コロナの影響で家にいる時間が長くなった人の中には、毎月の光熱費が急に高くなってびっくりしたという人もいるのではないでしょうか。住んでいる地域や家族構成によっても差はありますが、5,000円を大きく超えるようであれば水道代は高めかもしれません。水道代が高くなるNG行動をいくつかご紹介するので、心当たりがないかチェックしてみてくださいね。

洗濯物をこまめに洗う

洗濯するなら、「まとめ洗い」の方がお得です。資源エネルギー庁の試算によると、容量6㎏の洗濯機で4割ほど入れて回すのと、8割ほどにして回数を半減させるのとでは、電気と水道あわせて年間4,000円近い差が出ます。ちなみに衣類乾燥機も「こまめ」より「まとめて」の方がお得です。

詳細はこちら。

シャワーを出しっぱなしで使う

次に気をつけたいのが、シャワーの使い方です。頭や体を洗うときにシャワーから水を出したままにする人は、意外と多いのではないでしょうか。実はこれも、水道代が高くなる原因の一つです。 シャワーを15分間出したままにしておくと、約180リットルの水を使います。もし、頭や体を洗うときにこまめに水を止めるようにすれば、使用する時間は5分ほどで済み、水の使用量も3分の1になるでしょう。そのほか、節水効果のあるシャワーヘッドを使うのもおすすめです。

詳細はこちら。

水を流しっぱなしで食器を洗う

水を流しっぱなしで食器を洗うのは、水道代の無駄になります。5分間流すだけでも約60Lもの水を使うことになるのです。

これを洗い桶を用意してそこに水を溜めて洗えば、水道代を節約できてとても効率的です。茶碗に付いたようなご飯粒のかけらなどは、時間が経つと、かちかちにこびりつきます。

このような頑固な汚れは、数分の間水に浸けておくと、楽に汚れが取れるようになります。油汚れでないこびりついた汚れは、水に浸けてから洗うとすぐ落ちるようになります。

詳細はこちら。

賢く節約して水道代をお得に

水道代は日頃の心がけで節約することが可能です。ただし、無理して節約しようとすると、なかなか続けられなかったり、不衛生な環境で体調を崩すなど逆効果になってしまうことも。毎日使うものだからこそ、楽に続けられる方法を見つけて、賢く節約してくださいね。

文・fuelle編集部

【こちらの記事も読まれています】
苦しくない、続く「節約術」まとめ
40代シングル女性のリアル貯蓄と節約
一人暮らしから大家族までできる10の節約貯金術
節約して一人暮らしアラフォーライフを満喫するには?
効率よく100万貯める節約生活12ポイント