知っておきたいペイオフ対策とは?

複数の金融機関で口座を分けることはペイオフ対策としても効果的です。ペイオフとは、万一お金を預けている銀行が破たんしても、1金融機関1預金者あたり1,000万円までと利息などが保護される制度です。しかし、1,000万円を超えた金額については保護されません。

そのため、1つの銀行で1,000万円貯まった場合には、ペイオフ対策として口座を分ける人がたくさんいます。初めから目的に応じて3つの口座を使い分けておくことは、将来のペイオフ対策としても効果的なのです。

3つの口座を使い分けて預金を仕組み化する

毎月どれぐらいの収入があり、生活費はどれぐらい使い、預金残高はいくらなのか。それが分かっているだけで、生活の仕方やお金の使い方は大きく変わります。

3つの口座に役割を持たせ、残高を管理していくことで効率的に貯蓄ができるのです。お金が貯まりやすい合理的な仕組みを構築することが何より大切です。家計簿をつける時間がない人でもお金を貯められる方法なのでこの機会に積極的に活用してみましょう。

提供・UpU

【こちらの記事もおすすめ】
豊かな老後のためにすべき3つのこと
アラフォー女性のための幸せ貯金計画
お金が貯まる5つのコツ
貯まらない女子「3つの言い訳」対処法
「お金がない時」5つのNG行動