子供や家族の健康のために部屋の換気が大事なのは分かっていても、どのようなタイミングでどれくらい行うのか、分からないという人も多いのではないでしょうか。そこで、部屋の換気が大事な理由と換気のやり方、そして換気にまつわる素朴な質問をまとめてみました。

家や部屋の換気が大切な理由とは?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

家の室内の空気には、さまざまな物質が浮遊しています。閉め切っていると、ハウスダストと呼ばれるカビやダニ、風邪やインフルエンザのウィルスなど多くの有害物質が部屋中に漂うことになります。特にノロウィルスのような空気感染するウィルスは、外へ排出しない限り感染拡大の可能性が高くなるため、換気は非常に大切な行為と言えます。

乳幼児は抵抗力が弱いため、小さな赤ちゃんがいる場合は特に部屋の中にウィルスを滞留させたくないですよね。また、部屋の中にはあらゆるアレルゲン(アレルギーの原因物質)や埃も漂っています。乳幼児は免疫系統がまだ不完全なため、さまざまな物質の刺激をダイレクトに受けてしまうので注意が必要です。アレルギーや喘息を引き起こす可能性があるハウスダストを除去するためにも換気は必要不可欠と言えます。

部屋の換気をするメリットとは?

部屋の換気の必要性について述べましたが、具体的に換気にはどのような作用があるのでしょうか。次に、部屋の換気をするメリットをご説明します。

  • 新しい空気を取り込む
  • 室内の有害物質を排出する
  • 臭いを排出する
  • こもった湿気を逃がす
  • 室温を調節する
  • リフレッシュ効果がある

部屋の換気には、健康面に直接関わる部分に多くの効果があります。小さな赤ちゃんがいる場合、どうしても室内で過ごす時間は長くなりますよね。一日の大半を過ごす環境を、より衛生的に保つために部屋の換気は非常に大切な行為なのです。

部屋の換気の方法

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

部屋の換気には効果的で正しい方法があるのですが、意外と把握していない方も多いですよね。また、部屋の形状や仕様は住宅によって異なるため、換気のコツもそれぞれ違います。それでは部屋の換気の効果的な方法をご紹介します。

部屋の換気方法1:窓が2ヶ所以上ある部屋

窓が同じ空間の中に2ヶ所(もしくはそれ以上)あるのが一般的な住宅の造りですが、この場合は比較的簡単に換気することができます。部屋の換気には空気の流れを作ることが重要なので、対角に位置する窓を開けるようにしましょう。窓は5センチ~15センチほど開けてあれば十分です。対角に窓が無い場合は、扇風機や換気扇などを使って空気を回すと効果的です。

部屋の換気方法2:窓が1ヶ所の部屋

窓が1ヶ所しかない場合は、部屋のドアも開け、更にその先の窓や玄関を利用することになります。換気には空気の流れを作る必要があるので、窓を開けたら部屋のドアも開け、対角に位置する部屋の窓や、玄関を開けて空気を通しましょう。こちらも、対角線上に出口が無い場合や玄関を開けたくない場合は、換気扇の使用がおすすめです。

部屋の換気方法3:窓がない部屋

少し珍しいですが、窓がない部屋もありますよね。近年の住宅は、24時間換気システムの設置が義務付けられているので、窓がなくても給気口や排気口から換気されることが多いのですが、そうでない場合は部屋のドアを開放するしかありません。部屋のドアを開け、別の部屋の窓や玄関を開けて外気を取り込みましょう。そのままでは空気が流れ込みにくいので換気扇や扇風機、サーキュレーターを活用する必要があります。

部屋の換気にまつわるQ&A

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

換気と一言で言っても、所要時間や頻度、時間帯にタイミングなど気になる部分も多いですよね。続いては、部屋の換気にまつわる疑問についてご説明します。

部屋を換気する時間はどのくらいが理想?

基本的な部屋の換気の方法については前章で述べましたが、一体どれくらいの時間行えば良いのでしょうか。実は、部屋の換気は想像以上に短時間で済みます。よほど広い部屋で無い限り、換気時間は5分前後で十分と言われています。

部屋を換気する頻度はどのくらいがいいの?

部屋の換気の頻度ですが、2時間に1回程度で、朝から夕方までに4~5回が理想的とされています。赤ちゃんがいる場合、室温の変化や外の騒音などでこのペースは難しいこともありますが、無理のない範囲で数時間ごとに換気するようにしましょう。

部屋を換気するタイミングはいつがベスト?

換気に最も適しているタイミングは朝と言われています。朝は、夜の間にこもった部屋の空気を入れ替えるために最低限、換気しておきたいですね。その後は、湿度が低いと言われるお昼過ぎ~夕方の時間帯に数回換気するとより効果的でしょう。

空気清浄機やエアコン使用時は

エアコンを使う際、室温の調節と換気も兼ねていると考えがちですが、実はエアコンには換気の機能はありません。「室外機があるのになんで?」と思いますよね。室外機は空気の排出機能のみで、外気を取り込んでいるわけではないのです。また、空気清浄機も同様に、室内の空気を濾過して綺麗にしていますが、新しい空気を取り込む機能はありません。つまり、エアコンや空気清浄機を使っていても換気したことにはならないので、窓を開けてしっかり空気を循環させることが大切です。