Webデザイナーになりたいと考えている人、あるいは駆け出しWebデザイナーの中には「資格を取ったほうがよい」とお考えの人も多いのではないでしょうか? また、「Webデザイナーとして稼ぐために有利な資格は何だろう?」と疑問を持つ人もいるのではないでしょうか?

この記事では、

  • Webデザイナーが資格を取得するメリット
  • 資格を取得したら稼げるかどうか?
  • Webデザイナーにおすすめの資格

について紹介します。

Webデザイナーが資格を取得するメリット

Webデザイナーとして稼ぐには資格は必要? 現役Webデザイナーが徹底解説
(画像=『さくマガ』より引用)

結論を先に言うと、Webデザイナー未経験者、あるいは駆け出しのWebデザイナーが資格を取得することで、3つのメリットがあります。

その3つのメリットとは以下の通りです。

  • スキルを証明できる
  • 体系的にスキルを身につけることができる
  • 正確な情報を得ることができる

これについてひとつずつ解説していきますね。

メリット1 スキルを証明できる

ひとつめのメリットは、「自分の持っているスキルを証明できる」点です。

Webデザイナーとしての実績がほとんどない場合、そのスキルを証明することは難しいという問題に直面することでしょう。このような時に、Webデザインに関する資格を持っていると、そのスキルを客観的に証明することができます。また、クライアントに対して技術や知識を持っていることのアピールになりますし、クライアント側もあなたを判断しやすくなります。

メリット2 体系的に知識を身につけられる

2つ目のメリットは「体系的に知識を身につけることができる」点です。

Webデザインに関する情報は、ネット上に溢れています。しかし断片的な情報が多いため、体系的に学習することは難しいです。一方で、資格試験の勉強をすると、Webデザインに関して体系的な知識を身につけることができるので実践でも活用しやすくなるというメリットがあります。

メリット3 正確な情報を取得できる

3つ目のメリットは「正確な情報を取得できる」ことです。

資格試験の参考書や問題集は、Webデザインの専門家が監修しているため、最新の情報を正確に知ることができます。ネット上でも最新の情報を得ることができるのでは? と考える人もいると思いますが、古い情報がそのままになっていることが多いので注意が必要です。

Webデザイナーは資格があれば稼げるの?

Webデザイナーとして稼ぐには資格は必要? 現役Webデザイナーが徹底解説
(画像=『さくマガ』より引用)

では、資格があると未経験でもWebデザイナーとして稼ぐことができるのでしょうか?

結論を言うと、資格だけではWebデザイナーとして稼ぐことは難しいのが実情です。なぜなら、クライアントはWebデザイナーを評価するにあたり、実務経験や実績で評価することが多いためです。このため、「身につけたスキルを実務で活かすことができる」というアピールが必要です。

というのは、資格試験に出てくる問題は、実務に比べてはるかに簡単にした内容であることが一般的だからです。また、実務ではWebデザイン以外のスキルも求められます。

例えば、UI/UXの設計スキルはWebデザイナーには必須スキルのひとつです。メニューやボタンの配置、装飾など、ユーザビリティの良し悪しは、Webサービスの利用に大きく影響します。魅力的なWebサイトをデザインするためには、UI/UXの設計スキルを身につけておくことが大切です。