(本記事は、三木 雄信氏の著書『孫社長のYESを10秒で連発した 瞬速プレゼン』すばる舎の中から一部を抜粋・編集しています)

「横のコミュニケーション」を高速化する

孫社長の秘書を経て、社長室長になった私は、いくつもの大型案件でプロジェクトマネジャーを任されました。

マイクロソフトとのジョイントベンチャーである「カーポイント(現・カービュー)」の立ち上げ、証券取引所の「ナスダック・ジャパン」の開設、日本債券信用銀行(現・あおぞら銀行)の買収など、いずれも困難ながらやりがいのある仕事でした。

なかでもADSL事業「Yahoo! BB」のプロジェクトは、私が社長室を離れて事業そのものに専念した(させられた)思い入れの深い案件です。

ADSL事業は、孫社長がソフトバンクの命運をかけて勝負に打って出た大型事業だっただけに、プロジェクトに関わった人間の数も膨大でした。

コールセンターで働く派遣社員やアルバイト、協力会社である代理店のスタッフなども含めれば、私の部下は1万人近くいたことになります。

これだけ多くの人間を動かし、孫社長が目指すゴールを達成できたのはなぜか。

それは、私が「瞬速プレゼン」の技術を駆使したからです。

そもそもプロジェクトマネジャーの役割は何かと言えば、「コミュニケーションの調整役」に尽きます。

ひと昔前までは、社内の一部門だけで完結する仕事も多く、組織のピラミッドの中で上下関係に従っていれば意思決定ができました。

しかし現在は、ITの進化やコンプライアンスの強化によって、どんな仕事でも専門スキルを持った人の協力が不可欠となりました。

その結果、ひとつの仕事に社内のさまざまな部門やグループが関わるようになり、さらには外部の会社や個人と共同でおこなう事業や案件も増えました。

つまり、昔に比べて「横のコミュニケーション」が増えているのです。

しかも、所属する組織が違えば、使う言葉の定義も違います。

同じ会社の同じ部署にいる者同士なら、あうんの呼吸で理解できることも、外部の人間には何度説明してもわかってもらえなかったり、誤解が生じたりしがちです。

コミュニケーションに時間がかかれば、当然プロジェクトもどんどん遅れます。

時代の変化とともにコミュニケーションが複雑化する中、短期間で成果を上げるには、誰かが情報を円滑に回すための仕組みを作り出す必要があります。

それこそが、プロジェクトマネジャーの役割なのです。