妊娠初期には様々な体調の変化を感じるものですが、中にはトイレの回数が増えてしまって困っている人も多いものです。どうして妊娠初期には頻尿になってしまうのでしょうか?!この記事では妊娠初期の頻尿の原因を探り、有効な対策をご提案します!!

妊娠初期の頻尿は辛いものですよね

待望の赤ちゃんを授かると、妊娠初期には様々な体調の変化が起こるものです。その中にはトイレの回数が増えてしまう頻尿もあります。

中には、残尿感がいつまでも残っていて、何度もトイレに行ってしまうという人もいます。

トイレが気になって、昼間でもゆっくりとくつろげないという人や、夜中に何度もトイレに起きることで、寝不足で困っている妊婦さんがたくさんいます。

妊娠すると頻尿になってしまう原因は一体どのようなものでしょうか。

いつからいつまで続き、頻尿による病気や流産の可能性などはないのでしょうか。

また、残尿感が強く残る場合というのは、心配ないのでしょうか。

この記事では、妊娠初期からの頻尿の原因や対策についてお伝えします。

頻尿とは?トイレの回数は?

まず、妊娠初期からの頻尿の詳細について見ていく前に、頻尿とはどういった状態のことを言うのでしょうか?!

トイレの回数というのは、人それぞれ違いますし、季節や飲んだ水分の量、体調などによっても大きく左右されるものです。

だから、1日に何回以上トイレに行ったら頻尿、というような定義は医学的にはありません。

しかし、日本泌尿器科学会の目安によると、朝起きてから1日に8回以上トイレに行くような状態なら頻尿の可能性があるとしています。

しかし、人によっては、1日に8回以下でもトイレに行く回数が増えたと感じる人もいます。

妊娠前に比べて、トイレに行く回数が増えたと感じるようなら、それは妊娠による頻尿になったと考えた方が良いでしょう。

妊娠初期の頻尿の原因とは?

妊娠することによってどうして頻尿になってトイレに行く回数が増えるのでしょうか。

確かに、妊娠後期になれば、お腹の中の赤ちゃんも大きく育ち、子宮が大きくなるので、膀胱が圧迫されて頻尿になるも理解できます。

しかし、まだお腹の赤ちゃんが小さい妊娠初期の頃から頻尿になるのは一体どうしてなのでしょうか。

お腹の中に赤ちゃんを宿して育てていることと、トイレの回数が増える事は一見すると関係がないように思います。

ここからは、妊娠初期に頻尿になる原因について見ていきたいと思います。

【妊娠初期の頻尿の原因①】プロゲステロン

妊娠すると頻尿になる原因には、黄体ホルモンであるプロゲステロンが大量に分泌されることが関係しています。

妊娠すると、流産を防いで妊娠を継続させて、お腹の中で赤ちゃんを育てる準備を始めるために、黄体ホルモンであるプロゲステロンなどの女性ホルモンが大量に分泌されます。

プロゲステロンには利尿作用がある上に、切迫流産を防ぐために子宮の収縮を抑えて緊張を弱めるために、内臓の筋肉を緩める働きを持っています。

その時に、子宮の周りの筋肉だけではなくて、近くの内臓の周りの筋肉のすべてを緩めてしまいます。

すると、尿路の筋肉も緩んでしまい、尿路が広がってしまいます。

そのために、頻尿になったり、尿意を我慢できずに尿漏れを起こしてしまったりするのです。

【妊娠初期の頻尿の原因②】大きくなりつつある子宮

妊娠すると頻尿になる原因には、子宮が大きくなることも関係しています。

周りの内臓を押しのけるほど子宮が大きくなる妊娠後期ほどではありませんが、それでも、お腹の赤ちゃんは妊娠初期から日々成長して大きくなりつつあります。

妊娠初期でも、1ヶ月もすると前の月から子宮が一回りも大きくなっているものです。

日々大きくなっていく子宮が、膀胱や尿道を刺激して頻尿になってもおかしくはありません。

【妊娠初期の頻尿の原因③】ストレス

妊娠すると頻尿になる原因には、妊娠したことによる様々なストレスも関係しているといわれています。

学生時代に、大切な試験の前や、部活の試合やステージの直前に緊張のあまりトイレに行きたくなったことがある人は多いものですよね。

人の体は、緊張をしたり、ストレスを感じたりすると、自律神経のバランスが崩れてトイレに行く回数が増えてしまいます。

妊娠初期というのは、つわりなどの様々な体調の変化に加えて、自分や夫の親から色々と良かれと思ってアドバイスをされたりして、何かとストレスを感じやすい時期になります。

また妊娠初期は流産しやすい時期なので、流産の心配をし過ぎてストレスになることもあります。

こういったストレスが原因となって頻尿を引き起こしている可能性もあります。

ちなみに、妊娠中の頻尿は膀胱炎などの病気が隠れていなければ、生理現象によるものなので、頻尿になったからと言って流産の危険性がある訳ではありません。流産のことは心配しないようにしましょう!!

妊娠初期の頻尿はいつから始まる?

妊娠初期の頻尿はいつから始まるものなのでしょうか。

妊娠初期の頻尿がいつから始まるのかというのは、それぞれ違うので、いつから頻尿が始まるのかは定義されているわけではありません。

妊娠初期の頻尿がいつから始まるのかというのは、妊娠が判明することが多い妊娠5週以降に頻尿が始まるという人もいれば、まだ妊娠確定していない、妊娠超初期の頃からトイレの回数が妙に増えたという人も多いものです。

頻尿がいつからいつまで続くのか、というのが気になってる人が多いようですが、いつから始まるのかというのは、人によって違うというのが答えです。

妊娠初期の頻尿はいつまで続く?

妊娠初期の頻尿がいつから始まるのかは人それぞれですが、それでは、いつまで続くものなのでしょうか。

妊娠初期の頻尿がいつまで続くのかというと、多くの人は妊娠16週頃に入るといったん頻尿は落ち着いてきます。

その後、お腹の赤ちゃんが大きくなってきた妊娠28週ごろから、今度は大きくなった子宮が、膀胱を刺激しやすくなるので、再び頻尿になりやすくなります。

妊娠中の頻尿というのは、いつからいつまで続くのかというと、まずは妊娠初期にいったん始まり、妊娠中期に入ると治まりますが、妊娠後期になると再び起こりやすくなるものです。

妊娠初期の頻尿 残尿感が強いのは大丈夫?

妊娠初期の頻尿に悩んでいる人の中には、トイレに行ってもいつまでも尿が残っているような気がする残尿感に悩んでいる人も多くいます。

残尿感があると、トイレに何度行っても落ち着くことができずに、ちょっと困ってしまいますよね。

妊娠初期に残尿感が強く残るというのは、心配ないのでしょうか。

妊娠初期の頃は、尿道や膀胱の筋肉が緩んでしまうので、排尿後の尿の切れが悪く感じられるものです。

そのために、多少の残尿感が残ってしまうのは心配はありません。

しかし、残尿感が強く残ってしまい、トイレに行っても、トイレに行ったような気がしないほど残尿感がある時には、膀胱炎の疑いが強くなります。

残尿感が強すぎるときは、妊娠初期の症状ではありません。

膀胱炎を疑って早急に病院で受診しましょう。

妊娠初期の頻尿は病気の可能性も!!

妊娠初期には頻尿になりやすいものですが、妊娠初期の頻尿だと思っていたら、実は病気だったということもあります。

頻尿になりやすい病気や、その特徴にはいったいどういうものがあるのでしょうか。

【妊娠初期の頻尿 病気とは?①】膀胱炎

膀胱炎の原因とは?

頻尿になりやすい病気には、膀胱炎があります。

膀胱炎も尿道からばい菌などが侵入したことなどが原因で、膀胱が炎症を起こしてしまう病気です。

男性よりも女性の方が尿道が短いためにかかりやすいと言われています。

トイレを我慢しすぎることも、膀胱炎になる原因だと言われています。

妊娠初期は、トイレの回数が多くなるために、 ついつい我慢をし過ぎてしまい、膀胱炎になってしまう妊婦さんも多くいるものです。

膀胱炎で流産の危険性?!?!

膀胱炎になると治療薬を飲んで治す必要があります。

膀胱炎になったことや、薬を飲むことでお腹の赤ちゃんに流産の危険性がないのか心配なお母さんはたくさんいますよね。

膀胱炎になったことで、直接流産などの危険性はありません。

また、膀胱炎の治療薬もお腹の赤ちゃんに影響して流産を起こすようなものではありません。

ちゃんと病院でもらった薬を飲んで治せば、流産の心配も全くなく治せるものです。

しかし、しっかりと治療薬を飲まずに膀胱炎を放置していると、炎症が回ってしまい腎盂炎を起こす可能性が出てきます。

腎盂炎になってしまうと、膀胱炎の治療薬よりももっと強い治療薬を、膀胱炎の治療よりも長い期間使わなくてはならず、お腹の赤ちゃんへの影響も懸念されます。

膀胱炎の見分け方

膀胱炎と、妊娠初期の頻尿との見分け方には、大きな違いがいくつかあります。

まず、膀胱炎のときには、排尿の際に痛みを感じることがあります。

また、膀胱炎の時の尿は、白く濁っていることもあります。

残尿感も、単に尿の切れが悪いといった程度のものではなく、とても強く感じます。

こういった症状が現われた時には、単なる頻尿だと片付けるのではなく、早急に産婦人科で相談しましょう。