いろいろな部署から取り上げてほしいと依頼が

ーーオウンドメディア運営でうれしかったことを教えてください。

社内で評価されてきたのは、純粋にうれしいです。はじめたばかりの頃は「デジタルマーケティングって何なの?」「オウンドメディアって何なの?」という状況で、会議資料をいくつも作って何度も何度も会議で説明した記憶があります。

地道に説明を続けてきたことで、だいぶ理解してもらえるようになりました。いまではいろいろな部署から取り上げてほしいといった依頼が来るようになったのは、うれしいですね。入社当時と比べて、会社全体の雰囲気も開放的になってきたと感じています。

オウンドメディア・広報・マーケティングの事例として取材していただく機会が増えたのもうれしいです。幅広いジャンルのメーカーさんやクリエイターさんとのつながりが増えていくのも面白いですね。

ーー「となりのカインズさん」で清水さんおすすめの記事を教えてください。

「おしえて!ホームセンター先輩」ですね。これはくらしの知識がなさすぎる株式会社おくりバント社長・高山洋平さんが、さまざまな分野の“ホームセンター先輩”たちと一緒に、カインズの売場で遊びながら、くらしのスキルを上げていくシリーズです。

カインズのデジタル戦略「となりのカインズさん」について創刊編集長に聞く
(画像=(おしえて!ホームセンター先輩)、『さくマガ』より引用)

ーー高山さんはキャラが立っていておもしろいですよね。清水さんは今後オウンドメディア全体の流れとしてはどのようになっていくと思いますか?

一般的なメディアとオウンドメディアの境界線はもっと曖昧になっていくのではないでしょうか。極端な話「となりのカインズさん」がニュース報道を開始してもいいわけですし、広告収入や購読費を得てもいいわけです。ジャンルごとに専門メディアをつくったっていい。

カインズ全体を巨大なメディアとして再定義すれば、リアルとデジタルを含めた読者へのタッチポイントは、そこそこの規模の一般メディアにも匹敵します。今後も新たにオウンドメディアを立ち上げる企業もあれば、逆に閉鎖する企業もあると思いますが、要するに投資する価値があるかないかにつきると思います。

一般的なオウンドメディアは売上効果が出なかったら、真っ先に予算を減らされる対象です。だから、オウンドメディアの責任者は、社内の誰よりも数字に敏感でないといけません。こういうことを言うと顰蹙(ひんしゅく)を買うかもですが、つねに閉鎖をおでこに突き付けられ、毎日、顔を殴られているような感じで運営していますので、ふつうに数字だけを追うマーケティングを担当していたほうが気楽だったりします。

周りから「すごい伸びてるね。バズってるね」と言われても、私自身はオウンドメディアに対して、社内でいちばん残酷かつ冷酷な目で見ていかなければならないと思っています。

ーーわかります。オウンドメディアの運営はキツいですよね。サイトを見ていて気になったのですが、最近「となりのカインズさん」に会員機能が付きました。この狙いはなんでしょうか?

「とりあえずやってみる」というノリですね。エンジニアと話している時に会員機能の話が出たので、「やろうか」「やっちゃおうよ」という感じで一週間後にはエンジニア一人で実装を完了しました。会員登録すると、限定のコンテンツを読めるようになったり、プレゼントキャンペーンやイベントの告知、メールマガジンなどを受け取れます。

いまのカインズは経営層のメッセージが明確に発信されているので、それに適した内容であれば現場判断ですぐに実行できます。それがデジタル組織の強みになっていると思います。

清水さんの「やりたいこと」

カインズのデジタル戦略「となりのカインズさん」について創刊編集長に聞く
(画像=『さくマガ』より引用)

ーーさくマガのコンセプトが「やりたいことをできるに変える」なのですが、清水さんが「となりのカインズさん」で今後やりたいと思っていること、それをできるに変えるために努力していることを教えてください。

オウンドメディアの常識を変えていきたいです。あまり”オウンドメディア”と呼ばれること自体が好きじゃないんですよ。デジタルマーケティング業界では端っこの存在だし、一般メディアと比べれば自由がきかないからグロースしにくい(笑)。

やっぱりオウンドメディアは周辺施策によって生かされるので、オウンドメディアという既成概念の枠を越えていく必要があると思っています。「となりのカインズさん」は、その可能性を秘めていると思っています。

あとはカインズの社名の由来にもなっていますが「Kindness」を意識していきたいです。

”カインズのため”というよりは、”お客さまのため””クリエイターさんのため””メーカーさんのため”、そして何よりも”社会のため”に仕事をしていきたいですね。

儲かるためとか、PV数とか数字を追いすぎてもダメだと思っています。実店舗と同様、絆が大事だと思っています。これはコンバージョン獲得だけが目的で運営していないから許されることです。

やりたいことをやるためには、他部署とのコミュニケーションを気軽にとるようにしています。やることなすこと前例がないという状況で、いつも調整に苦労しますが、怒られない範囲を徐々に広げていくのも仕事だったりします(笑)。

個人的な想いとしては、今後は建設業の魅力を「となりのカインズさん」でも一般世間に向けて伝えていきたいと思っています。

建設業界の情報は、業界内部に閉じてしまう傾向が強いので、それをもっと外部に伝えていきたいです。ホームセンターと建設業は密接な関係にありますから、さまざまなシナジー効果をうみ出せるはずです。

2011年3月11日に東日本大震災がありましたが、その復興支援事業に携わっていたこともあるので、被災地における建設関係者のみなさんの献身的な姿勢に心を打たれました。

建設業界への恩返しと言っては大袈裟ですが、建設業を盛り上げていきたいという気持ちは常に持っています。リモート会議の背景もご覧の通り、架空の「カインズ建設」です。これは作業服の刺繍サービスの見本を撮影したものなんですが、建設業界への愛着があるんですよね。

建設業だけでなく農業、地域創生などの社会的課題にも、「となりのカインズさん」を通じてアプローチしていきたいと考えています。

あとは、オウンドメディアの運営で困っている企業さんがいれば、大きな組織の中で「となりのカインズさん」を短期間で立ち上げたノウハウを活用して、コンサルティングのサービスを提供していってもいいのかな、なんて思っています(笑)。


提供・さくマガ(「やりたいこと」を「できる」に変えるWEBマガジン)

【こちらの記事も読まれています】
生産性向上の方法とは? 3つの具体的施策と2社の成功事例から考える
男性の育休について、男性育児休業取得率から考える
ブラック企業ものがたり。アンガーマネジメントを全て間違えてた課長
フレックスタイム制とは? さくらインターネットでの導入事例を紹介
パラレルキャリアとは? パラレルキャリアのメリットや実践での注意点を解説