Webデザイナーに役立つ資格

Webデザイナーとして稼ぐには資格は必要? 現役Webデザイナーが徹底解説
(画像=『さくマガ』より引用)

ここからはWebデザイナーが持っていると役に立つ資格について解説していきます。持っていたほうが良いとされる資格は6つあります。

  • Webデザイナー検定
  • ウェブデザイン技能検定
  • Webクリエイター能力認定試験
  • Adobe認定エキスパート(ACE)
  • Photoshop®︎クリエイター能力認定試験
  • Illustrator®︎クリエイター能力認定試験

これらについてひとつずつ解説していきます。

Webデザイナー検定

Webデザイナー検定は、公益財団法人 画像情報教育振興協会(CC-ARTS)がおこなっている検定試験です。

マークシートの試験で、コンセプトメイキング、デザイン、Webページの作成、テストや運用など、Webデザインに必要な知識を問う内容となっています。Webデザイナーはもちろん、Webプロデューサー、Webディレクター、Webプログラマーのスキルアップにも役立つ内容です。なお、検定にはベーシックとエキスパートの2種類があります。

Webデザイナー検定は国家資格のため、発注者側から最も信頼を得られる資格のひとつです。このため、プロフィールに添えておくことで、発注者側にスキルと意欲をアピールすることができます。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定は、特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会がおこなっている検定試験です。職業能力開発促進法第47条第1項の規定に基づき、厚生労働省より認定された検定試験です。検定には1~3級があります。

3級には受験のための条件がなく、難易度も高くありません。2級および1級は実務経験が必要な上に、ひとつ前の級に合格していることが条件となります。特に1級は非常に難易度が高い試験となっています。このため、未経験や実務経験がほとんどないWebデザイナーは、3級にチャレンジするのがよいでしょう。

Webデザイナー検定と同様にウェブデザイン技能検定は国家資格のため、発注者から信頼を得ることができる資格のひとつです。プロフィールに資格保有者だと提示することで、権威性をアピールすることができます。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験とはWebの標準に完全準拠したコーディングスキルを問う検定試験です。ワイヤーフレームを用いた主題など、実務を想定した試験内容となっています。サーティファイ Web利用・技術認定委員会が主催し、2005年より実施しています。

合格率は約90%と高く、難易度は低いといえます。そのため、Webデザイナー検定やウェブデザイン技能検定ほど信頼を高めてくれるものではないですが、Webデザインを学び始めたばかりならば、実績となるので取っておくことをオススメします。

Photoshop®︎クリエイター能力認定試験

Photoshop®︎クリエイター能力認定試験はサーティファイ ソフトウェア活用能力認定委員会が主催する認定試験です。試験内容は、問題で提示されたテーマや素材を用いて仕様に沿ったコンテンツを制作する能力を問うものです。認定基準にはスタンダードとエキスパートの2種類があります。

Photoshop®︎クリエイター能力認定試験の合格者は実務能力があることの証明になります。とくにエキスパートは上位クラスの資格のため、企業からは高い評価を得ることができます。

Illustrator®︎クリエイター能力認定試験

Illustrator®︎クリエイター能力認定試験は、DTPツール「Illustrator®︎」の実用能力を評価する認定試験です。Illustrator®︎を用い、DTPファイルやwebデザインパーツを作成し、コンテンツ制作スキルと問うものです。認定基準にはスタンダードとエキスパートの2種類があります。

llustrator®︎クリエイター能力認定試験の合格者は実務能力があることの証明になります。とくにエキスパートは上位クラスの資格のため、出版、印刷、広告業界からは高い評価を得ることができます。

まとめ:資格取得でWebデザインスキルをアピールしよう

Webデザイナーとして稼ぐには資格は必要? 現役Webデザイナーが徹底解説
(画像=『さくマガ』より引用)

この記事では、資格取得のメリットとおすすめの資格について紹介しました。

資格取得の最大のメリットは、自分の知識やスキルを客観的にアピールすることができる点です。資格を持っていなくても優秀なWebデザイナーは多くいますが、書類でアピールすることができるため、資格を取得しておくことをおすすめします。私は実際にいくつかの資格を取得していますが、資格を取得するための勉強ができるということで企業から高い評価を得たこともあります。

とはいえ、資格を取得したからWebデザイナーとして成功できるとは限りません。実務経験を積み重ねて、常にスキルアップをすることが重要です。

この記事があなたの役に立つことを祈っています。


提供・さくマガ(「やりたいこと」を「できる」に変えるWEBマガジン)

【こちらの記事も読まれています】
生産性向上の方法とは? 3つの具体的施策と2社の成功事例から考える
男性の育休について、男性育児休業取得率から考える
ブラック企業ものがたり。アンガーマネジメントを全て間違えてた課長
フレックスタイム制とは? さくらインターネットでの導入事例を紹介
パラレルキャリアとは? パラレルキャリアのメリットや実践での注意点を解説