徐々によい関係を築けるとよいですね。

デートも子供の都合に合わせて

彼女の子供がまだ小さく、熱を出したらデートの予定もなしに。二人で会うのは子供の都合に合わせてなのがちょっと辛いところ。

(公務員 29歳)

子供が小さいと、不測の事態でデートもキャンセルになりがちです。だからといって無理に出かけたら子供が寂しがりますよね。

子供が自立するまでは育児に集中するか、理解のある彼氏を得るかがポイントになってきます。

前の恋愛失敗パターンを繰り返されても…

離婚経験を引きずっていて「あなたも逃げるんでしょ?」とよく言われる。前の失敗パターンを繰り返している感じで、夜遅くまで帰してくれない。実家に預けているという子供も何だかかわいそうです。

(接客業 28歳)

離婚の嫌な思い出から切り替えができず、彼氏ができても「また別れるのでは?」と不安にかられることもあるでしょう。でも、過剰な心配ばかりでは前に進めません。

恋愛に依存せず、まずは子供と信頼関係を築くこと。その上で一緒に頑張れそうな男性が現れたら、前向きにタッグを組むこと。これがバツイチ子持ちでも恋愛を味方にするカギです。