置き型の3口ガスコンロは同時に複数の料理を進められるメリットがあります。置き型ガスコンロの場合、サイズが合っていれば現在のガスコンロと交換することが可能です。今回はおすすめの3口置き型ガスコンロをいくつかご紹介したいと思います。

3口ガスコンロの種類は?

調理に欠かせないキッチン機能といえばガスコンロですが、最近では3口ガスコンロが主流になっていきています。

3口ガスコンロというと、機能が多い分スペースを取るのではと思われるかもしれませんが、3口ガスコンロの中には、鍋を置きながら他の調理がしやすいタイプ、同時に複数の調理がしやすいタイプなど目的に応じて様々なデザインのガスコンロがあります。

今回はおすすめの置き型3口ガスコンロや、3口ガスコンロを購入する際の注意点についてご紹介します。

3口ガスコンロのメリットは?

3口ガスコンロにすることでで、同時にたくさんの調理ができるメリットがあります。例えば、3口ガスコンロを設置するとおかず2種類と汁物を同時に作れる、お弁当と朝ごはんを同時に作れるなどのメリットがあります。

大家族の方や親戚や友人の集まりが多い方はたくさんの調理をする機会が多いので、コンロの数が多い方が便利です。また、家族の人数が多くなくてもお弁当とご飯を同時に調理したい場合は3口ガスコンロがおすすめです。

また3口のガスコンロは作り置きしておいた煮物などの料理を温め直すときや、鍋の置き場所としても使えるため、作り置きのおかずを一品に加えたいときに便利です。

3口ガスコンロの設置の注意点:場所を確認する

置き型3口ガスコンロを設置するときは、設置場所に可燃物がないか確認します。可燃物との距離が近いと火災の原因になるため、火災予防条例で設置が禁止されています。

例えばキッチンの壁がステンレスやタイルでも、壁の内部の材料が可燃性の場合は防熱板を設置する必要があります。防熱板は3口ガスコンロの販売店やガス事業者で取り扱われています。

3口ガスコンロの設置の注意点:キッチンのタイプを確認する

キッチンのタイプは大きく分けて、システムキッチンと流し台キッチンに分かれます。

システムキッチンの場合、置き型3口ガスコンロのタイプが古い機種の場合は、新しいガスコンロのサイズが小さい場合、別途で「フィラー」という隙間隠しが必要になる場合があります。

流し台キッチンの場合は、3口ビルトインコンロを置く場合、60cm幅のタイプのみ設置が可能です。

3口ガスコンロの設置の注意点:天板のサイズを確認する

3口ビルトインコンロのトッププレート(天板)のサイズ幅は「75cm」と「60cm」の2種類があります。75cmタイプの3口ビルトインコンロはトッププレートの幅が広いので、コンロに鍋などの料理を置いたままでも余裕を持って調理がしやすくなっています。60cmタイプは調理スペースが広く作られているため、狭い間口でも調理がしやすくなっています。

ビルトインコンロのトッププレートの種類:強化ガラス

3口ビルトインコンロのトッププレートの種類は、主に6つの材質があります。

強化ガラスのタイプはフレームレス、ふちが付いているもの、フレームと一体化しているものがあります。強化ガラスのトッププレートの特徴は、見た目が美しく、耐熱性と耐久性に優れています。現在主流のトッププレートとなっており、お手入れがしやすくなっています。

ただし、強化ガラスのトッププレートは重い物を落としたときに破損するおそれがあります。価格相場は65,000~190,000円となっています。

ビルトインコンロのトッププレートの種類:ガラスコート

ガラスコートのタイプは硬質ホーローにコーティングを施し、耐久性を向上させたトッププレートです。ガラスコートのトッププレートはガラスの光沢感や色のバリエーションが豊富で、価格が安いのが特徴です。耐久性とデザイン性を重視するのであれば、ガラスコートのトッププレートがおすすめです。

ただし、ガラスコートは衝撃で塗装が割れた場合、そこから錆びやすくなってしまい、数年使い続けるとコーティングが剥げてくる場合があります。価格相場は60,000~120,000円となっています。

ビルトインコンロのトッププレートの種類:ホーロー

ホーロータイプは鋼板にガラス質コーティングが施されたものです。調理器具がこすれても傷付きにくく、耐久性に優れているのが特徴です。

ただし、ホーローのトッププレートは衝撃で塗装が割れた場合、そこから錆びが発声し、コーティングが剥げる場合があります。価格相場は 45,000~70,000円となっています。

ビルトインコンロのトッププレートの種類:フッ素コート

フッ素コートタイプは、鋼板にフッ素コーティングが施されたものです。フッ素が油をはじくため、お手入れがしやすくなっています。他のトッププレートに比べて値段も安いですが、熱に弱く、調理器具などが擦れるとフッ素が剥がれる場合があります。

フッ素コートのトッププレートは、トッププレートを安く購入したい方におすすめです。価格相場は34,000~60,000円となっています。

ビルトインコンロのトッププレートの種類:ステンレス

ステンレスタイプは、頑丈な作りになっており、業務用のようなシンプルな見た目が特徴です。熱によって赤茶色に変色し、調理器具が擦れると傷付きやすいですが、使い込むほど味が出るとされ、昔から定番のトッププレートです。価格相場は100,000~160,000円となっています。

ビルトインコンロのトッププレートの種類:アルミトップ

アルミトップのタイプはトッププレートがアルミ素材になっており厚みがあるのが特徴です。アルミトップのタイプは最新のトッププレートで、熱伝導によって熱が素早く分散するため、調理後の汚れがトッププレートに焦げ付きにくく、お手入れがしやすくなっています。価格相場は95,000~140,000円となっています。

3口ガスコンロの便利な機能は?

3口ガスコンロの機能は家電メーカーによって若干の違いがありますが、主に次のような機能があります。

温度調節機能(コンロタイマー)は、中バーナー(標準バーナー)のみに付いていることが多いですが、上位モデルでは全てのバーナーにコンロタイマーが付いている3口ガスコンロもあります。

3口ガスコンロのコンロタイマーの中には自動で鍋底の温度を検知して温度を調整したり、自動消火する機能があります。そのためレトルト料理や煮込み料理などの長時間火を使う料理の調理が簡単になります。

3口ガスコンロのコンロタイマーの温度の目安も「炊飯機能」「湯沸し」「揚げ物温度調節」など分かりやすい目安でタイマー機能が付いている3口ガスコンロもあり、火加減が難しい料理も簡単に火力を調整できます。

高火力バーナーは、3口ガスコンロの場合は1口だけ高火力、2口が高火力、全て高火力になるものなど、値段によって様々な種類があります。バーナーによっては煮込み料理に使えるトロ火にも対応しています。

3口ガスコンロの中には安全機能を重視しているバーナーには中火点火の機能が付いており、大バーナーを点火するときに突然強火にならないように、中火で点火される設計の3口ガスコンロもあります。

3口ガスコンロの五徳は、最近は小型のタイプが主流になっています。小型タイプはお手入れがしやすいデザインになっています。

3口ガスコンロの五徳に汁受け皿がないタイプの場合は、トッププレートを拭くだけなので、更にお手入れしやすくなっていますが、大量に煮こぼれが起こった場合、3口ガスコンロが汚れやすくなります。

3口ガスコンロの五徳に知る受け皿があるタイプは、大量に煮こぼれが起こった場合も汁受け皿が汁を受け止めてくれますが、お手入れに時間がかかりやすいです。

3口ガスコンロにシールドトップ構造が施されている場合、3口ガスコンロ内部に吹きこぼれや調理のゴミが入らないように、バーナーの周囲にパッキンが設置されています。

3口ガスコンロのグリル機能は?

3口ガスコンロのモデルによっては、グリル機能にも様々な機能が付いています。

魚焼きグリルには片面ずつ焼くタイプと両面同時に焼けるタイプがあります。最近のグリルは水を入れる必要がなく、後片付けがしやすい水無し両面焼きタイプが主流になっています。

水無し両面焼きタイプのメリットは、途中で料理をひっくり返す必要がないためグリル内の蒸気や熱が逃げず、綺麗にこんがりと料理が焼き上がりやすいことです。

上位モデルの3口ガスコンロの場合、魚以外のグリル料理も簡単に調理できる機能が付いているものもあります。

水無しグリルタイプの特徴は、調理時に水を入れる必要がないため、後片付けが楽なのが特徴です。料理は表面がカリっとした状態に焼き上がりますが、料理がグリルにくっつきやすいです。

水有りグリルタイプは従来の一般的なタイプのフリルで、グリルの受け皿に水を入れて調理します。水有りグリルは料理がふっくらと焼き上がりますが、調理に時間がかかり、後片付けにも時間がかかります。

グリルタイマーが付いているものは、時間になると自動的にグリルが消化します。グリルの調理は火を付けていることを忘れやすいため、同時に複数の調理をするときにおすすめの機能です。

グリル過熱防止機能が付いていると、グリル内の温度が高温になった場合、自動で過熱を防ぐように温度調整をしてくれます。

ダッチオーブン対応の場合、グラタン、パエリア、ポトフ、ケーキなどを調理できるため、グリル料理のレシピの幅が広がります。

オート調理機能が付いている場合は、焼き加減を設定するだけで焼き時間と火力を自動調整してくれるため、料理を焦がしにくくなります。そのため、火力の調子が難しいローストビーフやトースト、ケーキなどを綺麗に焼き上げることができます。

3口ガスコンロの安全機能は?

家電ガスコンロには、平成20年秋からバーナーに「天ぷら油防止装置」「立ち消え安全装置」の搭載が義務付けられています。そのため、源氏販売されている家電設置ガスコンロには全てのバーナーに温度センサーが付けられています。安全設計のガスコンロは、小さなお子様やお年寄りがいらっしゃるご家庭におすすめです。

調理油過熱防止装置は、油温が250℃を超えると自動消火する機能です。グリル過熱防止機能が付いている場合、グリル内の温度が上がり過ぎている場合、自動消火してくれます。

ガスコンロによっては、料理が焦げ始めると自動消火してくれる焦げ付き消化機能が付いています。感震停止機能がある場合は、地震の揺れを感知すると自動消火してくれます。

消し忘れ消火機能は、3口ガスコンロやグリルの火を消し忘れても、一定時間で自動消火してくれる機能です。

鍋無し検知機能は、調理中に鍋を外すと日が小さくなったり、鍋を乗せないと点火しない設計になっています。

中火点火機能は、点火するときに、いきなり強火が出ないように中火で点火してくれる機能です。

チャイルドロック機能はお子様が誤って点火しないように、点火スイッチにロックをかけることができます。