そろそろ子供が欲しいと考えているパパママの方に人気なのが子宝祈願ができる子宝神社、子授け寺です。探してみると、日本各地で多くの子宝神社、子授け寺が見つかりました。なかでも人気の子宝神社、子授け寺を紹介しますので、周辺観光と合わせて子宝祈願に訪れてみてください。

子宝祈願に縁がある神社にはどんな種類があるの?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

日本古来から各地で崇められてきたさまざまな神様を祀っている場所が神社です。自然に対する畏敬の念を大切にしてきた日本人は山や木、石や水などに宿るとされる「八百万の神(やおよろずのかみ)」を信仰の対象としてきました。また、応神天皇や菅原道真など、歴史上の人物を神格化し、祀られている神社もあります。

それら長い年月をかけて培われたものが「神道」という宗教ですが、経典や教えがあるものではなく、神社それぞれに由来やご神体があり、複数の神様を祀っていることも珍しくありません。その八百万の神の中には子宝に縁のある神様もいて、そういった神様に子宝祈願をお願いする方が多くいらっしゃいます。そこで、子宝に縁がある神様とそれを祀る神社の種類をご紹介しましょう。

神明神社・神明社・神明宮

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

日本神話の女神・天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祀り、伊勢神宮内宮を総本社としている神社が神明神社・神明社・神明宮と呼ばれています。「お伊勢さん」「新明様(しんめいさま)」と呼ばれることもあります。ご利益は国家安泰のほかに開運厄除け、縁結びや子宝などがあります。

稲荷神社・稲荷

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

伏見稲荷大社を総本社として日本で一番多いのが「お稲荷さま」です。祀られている「宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)」は稲作・農業の神様として信仰され、現在では家内安全・商売繁盛・厄除けなどのご利益があるとされています。

稲荷神社が子宝祈願に人気なのは、伏見稲荷大社に仲良く子供の面倒もよくみる狐の夫婦がいて、それにあやかってあ「お産場稲荷」という社が建てられたのが由来とされています。全国で人気の子宝神社には稲荷神社が多いのはこういった話があるからなんですね。

住吉神社・住吉社

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

底筒男神(そこつつのおのみこと)、中筒男神(なかつつのおのみこと)、表筒男神(うわつつのおのみこと)の住吉三神を祀る神社です。イザナギのみそぎから生まれた神様で、心身の浄化と開運のご利益があります。

子宝をつかさどる神社の神様とは?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子宝のご利益を授けてくれる神様はどの神社に祀られているのでしょう。その答えは1つではありません。古事記や日本書紀などの日本神話を由来とする神様や土地神様の信仰などがあわさって、さまざまな神社でそのご利益が伝えられています。

例えば、イザナギとイザナミのように多くの御子神を設けた夫婦神にあやかったり、五穀豊穣を司る神様に願えば種が増えることから転じて子宝を授けてくれるということもあります。男性を司る土地神様が男女の縁と子宝に通じるという伝承も日本各地にみられます。先述したように狐を祀る稲荷神社も子宝の神様として人気です。参拝の際には、どんな神様が祀られているのか案内板を読んだり、宮司さんや巫女さんにお話しをきくなどして知っておくとよいでしょう。

子宝にご利益のあるお寺も多いのはなぜ?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子宝神社を探していると、思いのほか子授けにご利益のあるお寺も多いのに気づきます。お寺に祀られている神様の中には観音様や鬼子母神など、子授けに縁が深い神様も多いのです。神道の神社に限らず、古くからある宗教では子宝や五穀豊穣にまつわる神話があるのは珍しくありません。

仏教やそのルーツになっているインドのヒンドゥー教には子宝に関する神話は数多くあり、そういった話に縁がある神様を祀る寺院は、子授け寺として人気となっています。子授けや安産祈願を願う方は神社だけではなく、お寺にも参拝しています。神社やお寺などにはあまりこだわらず、お参りしたい子宝神社、子授け寺を探してみてはいかがでしょうか。

東京で人気の子宝神社・子授け寺

東京にある人気の子宝神社・子授け寺について代表的な寺社をご紹介します。東京の子宝神社・子授け寺については別の記事もまとめていますので、詳しく知りたい方は下記記事もご覧ください。

東京で人気の子宝神社・子授け寺1:水天宮

水天宮のご祭神は天御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)と呼ばれ、日本のすべての神様の祖先神と言い伝えられています。子授けだけではなく安産祈願・お宮参りなどの目的で遠方から訪れる人も多くいるほどの有名な子宝神社です。

住所
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目4−1
公式HP
http://www.suitengu.or.jp/
地図
https://www.google.com/maps/place/%E6%B0%B4%E5%A4%A9%E5%AE%AE/@35.6835133,139.7851836,15z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x42a794f3696164d8!8m2!3d35.6835133!4d139.7851836?shorturl=1

東京で人気の子宝神社・子授け寺2:上野 輪王寺

輪王寺は、慈眼大師天海と慈恵大師良源が祀られており、「両大師」とも呼ばれています。輪王寺が子授け大師と広く知られるようになったのは、天海が徳川家光の世継出生祈願を命じられ、実際に家綱が安産で誕生することができたという逸話が伝えられているからです。

住所
〒110-0007 東京都台東区上野公園14−5
地図
https://www.google.com/maps/place/%E3%80%92110-0007+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%8F%B0%E6%9D%B1%E5%8C%BA%E4%B8%8A%E9%87%8E%E5%85%AC%E5%9C%92%EF%BC%91%EF%BC%94%E2%88%92%EF%BC%95+%E4%B8%A1%E5%A4%A7%E5%B8%AB/@35.717112,139.7758766,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x60188e9b60079c35:0x2b583b3792dc04a6!8m2!3d35.717112!4d139.7780653?shorturl=1

東京で人気の子宝神社・子授け寺3:上野 清水観音堂

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

清水観音堂は江戸時代初期に創建されたお堂です。千手観世音菩薩がご本尊ですが、脇本尊として子育観音(別名子授観音)が祀られていて、子供に関するさまざまなお願いを聞き届けてくださるとして信仰を集めています。

住所
〒110-0007 東京都台東区上野公園1-29
公式HP
http://kiyomizu.kaneiji.jp/
地図
https://www.google.com/maps/place/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E5%A0%82/@35.712557,139.7713513,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x60188e9de53f18f5:0xf5e70c5beecd41e3!8m2!3d35.712557!4d139.77354?shorturl=1