“スキル”ではなく“個性”を経済に変換する時代

だが、そんなふうに見ず知らずの人から必要とされるスキルを持っている人なんてごくわずか。多くの人にとってこうしたスキルシェアリングサービスはカスタマーとして利用するものでしかないと思いきや、岡本さんは「誰にでもセラーになれる可能性はある」と話す。

「確かにスキルシェアリングサービスと聞くと、何か特別なスキルがなければセラーにはなれないと思うかもしれません。でも、『REQU』で売買されるのは、“スキル”ではなく“個性”だと定義しています」

資格や実績に裏付けされた“スキル”ではなく、その人が持っている“個性”が商品になる。それが、コンセプトだと言う。

「私たちのベースにあるのは、個人の個性を価値にしていきたいという想い。自分では特に有益だと気付いていないけど、実は誰かの役に立つ情報って誰でも持っているはず。そうした個性を経済にすることが、『REQU』のミッションです」

例えば、岡本さんの趣味はピクニック。それも単にピクニックに出かけるだけでなく、オシャレな椅子やテーブルを用意したり、お花で飾ったり、参加した人のテンションが思わず上がる、キュートで華やかなピクニックに“盛る”ことに並々ならぬこだわりがあるのだそう。

半年で約1,000万の売上げを実現した一般女性も登場! “個性で稼ぐ”これからの生き方
(画像=『Woman type』より引用)
半年で約1,000万の売上げを実現した一般女性も登場! “個性で稼ぐ”これからの生き方
(画像=岡本さんのピクニックコーディネート、『Woman type』より引用)

「ある時、私のピクニック写真を見た会社の同僚が、『お金を払うから私のピクニックもコーディネートして』って言ってくれたことがありました。自分の中にある“好き”が、実は他の誰かにとってお金を払ってでも手に入れたいものであることって、実は十分にあり得る話。『REQU』を使うことで、まだ顕在化されていない自分の中にある価値を需要に変換することができるんです」

オシャレが好きならファッションコーディネート。絵を描くことが得意な人なら似顔絵。普通ならビジネスにつながるとは思えない趣味や特技がヒット商品となり、人気セラーとなる。ひと昔前なら夢物語にしか聞こえなかったそんなストーリーも、SNSの浸透した現代では十分に可能性のある話だ。

「好きなことにとことん執着することが価値につながるのが今の世の中。そして、好きなことを発信し続けることで、本業に役立つ面もあるんです」

例えば、セラーとして認知度を上げていくためには、自己プロデュース能力が不可欠。どうやったら自分の商品を多くの人に知ってもらえるか。多くのリクエストを集める人気セラーはどんな発信をしているのか。仮説と検証を繰り返すことで、徐々に基盤が形成される。こうしたPDCAをまわす力が、仕事において有用なことは説明不要だろう。

人から言われる「ありがとう」の数が幸せを左右する

副収入としてのメリットはもちろんあるが、『REQU』がもたらすメリットはお金だけではない。それ以上に、会社員生活だけでは味わえない喜びがセラーにはある。

半年で約1,000万の売上げを実現した一般女性も登場! “個性で稼ぐ”これからの生き方
(画像=『Woman type』より引用)

「一番はたくさんの人から『ありがとう』と言ってもらえること。誰かの役に立っていると思えば、それだけで頑張れますよね。『何のために働いているんだろう』ってふと立ち止まって考えたくなることって、仕事をしていれば誰にでもある。そんなとき、人から『ありがとう』と言ってもらえるだけで、自分は必要としてもらえるんだって気持ちになれる。そういう幸せな経済を『REQU』でつくりたいと思っています」

もちろん会社での仕事でも喜びを感じる場面はある。だが、どうしても「やって当たり前」と思われていたり、エンドユーザーと接する機会がなくて、自分の仕事がどう社会に貢献しているのか見えにくいことがあるのも現実だ。

好きなことを発信することで、知らない誰かが幸せになる。その感謝を直接感じることで自己肯定感を高める。会社員ではないバイネームの世界には、そんな幸せなスパイラルがある。

「『ありがとう』と人から言われる回数が、月に1回の人と100回の人。どちらが幸せかと言えば、年収や生活がどうであろうと、100回の人の方が幸せだと思います。普段なかなか仕事でそういう喜びを感じられない人にとって、『REQU』でのセラーが『ありがとう』を感じられる場になれたら嬉しいし、セラーが発信した情報でまたたくさんの人が幸せになれる。そういう幸せの連鎖を生み出していきたいんです」

副業元年と呼ばれた2018年が終わり、2019年は副業ライフの確立期。スキルではなく、自分の好きなことや個性を経済にするという『REQU』のマインドが、日本の副業に対する概念を変えていくのかもしれない。


提供・働く女のワーク&ライフマガジン『Woman type』(長く仕事を続けたい女性に役立つ、キャリア・働き方・生き方の知恵を発信中)

【こちらの記事も読まれています】
年収400万円以上稼ぐ女がしている3つのこと
性格別!年収アップ方法とは?
自分ブランドを作るために大切なこと
クセのある上司への「的確な」対処法とは
給付金がもらえる人気の資格6選