今年、創業5周年を迎えたb-monster株式会社。銀座の一等地に暗闇ボクシング『b-monster』一号店を出店し、最先端のフィットネススタイルが話題を呼び急成長。現在は国内に8スタジオ、海外に4スタジオを展開している。

同社を創業したのは、当時大学生だった塚田眞琴さん(26歳)。姉の美樹さんと共に起業し、『b-monster』をここまで育て上げた。

暗闇ボクシングの生みの親・塚田眞琴が“昆虫食レストラン”をオープン!「人生の選択肢を増やす」
(画像=塚田眞琴さん
b-monster代表取締役。姉の美樹さんとb-monsterを学生時代に創業。当時、駒澤大学法学部政治学科を2年生で中退し、起業した。テレビやお笑いなどのエンターテイメントが好きで、高校生の時は漫才師を目指したこともある
Twitter:@makoto_tsukada
Instagram:makoto.tsukada、『Woman type』より引用)

そんな彼女が次に挑戦するのは、昆虫食のレストラン事業だ。2021年5月、サステナブルをテーマにしたレストラン『EAT for E』を渋谷にオープンする。

フードメニューは、ミシュラン1つ星店『sio』が監修。地球環境に優しく、高たんぱく&低脂質な昆虫食をメインに、食事面からも理想の体づくりをサポートする。

暗闇ボクシングの生みの親・塚田眞琴が“昆虫食レストラン”をオープン!「人生の選択肢を増やす」
(画像=『Woman type』より引用)

塚田さんは、「昆虫食を日々の食事の選択肢として定着させたい」と意気込む。なぜ今回の挑戦に踏み切ったのか。

コロナ禍に経験した苦難と成長、次のチャレンジに込める想いを聞いた。

コロナ禍に直面した過去最大の試練「休館の判断、悔しかった」

2016年に創業したb-monster。1号店を『b-monster』銀座にオープンするなど、学生起業とは思えない強気なビジネススタイルで注目を浴びた。

創業から5年を迎えた今、塚田さんは意外な感想を口にする。

  • 塚田さん:正直、もっと細々と運営していくつもりでした。

    最初に『b-monster』を銀座に出店したのは大きな決断でしたが、当初イメージしていたのは、『感度の高い人たちだけが集まるおしゃれな場所』です。

    それが予想外に多くの方に支持していただけて、次々と店舗を出店することに。

    うまくいくと確信していましたが、ここまで大きな反響があるとは思っていなかったので、正直言って驚きましたし、すごく恵まれていたと感じます。

塚田さんにとっては初めての企業経営。予想を遥かに上回る事業の成長スピードに、戸惑いを覚えることもあった。

  • 塚田さん:本社も構えず、私と姉でスタジオの裏でひっそり作業をしていたのが5年前。そこから半年くらいで、社員数は一気に50人ほどに。

    あまりにあっという間で目まぐるしい日々。どうやって乗り越えたの? と聞かれますが、正直、乗り越えた感覚はありません(笑)

    目の前のことに夢中で取り組んできたら、今ここに立っているという感じです。

創業以来、苦難は数々経験してきた。だが、塚田さんにとって最も大きな試練となったのは、今回の新型コロナウイルス感染拡大だ。

昨年3月からの緊急事態宣言下では約2カ月間、全スタジオの休館を余儀なくされた。初めてのスタジオ閉館の経験も「悔しかった」と塚田さんは振り返る。

  • 塚田さん:どのスタジオも、できれば最後まで休館したくなかったですね。コロナ禍においては、心身の健康維持のためにより一層フィットネスの重要性が増すと実感していたので。

    それでもやはり、休館せざるを得ない状況になり仕方ないことなのですが、無力さが悔しかったです。

どうにかしてフィットネス事業を続けたい。姉と二人で模索し、急ピッチでオンラインプログラムの提供ができる環境を整えた。

メンバーさまからの反応も上々、予約の受付などを塚田さん自ら行い「久しぶりに直接メンバーさまと触れ合う仕事をして、初心に戻れた」とのこと。

しかし、コロナ禍に直面したのはスタジオ運営の壁だけではない。将来への不安を感じるスタッフが増え、マネジメントの見直しも急務となった。

  • 塚田さん:スタジオ休館やオンライン化の流れを受けて、『b-monster』のスタジオは全て無くなるんじゃないか、という不安を感じるスタッフが増えたんです。

    そういう意見が出るであろうことは予想していたので、スタッフへの説明、コミュニケーションは丁寧過ぎるくらいにしていたつもりでしたが、私の力不足でした。

以降、社内でのコミュニケーションを文章ベースのものではなく、オンラインでも対面して言葉で伝える方法へとシフト。双方で意見を交わす機会を増やした。

結果的に、スタッフの不安も徐々に解消されていったという。

暗闇ボクシングの生みの親・塚田眞琴が“昆虫食レストラン”をオープン!「人生の選択肢を増やす」
(画像=『Woman type』より引用)

また、コロナ禍においても『b-monster』のスタジオを無くそうと思ったことは「一度もない」と塚田さんは言い切る。『b-monster』の良さは、何よりスタジオに凝縮されていることを、塚田さん自身が一番よく分かっているからだ。

  • 塚田さん:五感をフルに使い、非日常な空間で思い切りワークアウトを楽しむ。それは、スタジオという形態なくしてはできないことです。

知られざる昆虫食の魅力。新たな食の選択肢を増やしたい

コロナ禍の試行錯誤を続ける塚田さんだが、このタイミングで「昆虫食」をテーマにしたサステナブルレストラン『EAT for E』を東京・渋谷にオープンする。

昆虫食というサステナブルかつ栄養価の高い食材を用いて、b-monsterが掲げる「心身共に洗練されチャレンジし続ける人で溢れる世界を作る」というビジョンを食の面から実現することを目指す。

  • 塚田さん:人の体を変えるためには、トレーニングだけでは難しい部分もある。食にアプローチすることは、私たちのビジョンの実現に不可欠だと考えていました。
暗闇ボクシングの生みの親・塚田眞琴が“昆虫食レストラン”をオープン!「人生の選択肢を増やす」
(画像=『Woman type』より引用)

とはいえ、「昆虫食」というコンセプトに驚く人も多いはず。なぜ、昆虫食を選んだのだろうか。

  • 塚田さん:『b-monster』が飲食店をやるからには、何か新しいものを提案したいと考えていました。

    体に良くて高タンパク質のメニューを提供するのは大前提。でも、それだけだと面白くありません。そこで思いついたのが、昆虫食でした。

    栄養価も高く、実は美味しい。しかも環境にもよい。そんな要素が、『b-monster』のビジョンとぴたりとはまったんです。

渋谷という新しいカルチャーが生まれる土地で、「栄養たっぷり、おしゃれで美味しい昆虫食」という新しい選択肢を定着させていきたいと塚田さんは意気込む。

“美味しい・体に良い・環境に良い”3拍子揃った食事体験を

塚田さんが『EAT for E』をオープンするにあたってパートナーに選んだのが、ミシュラン一つ星レストラン『sio』の鳥羽シェフだ。

暗闇ボクシングの生みの親・塚田眞琴が“昆虫食レストラン”をオープン!「人生の選択肢を増やす」
(画像=『Woman type』より引用)
  • 塚田さん:昆虫食を新しいカルチャーとして浸透させていくには、単に栄養価が高いだけでなく、美味しいことが絶対条件だと思っていました。

    鳥羽シェフは、『美味しいものを作ることには自信がある』と以前仰っていて。食に対する想いも通ずる部分が多く、ぜひ鳥羽シェフにお願いしたい、この人しかいない! と確信しました。

開発したメニューには、顧客心理やシチュエーションにあわせてさまざまな工夫が施されている。

昆虫の形状を残して盛り付けをしたメニューもあれば、パウダーやペースト状にした昆虫を使用し、見た目には全く昆虫感のないメニューもある。

  • 塚田さん:昆虫食に抵抗がある方には、まずはパウダータイプのものから始めてみてほしいです。魚介に近い味わいで、とても美味しいんですよ。