アラサーってどういう意味?何歳からを表すものなの?25歳になったあたりから気になりだしますよね。アラサーの意味や、何歳から何歳までを表すかの定義、年齢別に起こる変化について徹底解説いたします。アラサー男性がモテる理由も探りますよ!

アラサーって何歳から?

アラサーって何歳から?意味や定義・年齢別の変化について徹底解説
(画像=『Lovely』より引用)

25歳ぐらいから気になり始める「アラサーって何歳から」問題。アラサーの定義は人それぞれで、時期によっても意識や起こる変化は異なります。アラサーの意味や定義から、アラサーの年齢別にどんな変化が起こるかまで見てみましょう。

アラサーの意味は「Around30」のこと

アラサーは、「Around30」の略。30歳前後という意味です。2000年代の半ばごろから使われ始めた言葉で、30歳が近づくとアラサーと呼ばれることが増えました。

30歳前後となると、ようやく仕事で一人前と認められるようになる時期でもあり、女性にとっては結婚適齢期でもあります。アラサーの響きとともに、人生を深く考えている人も多いのでは?

アラサーの定義は人によって違う

30歳前後といっても、アラサーの定義は人によって異なります。四捨五入で25歳以上34歳以下をアラサーとする意見もあれば、27歳から33歳、28歳から32歳をアラサーだと考える人もいます。

25歳になって「もうアラサーだね」と言われてもまだ早いような、急に老け込んだような気にもなりますね。一方でまだアラサーと言われたい34歳だっています。

「25~34歳」くらいの意見が多い

四捨五入で考え、アラサーを25歳から34歳までだと考える人が多いようです。30歳を中心とした10年間ですね。本記事では、アラサーを25~34歳と定義して話題を展開していきます。

ひと口にアラサーといっても、25歳と34歳では立場や経験すること、悩みや焦りの内容はかなり異なります。人生が充実していく時期でもあるので、自分らしく歩みたいですね!

【年齢別】アラサーを意識すると変化はある?

アラサーって何歳から?意味や定義・年齢別の変化について徹底解説
(画像=pixabay Photo byStockSnap、『Lovely』より引用)

25歳からは、アラサーを意識する時期。34歳までのそれぞれの時期ごとに、アラサーを意識してどんな変化があるのかチェックしてみましょう。将来への不安やファッションの変化、30歳になってみての気付きなど、さまざまなドラマが展開します。

【25~27歳】アラサーとは何歳からなのか気になる

25歳に入ると、「もしかして自分ももうアラサー?」と気になり始めます。アラサーは何歳からなのか、自分もアラサーなのか、調べてみた方も多いのでは?

25、26歳では、アラサーと聞いて「自分にはまだ早い」と感じるのが正直なところでしょう。27歳になると「もうアラサーなんだな」としみじみ感じてしまう人も多いはず。

【25~27歳】アラサーだと自覚すると将来が不安になってくる

25歳から27歳の時期に「自分もアラサーだ」と自覚すると、ふいに将来のことが不安になってきます。仕事でのポジション、そして恋愛や結婚のことなど、30歳の節目に向けて考えるべきことはたくさんありますね。

仕事ではまだ一人前とはいえない状態。女性には出産のリミットがあり、仕事で力を発揮しながらも結婚も意識するのは少し気が遠くなるという人も。

【25~27歳】アラサーということを認めたくない気持ちがある

少し前まで学生だったのに、社会に出て数年経ったらアラサー。「まだまだ若いのに!」と、アラサーであることを認めたくない気持ちがあるのもこの時期の特徴です。

急に老けてしまったような、若くいたいけれど大人にならなくてはいけないような、なんとも複雑な気持ちもありますね。26歳、27歳の誕生日は素直に喜べない心境です。

【28~29歳】アラサーの自覚が大きくなる

あと1、2年で30歳。アラサーの自覚が大きくなるのがこの時期です。とはいえ自信を持って「歳相応に生きてきた」と言える人は少ないはず。

「仕事でもまだまだだし、恋愛もうまくいっていないのに結婚だなんて…」と、急に自己肯定感が下がる傾向にあるのもこの時期の特徴です。周囲の同じアラサーと比較して自信をなくす人もいますね。

【28~29歳】結婚願望や将来への不安が大きくなる

若さというアドバンテージ、そして出産のことを考えると、20代のうちに結婚したいと考える女性は多いです。「30歳を過ぎたら結婚できなくなるのでは?」との焦りから、結婚願望が強くなるのがこの時期。

仕事を結婚後も続けていけるかなど、トータルでの将来設計で悩みが大きくなる時期でもあります。職場で責任ある立場につく人も出始めますね。

【28~29歳】服装やメイクの変化が出てくる

20代らしい服装やメイクから、大人のファッションやメイクが似合うようになるのがこの時期です。落ち着いた色合いや、大ぶりなアイテムなど、かつては似合わなかったものにチャレンジ。おしゃれがあらためて楽しくなります。

若い時期の服装やメイクが似合わなくなったと感じ、アラサー向けのファッションを取り入れ始める人もいるでしょう。

【30歳】アラサーという事を気にしなくなる

いざ30歳に突入すると、意外にアラサーだということが気にならなくなるもの。29歳のときまでは「30歳なんて嫌だな」と思っていても、30歳になってしまえばいい意味で解放され、スッキリします。

周りを見てみても、30代らしい人もいれば、20代と変わらず若々しい人もいて、アラサーといっても人それぞれ、と余裕を持って眺められますね。

【30歳】自分が想像していた30歳とかけ離れていることに気が付く

30歳になってみて、「自分が想像していたのと違った」と感じる人が多いのもまた事実です。「もっと落ち着いているかと思ったけれど気分はまだ20代」「そんなに大きな変化でもなかった」という様子で。

「30歳なんてもうおばさん」とネガティブに考えていた人でも、「今の30歳なんて実は若い」と気付きます。30代での目標など、新たな展望も開けてきますね。

【31~32歳】世間的にアラサーなのか疑問になる

30歳を過ぎると、自分をアラサーと呼んでもいいのか疑問に思い始めます。20代の後半もアラサーなので、31歳、32歳で「アラサーです」と言うのは、若く見せようとしているようにも思えてしまいますね。

アラサーを名乗るのは図々しいのではないか?とためらう人も。かといって「30代です」では、まだ序盤なのでしっくりきません。

【31~32歳】体力や肌の衰えをひしひしと感じる

女性の厄年は33歳。厄年は身体の曲がり角にあたる時期だとも言われていますね。30歳を過ぎたばかりのこの時期は、徐々に体力や肌質の衰えを感じることも多いです。

20代では徹夜で遊んだり仕事を乗り切ったりできていた人でも、無理がきかなくなったことに気付くはず。お肌も乾燥しがちになったり、小ジワが出るようになったりと変化が出ます。

【33~34歳】精神的に落ち着き周りが気にならなくなる

アラサーも終盤にさしかかる33歳から34歳。すっかり精神的に落ち着いて、周囲と比較して右往左往することも少なくなります。

いろいろな人がいることも経験で知っており、「人は人、自分は自分」と割り切って自分の人生を充実させようと日々努力。仕事で責任あるポジションに就く人もいれば、結婚・出産を経て子育てに励む人もいます。

【33~34歳】独身の場合は焦りが大きくなる

アラサーの時期が終わろうとしていて独身だと、「これでよかったのかな?」と焦りを感じる人も。迷わず仕事に身を捧げてきた人でも、結婚し出産した周りの女性を見て「こういう幸せもあったかもしれない」と感じます。

アラフォーになる前に結婚しないとハードルがどんどん上がるのも、焦りの原因に。アラサーのうちにと、この時期に婚活を始める人もいます。