(本記事は、山田 実希憲氏の著書『年収が上がる転職 下がる転職』すばる舎の中から一部を抜粋・編集しています)

どう始める?転職活動

全てのビジネスパーソンに役立つ転職活動

私は転職エージェントとしてこれまでに5千人を超える方の転職支援を行わせていただきました。

しかし、やみくもに転職を勧めてはいません。

転職を考えるから相談にいらっしゃるわけですし、今の仕事にすべて満足している人は少ないのかもしれませんが、転職したからと言ってすべて満足に変わっていくわけではないからです。

ただ、転職するしないを別問題として、転職活動は全てのビジネスパーソンが始めるべきだと思っています。

それは、転職を検討しなさいということではなくて、自分を他者に伝えるために、転職活動は自分と向き合う、言い方を換えれば、自分を客観視しながらキャリアと向き合う絶好の機会になるからです。

「やり方」以前に不可欠な「キャリアの棚卸し」

さて、この本を手に取ってくれたあなたは、転職活動のはじめ方を知っていますか?

そもそも転職活動というと、どういった活動をイメージするでしょうか。

友人・知人への相談、リクナビNEXTやDODAといった転職サイトへの登録、履歴書・職務経歴書の作成、求人情報の収集、転職エージェントとの面談、企業との面接などが想像できるかと思います。

それぞれの具体的な活動内容についてのアドバイスは後述しますが、とにかくこれらの活動が日常的に行っている活動ではないことは間違いありません。

そして、これらの活動には前提として以下のことを把握することが欠かせません。

・自分が普段、どういった仕事をしているのか
・これから働き方をどうしていきたいのか
・自分を知らない人に、自分をどう紹介するのか

転職活動には、自分はどんな人間で、どんな経験をしてきたのかを他人に伝えることが不可欠です。

そのためには自分を知らなくてはならないのですが、いざ考えてみると、実はその自分をよく知らないことに気づかされます。

転職活動を始めるとぶつかる、「キャリアの棚卸し」と言われる壁です。

自分がやってきた仕事や実績を伝えるということは、数年~数十年分のキャリアを伝えるということです。

当然の話ですが、そのまま伝えたらどれほどの時間がかかるかわかりませんし、より明快に伝わるよう、整理してわかりやすくまとめる必要があります。

うまくいった経験やうまくいかなかった経験も含めて、過去の実績を整理していくことで、自分は何ができる人であるかをまとめます。

その上で自分がやりたいと思っていること、過去の経験から再現性のある職務としてできることが見えてきます。

例えば、営業の仕事をしていたとして、過去の実績を数字で表現してもらうと、達成したかどうかは見えてきます。

しかし100人中90人が達成しているケースもあれば、100人中10人しか達成していないケースもありますし、キャリアの棚卸しとして考えると情報として物足りません。

その実績は、ただ商品やサービスが良かったから達成できたものなのでしょうか。

達成したいと強く思った気持ちや、どうしたら契約になるかを考え、実行した経緯など、実績につながった要因を掘り下げてみましょう。

お客様の本当のニーズの取得、顧客目線で考え抜いたプレゼン資料の作成、周囲を巻き込んで協力要請を行うなど、実績につなげるための思いと行動こそが、自分がやってきたこと、できることになります。

これは必ずしも飛びぬけた営業実績が出なかった経験であっても、同じことが言えます。

契約にならなかった理由を振り返ったのかどうか、その振り返りを行動として次に活かしたのかどうか、それがやってきたことです。

結果が出た人、出なかった人で終わらせず、どういう気持ちと行動で結果に結びつけた人か、これこそが再現性のある経験と実績だと言えます。

私が過去にお会いした中には、断られ続けてもアプローチし続けられる強さを持った人、トップセールスマンになりたくて社内のトップセールスマンの動きを観察し続けた人、他社と製品で差がつかないので売る人で差をつけようと努力を重ねた人など、たくさんのストーリーを聞いてきました。

その人たちは、実績につながった自分の思いや行動をしっかりと細分化して、具体的に振り返ったことで、次のやりたいことも明確になっていきました。

事実と気持ちの部分を分けて考えると、自分が充実感を感じるポイントに気づきやすいです。