※『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』のネタバレは含みませんので、ご安心ください。

エヴァ完結から見える、仕事の終わらせることの大切さ

エヴァンゲリオンが終わった。「完結」と謳われていたが、こんなにスッキリ終わってしまうとは想像していなかったので驚いてしまった。驚きというよりは意外。というのも、「完」とされながらもモヤモヤが残るばかりだった「テレビ版」「旧劇場版」の存在があったからだ。

だから、2007年の「序」から14年かけて完結に至った新劇場版(シンエヴァ)には、「一応、終わるがきっとモヤモヤした結末になるのだろう。このモヤモヤがこれからもずっと続いていくのだろう。それが僕らのエヴァだから」という着地点を心の中に準備して臨んでいた。SNSをみるかぎり僕と同じような人は多かったようだ。

だが、「シンエヴァ」におけるシンジの最後のセリフ「さようなら、全てのエヴァンゲリオン」ですっぱりとエヴァンゲリオンの物語は終わった。エヴァという物語の終わりを受けて、終わらせることの大切さと難しさについて考えさせられた人もいたのでないか。先日、NHKで放映された庵野監督に4年間密着取材した「プロフェッショナル」も「仕事を終わらせること」を切り口に構成されていた。

庵野監督の言葉「世間にはそれくらいしか役に立たない」の意味

「シン・エヴァンゲリオン」と「プロフェッショナル 仕事の流儀 庵野秀明スペシャル」から学ぶ仕事の意味
(画像=『さくマガ』より引用)

僕も、終わらせることの意味について考えさせられていたけれども、それ以上に仕事というものについて考えるようになった。きっかけは、「プロフェッショナル」の最後で、「(仕事に対して)何でそこまでされるんですか??」というスタッフからの問いに対する、庵野監督の

「他にやれることがないから」「世間にはそれくらいしか役に立たない」

という回答だった。番組内で「面白くない」「新しいものをつくりたい」という意味の言葉を連呼し、作業をリセットしていたので、仕事を自己表現としてとらえているのかと思っていたら、世間に対する貢献というごくありふれた視点でとらえていたのが興味深かったのだ。一流クリエイターの語る仕事と、僕のような普通の会社員の仕事の共通点が見えた気がしたのだ。

仕事とは何だろうか。最近、その話題になると、「生活のため」「スキルアップ&キャリアアップ」「夢を実現するための手段」等々、「仕事=自分のためにやること」という意見に集約される傾向がある。だが仕事とは、それを通じて、税金を納めたり、誰かを助けたり、楽しませたりして、世間の役に立つ=利他的なものでもある。

本来、仕事は世の中のためという大きなものだったが、いつしか、会社のためという小さなものになっていた。その反動として「自分のために働く」につながったのだろう。そりゃそうだ。会社のためになんか働くのは誰だって面白くない。

仕事は自分のためにやるもの。だがそれだけではない

仕事とは、自分のためにやること。仕事は世間の役に立つもの。それらは互いに反するものではなく、二つあってこそ仕事と言える。自分のためにやる仕事とは、自分の能力と労力を投じて、リターンを得る仕事である。リターンはお金だけではない。経験や技術、それと満足感が含まれる。

そういったリターンを得るためには、自分の納得した方法でやり遂げる必要がある。これが難しいのだ。「プロフェッショナル」でも庵野監督によって、作業のやりなおしや停滞が描かれていたけれども、あれも、妥協せずに進めていくことの難しさのあらわれだ。一歩一歩納得しながら進み、仕事を終わらせなければ、経験や技術や満足は得られない。新しい景色を見られない。

納得した方法とは過去に囚われない新しいやり方かもしれないし、既知のやり方をただ使うのではなく、自分で消化したうえで使うことかもしれない。

「自分の納得した仕事をやり切ろう」と偉そうなことを言っていいながら、僕自身がやり切れていないこともある。上層部からの無理な注文や予算や納期の関係で、納得よりも無難を選択してしまうことがあるのだ。もちろん、クライアントには迷惑はかけるようなことはない。

ただ、自分の納得したかたちで終わらせていない仕事で、クライアントから「いい仕事をしてくれた」と褒められることもあるが、そのたびにバツの悪い思いをしている。ルーチンでこなせる仕事以外では、新しさを取り入れていかないと、自分の経験にならない。とはいえ、すべての仕事にチャレンジするのもかったるいので、適宜、新しい試みをしていければ凡人はいいのではないか。

庵野監督は、ドキュメントで「つまらない」「新しくない」と言っているように過去を壊して新しいチャレンジを続けられるところが凡庸な人間とはちがうのだ。