「長く働く」を叶えるには
仕事も楽しむ姿勢を忘れてはダメ

————それでは、女性エンジニアが「長く働く」を実現するためには、何が大事だと思いますか?

大泉:育休明けの復職時に育休前と同じ職場に戻れることを確約できれば素晴らしいですね。もちろん人によって事情は違うので、複数の選択肢は用意すべきですが、今やっている仕事が好きな人は育休後も続けられたら幸せだし、元の場所に戻れる安心感は、長く働き続けることにつながると思います。

川井:そもそも女性エンジニアが産休育休明けにどのような働き方をしているのかがイメージしにくいために、復職をためらう人も多い気がします。会社が社員に向けて「出産後もこんな風に働いている女性エンジニアがいますよ」と情報提供したり、復職後のキャリアについて相談できる窓口を設けたりすることは、この課題を解決する一つの方法になると思います。

「何でもやってみる」その心意気が未来を変える! 女性エンジニアが“長く働く”を実現する方法
(画像=『Woman type』より引用)

楊:私は「共働きが当たり前」という環境で育ちましたし、周囲にも女性エンジニアとして働き続けている先輩社員が多いので、私も長く働きたいと考えています。ロールモデルになる存在が身近にいれば、若い女性エンジニアたちも安心して働き続けることができるのではないでしょうか。

————皆さんの会社では、女性エンジニアが長期的にキャリアを築いていけるように、どのような工夫をしていますか?

大泉:サイバーエージェントには、女性が長く働くための支援制度「macalon」というものが存在しており、キッズデイ休暇や、認可外保育園補助、子どもが病気の時は在宅勤務可、など様々な項目が盛り込まれています。サイバーエージェントは、「女性だから」「子どもがいるから」という理由で男性と差別されることは一切ありません。女性管理職も多いですし、子どもを産んだあとの仕事の役割やペースについては、きちんと自分の意見を述べる機会があると思います。エンジニアに限るとまだまだ女性の数は少ないのですが、サイバーエージェント全体で見れば現在社員の4人に1人がママ社員。それくらい働きやすい環境が整っています。

川井:当社にも、産休育休制度を利用し、復職してからも活躍している女性はもちろんいます。さらに、Skyは社員間のコミュニケーションが密で、情報共有のスピードも非常に速いのが特徴です。『Skyなう』というツイッターのような社内ツールで上司とやりとりしたり、誕生日には社長から「おめでとうございます」とメッセージが届いたりと、お互いの距離が近く感じられるのが良いところです。最近では、部門を横断しての業務連携もより密になっていて、困ったときに悩みを相談し合えるような女性社員同士の横のつながりづくりも進めています。

楊:先ほどもお話したように、アクセンチュアではバリバリ働き続けることもできるし、ワークライフバランスを考えて家庭を大事にしながら働くこともできるし、グローバルで働く道も開けています。私自身も将来のキャリアにまだ迷っているところですが、こうして幅広く選択肢が用意されているのはとてもありがたいですし、女性の働きやすさにつながっていると思います。

————最後に、転職の際に自分に合う会社をどのように選べばいいか、アドバイスをお願いします。

「何でもやってみる」その心意気が未来を変える! 女性エンジニアが“長く働く”を実現する方法
(画像=『Woman type』より引用)

楊:まずは「自分が何をやりたいのか」をはっきりさせることが大事だと思います。私は「楽しさ」を追求するタイプ。コードを書くのも楽しいし、自分が作ったシステムをエンドユーザーの方に役立てていただけるのも楽しいので、その楽しさを最も実現できる会社を選びました。ですから、今までの仕事で自分がどんな時に楽しいと感じたかを振り返ってみると、自分に合う会社を見つけることはできるはずです。

川井:私の場合は、「このサービスやコンテンツを作りたい」という方向性は明確ではありませんでした。だから転職する時、「一度入社したら、仕事を好き嫌いしない」と決めました。今の会社でも、Web系の開発をやったり、アンドロイドアプリの開発をしたりと、いろいろな機会をもらっていますが、もし私が「それは嫌」「あれも嫌」と言っていたら、何の成長もありませんよね。もし転職する時点で自分のやりたいことがはっきり思い描けないのであれば、「何でもやってみよう」という心意気を持っていた方が楽しく働けるはず。会社の環境も大事ではありますが、一番大事なのは自分自身のスタンスかなと思います。

大泉:私も楊さんと同じで、「楽しいか、楽しくないか」が一番重要です。川井さんから「好き嫌いしない」という話も出ましたが、それも同感ですね。だって、「あまりやりたくないな」と思った仕事でも、やり始めたら意外と楽しめることってありますから。どんな会社に転職するにしても、目の前の仕事の中に楽しさを見つけようとする気持ちがあれば、前向きに働き続けられると思います。


提供・働く女のワーク&ライフマガジン『Woman type』(長く仕事を続けたい女性に役立つ、キャリア・働き方・生き方の知恵を発信中)

【こちらの記事も読まれています】
年収400万円以上稼ぐ女がしている3つのこと
性格別!年収アップ方法とは?
自分ブランドを作るために大切なこと
クセのある上司への「的確な」対処法とは
給付金がもらえる人気の資格6選