30代になってからの恋愛には、悩みが尽きないもの。仕事が中心の日々で、結婚も視野に入れながら、どのように恋愛を進めたらいいのでしょうか。新たな恋愛の進め方や、30代で恋愛経験ゼロからの恋人の作り方もじっくり解説いたします。

30代の恋愛って難しい

30代の恋愛事情!大人の恋愛の進め方や恋愛経験ゼロからの恋人の作り方も教えます
(画像=pixabay Photo byRyanMcGuire、『Lovely』より引用)

好きな人ができない、気付いたら恋愛をしてこなかった、結婚を意識して踏み切れないなど。30代の恋愛には悩みが尽きないものですね。20代のときと比べて臆病になっている人もいるでしょう。30代の恋愛の進め方を解説していきます!

30代の恋愛の悩みは3つに分けられる

30代の恋愛事情!大人の恋愛の進め方や恋愛経験ゼロからの恋人の作り方も教えます
(画像=pixabay Photo byFree-Photos、『Lovely』より引用)

30代の恋愛は難しい…。どんなポイントでひっかかってしまうのか、30代の恋愛の悩みは3種類に大別することができます。結婚を視野に入れて臆病になるケース、仕事モードで恋愛から遠ざかっていたケース、30代まで恋愛経験が乏しかったケースです。

恋愛に対し臆病になっている

恋愛に積極的になれず、臆病になってしまう悩みは30代に多いもの。振られるのが怖くてアプローチできなかったり、恋愛をしている自分を恥ずかしいと思ってしまったりします。

30代ということで、恋愛と結婚を結びつけて考え、慎重になりすぎるのも臆病になる原因に。結婚できる人、結婚したい人をいきなり見つけようとするため、ハードルが上がってしまいます。

恋愛から遠ざかっている

10代や20代前半ぐらいまでは恋愛をしていたものの、仕事に集中していて恋愛から遠ざかっていたらあっという間に30代。恋愛が久しぶりで、どうしたらいいかわからないという悩みもありますね。

恋愛のキュンとする気持ちを忘れてしまっていたり、異性と出会っても仕事モードで話してしまって恋愛の雰囲気にならなかったりというのも、30代ならではの悩みです。

恋愛経験がないなど恋愛が下手

恋愛経験がそれほどないまま30代となり、どう恋愛したらいいかわからないという悩みも。異性と交際した経験を持たず30代になる人も、今は珍しくはありません。

経験が少ないため恋愛で自信が持てなかったり、そもそも異性として見てもらえなかったり。付き合うに至っても相手に尽くしすぎ、重いと思われて失敗するケースもあります。

恋愛に憶病になっている30代の恋の進め方

30代の恋愛事情!大人の恋愛の進め方や恋愛経験ゼロからの恋人の作り方も教えます
(画像=pixabay Photo byRyanMcGuire、『Lovely』より引用)

恋愛に臆病になっているタイプの30代は、どう恋愛を進めていったらいいのでしょうか?気になる人には食事に気軽に誘い、いい感じの相手とは2回、3回のデートを重ねて見極めてみましょう。最初から完璧な恋愛を求めないこともカギに。

恋愛と仕事のプライドを同じにしない

30代となると仕事ではキャリアを積み、後輩もできて指導もする立場。そんな自分に気になる人ができても、「振られたら怖い」「いい年してドキドキとかカッコ悪い」と恋愛に踏み切れないのではもったいないです。

恋愛に失敗も恥ずかしいもありません。好きな人と一緒にいたい、恋愛でうまくいきたいなら、まず一歩を踏み出さないと何も始まりませんよ。

食事を誘うことに慎重にならない

食事に行く=付き合うではありません。気になる人を食事を誘うのは、あなたが思うよりもっと気軽に考えてOKです。どんな人かをもうちょっと知るのが、食事に誘う目的。

いきなり2人きりで食事ではなく、何人かでの食事に誘うのでもいいですね。食事に誘ってみてOKなら、「じゃ、連絡したいからLINE交換しよう」と提案できます。

結婚相手にふさわしいか考える前に2回デートに行ってみる

30代になると結婚がチラつき始めて、「この人との結婚はどうだろう」と当初から結婚相手として判断してからアプローチを考えていませんか?それではなかなか恋愛をスタートできません。

付き合う前にとりあえず2回はデートに行ってみましょう。それから恋愛に発展させるかどうかを考えてみましょう。あなたが思っている以上に、いい人かもしれませんよ。

相手を加点方式で見ていく

あの人のココがダメ、この点が残念…、と減点方式で異性を見ていては結婚相手になかなか巡り会えません。減点方式ではなく、加点方式で相手を見ていきましょう。

あなたにも欠点があるように、相手にも欠点はあり、あなたが判断するだけでなく、相手もあなたを判断しています。であればこそ、相手のいいところを見て喜べるスタンスで、相手との仲を深めたいですね。

20代にはできないオシャレや大人の余裕で勝負する

若くて何でも可愛く・かっこよく決まった20代とは違うし…、と卑屈になることなかれ!30代だからこそできるオシャレがあります。手軽にできる美容方法もありますね。

30代には、20代にはない大人の余裕もあります。頼られ上手なところで年下に魅力をアピールすることもできますし、落ち着いた大人同士として年上の異性との恋愛を楽しむこともできますよ。

「こんないい人とうまくいくわけがない」と思うなら3回デートする

過去にダメ男に引っ掛かったり、気まぐれな女性に振り回されたり。恋愛にトラウマがあると、素敵な異性に巡り合えても「この人もダメなのでは?」と疑ってしまい、せっかくのチャンスを棒に振ることに。

もし相手を信じられないなら、3回デートをして見極めてみてください。そもそも3回デートしてくれるなら脈ありです。3回の間はキスもエッチもNG、ただ見極めるだけなら安全です。

何もしない気楽さから卒業する

恋愛でいいなと思う人ができても、会話は相手任せ、デートも相手任せ。その結果振られてしまい、「相手の考えていることがわからない」と臆病になってはいませんか?

自分からアクションを起こさないことはとても楽ですが、恋愛ではその真逆の姿勢が求められます。自分も相手も自分からコミュニケーションを取り、行動するもの。恋愛をしたいなら、それを意識してみてください。

恋愛から遠ざかっている30代の恋の進め方

30代の恋愛事情!大人の恋愛の進め方や恋愛経験ゼロからの恋人の作り方も教えます
(画像=『Lovely』より引用)

恋愛から遠ざかってしまった30代が再び恋愛を楽しむには、どうすればいいのでしょうか。恋愛のキュンキュンする感覚を取り戻すためのトレーニングも有効。出会いのチャンスを増やし、異性に自分の甘えを見せるのも恋愛復帰への糸口になりますよ。

ときめきを忘れてしまったら週1キュントレをスタート!

異性へのときめきを忘れたら、トレーニングで恋愛の感覚を思い出しましょう。まずは一日しっかりと休むこと。恋愛に本腰を入れられないのは、休日でも仕事のことがよぎるなども原因かもしれません。

週に1日は仕事のことを考えず休んで、恋愛ドラマや小説などでキュンとする感覚を思い出します。感覚を思い出したら、友達でもOKなので誰か異性と食事に出かけてみましょう。

素敵だと思える人に出会わないなら出会うチャンスを増やす

家と会社の往復では出会う人も限られます。身近に恋愛したいと思えるような素敵な人がいないなら、合コンや習い事、サークルなどに足を運び、出会いのきっかけを増やしましょう。

コロナ禍の今は、マッチングアプリなども出会う手段として挙げられます。ネットでの出会いに不安がある人も多いかもしれませんが、評判の高いアプリで安全に出会うこともできます。

異性に対して何か一つ頼みごとをしてみる

「恋愛モードじゃない」という人は仕事の時間が長く、プライベートも含めて24時間仕事モードの自分で人と接していませんか?

異性に対して、「ちょっと話を聞いてくれる?」「この荷物持ってもらえる?」「ランチ一緒に行かない?」など頼みごとをして、自分の甘えを出してみましょう。人にちょっと甘えてみることで、素の自分が戻ってきますよ。

恋愛はときめかなくてもOK

出会う異性にときめかないから恋愛できない、というのは思い込みかも。30代の恋愛で、結婚も視野に入れるならときめかなくても十分にOKです。

30代以降の恋愛で大事なのは、「安心感」「考え方が合う」「誠実」「まじめな話ができるか」など。結婚相手を選ぶ視点としてもこれらは大事です。そばにいる心地よさを手放さないようにしたいですね。