コロナ禍で突然増えた「おうち時間」。

ぽっかり空いた穴を埋めなければ、と、せっせと料理や家事に勤しんだり、本や映画に触れたり、勉強をしたり……気付けば心も体も休む間もなく忙しく過ごしている、という人は多いのではないだろうか。

暇さえあればスマホを見たり、仕事のことを考えてしまったり――。もはや「何もしないこと」に罪悪感すら抱いてしまう。

そこで「何もしない」をする、マインドフルネスの専門家に相談してみた。

「何もしない」が不安なので「何もしないをする」マインドフルネスの専門家に相談してみた
(画像=株式会社Melon 代表取締役CEO
橋本大佑さん
早稲田大学卒業後、シティグループ証券投資銀行本部を経て、米資産運用会社、オークツリー・キャピタル・マネジメントで日本株運用に携わる。15年間の外資金融でのキャリアの中で、マインドフルネス瞑想を継続し効果を実感。2019年に株式会社Melonを設立し、日本初のオンライン・マインドフルネスのプラットフォーム『MELON ONLINE』をスタート。法人向けのマインドフルネス研修やイベント登壇、個人向けの講演など各方面でマインドフルネスを広める活動を継続中、『Woman type』より引用)

「ついスマホに手が伸びる」生活は、人間にとって不自然なこと

――コロナ禍で余暇が増えたことで「何かしなきゃ」と焦ったり、不安に感じたりすることも増えました。あまり精神的によくないなと思うのですが……。

橋本さん:実はコロナ禍以前から、精神疾患の患者は増えています。健康志向の高まりや医療技術の進歩から身体的な疾患に罹る人は減っている一方で、うつや不安障害、気分障害などの疾患を抱える人は90年代後半以降、約2倍に増えているんです。

コロナ禍で個人のストレスは増える一方ですから、この傾向はさらに顕著になっていくのではないでしょうか。

――2倍も! それはどうしてなのでしょうか?

橋本さん:一言でいえば、スマホやPCなどの急速な普及による情報過多が原因でしょう。スマホのスクリーンタイム、確認したことありますか?

――はい。とんでもない数字で、自分でも驚きました……。

橋本さん:皆さん、きっと一日何時間もスマホを見ているのではないでしょうか。スマホを日常的に使いこなし、いわば依存した生活を送っているわけですから、当然のことです。

「何もしない」が不安なので「何もしないをする」マインドフルネスの専門家に相談してみた
(画像=『Woman type』より引用)

橋本さん:一方で、人間の体にとっては、一日中情報を浴びる生活はとても不自然なことなんです。

テクノロジーの進化の過程で体や脳の作りも変化すればよいのですが、そういうわけにはいきません。そのギャップが、メンタル不調として顕在化してしまっているのです。

そこで注目されているのが、マインドフルネスというわけです。

――「マインドフルネス=スピリチュアル」なイメージがありましたが、テクノロジーの進化による情報過多に対応するために必要な考え方なんですね。

自分の感覚をしっかりと認識すること=マインドフルネス

――ただ、よくないことだとは分かっているのですが、ついつい無意識にスマホに手が伸びてしまうんですよね……。

橋本さん:それがまさに「マインドフルネス」とは真逆の状態なんですよ。

ルーティンのように無意識に行動をするのではなく、自分の感覚をしっかりと認識すること。それが「マインドフルネス」なんです。

――「マインドフルネス」という言葉は最近よく耳にしますが、具体的にどういう状態なのか、いまいち分かりません。

橋本さん:堅苦しく考える方が多いのですが、実はそう難しいことではありません。

例えば温泉に入る瞬間、「ふぅ~」となりますよね。力が抜けて、温泉の温度や香り、お湯がツルツルしているのか、とろっとしているのかなど、五感全体を使って感じ取ります。

「何もしない」が不安なので「何もしないをする」マインドフルネスの専門家に相談してみた
(画像=『Woman type』より引用)

橋本さん:また、美味しいものを味わっているときもそうです。嗅覚や味覚などをフルに活用して楽しみますよね。それらがまさに「マインドフルネス」な状態なんです。

――なるほど。そう考えると、誰しも「マインドフルネス」な状態を経験しているのですね。マインドフルネスな状態でいると、どうして良いのでしょう?

橋本さん:皆さん、何かしら悩みや不安を抱えて生きていると思うのですが、それらから離れることができるようになるんです。

というのも、悩みや不安というのは目の前に実在するものではなく、頭の中だけに存在するものですよね。マインドフルネスの状態を長く保つことができれば、悩みや不安を感じることが少なくなる、ということなんです。

――将来の不安や悩みではなく、今に集中できるようになる、と。

橋本さん:はい。当社が運営するオンライン・マインドフルネス・プログラム『MELON』のレッスンを受けている方々にも、悩みを抱えている方が大勢いらっしゃいます。

自分自身の病気だったり、家庭の悩みや仕事の悩みだったりと、その内容はさまざまです。

「何もしない」が不安なので「何もしないをする」マインドフルネスの専門家に相談してみた
(画像=オンライン・マインドフルネス・プログラム『MELON』では、自宅でレッスンが受けられる、『Woman type』より引用)

橋本さん:もちろんレッスンによって病気を治すことや悩みのもとを取り去ることはできませんが、意識下において悩みから離れることはできるようになるんです。