自分の漢字を1文字で表すと何になるのか就職活動などで聞かれることがあります。答えに詰まってしまうと印象が下がるので、あらかじめ予想して答えを決めておいたほうが良いでしょう。今回は、就職活動で役立つ解答例についてまとめました。自分に合う漢字探しの参考にしてください。

「自分を漢字1文字で表すと?」質問する理由とは

自分を漢字1文字で表すと?|就活時の回答例をご紹介!イメージ・性格別
(画像=unsplash.com/photos/hhq1Lxtuwd8、『Lovely』より引用)

「自分を漢字1文字で表すと何になりますか?」いざこの質問をされると、意外と自分で自分のことを分かっていないというのを感じた人もいるでしょう。

簡単なように見えて、とても難しい質問です。そもそも、この質問をされる理由は何なのでしょうか。質問の意図や、どんな答えがあるのかについて見ていきましょう!

自分自身を理解できているか

「自分を表す漢字」となると、自分の全てをその漢字1文字に入れ込むことになります。つまりは、あなたが自分のことをちゃんと理解しているのかを見るためにこの質問がされているということです。

なかなか、自分のことを理解するというのは難しいこと。就職活動となると、高校卒業の18歳や専門学校や短大卒業の20歳、大学卒業の22歳という若さのことが多いですよね。

この若さで自分を理解している人はどれだけいるのでしょうか。しかし、企業は若くても自分をしっかりと理解している人を求めています。

自分をどれだけ理解しているのか、また、面接という日にあなたのことをどれだけ面接官が把握することができるのかがこの質問には隠れているのです。

自分らしさを持っているか

その人の持つ個性を知りたいという理由から、この質問をされることがあります。最近の日本は、個性を重視した企業もたくさん出てきています。

協調性があることはもちろん大事ですが、個性があることも大切です。漢字1文字に表現された個性が、会社にマッチするのかどうかも見られていると思ってください。

あなたが自分らしく輝ける存在であるのか、どこまでの可能性を秘めているのかも同時に見られているでしょう。

自分を客観できているか

自分を客観視することができ、冷静に見つめることができるのかもこの質問をされる意味の1つです。自分を客観視することは非常に難しいこと。どうしても主観的に考えてしまうことが多くなるでしょう。

しかし、社会人になり仕事をしているとお客様目線や、クライアント目線が大事になることもあります。そうなったときに客観視できる能力が必要になってきます。

現段階でどれだけあなたが自分を客観視することができ、正しく自分を見ることができているのかをチェックされていると思ってください。

自分を表す漢字を答えるときのポイント

自分を漢字1文字で表すと?|就活時の回答例をご紹介!イメージ・性格別
(画像=unsplash.com/photos/JiSkHnWLo2o、『Lovely』より引用)

実際に、自分を表す漢字1文字について考えてみると、とても難しくてどの漢字が合うのか分からなくなることもあるでしょう。

そこで、自分を表す漢字を答えるときのポイントについて紹介します。このポイントを踏まえて考えてみてください。

いかに印象付けるか

自分を表す漢字1文字というのは、相手にとって良い印象である方が良いため、いかに印象付けるかというのが大事になります。

そこで、自分を表す漢字1文字は、自分の長所をアピールできる漢字を選ぶようにしましょう。そして、その漢字がなぜ自分を表すことができるのか、その理由も一緒に考えてください。

例えば、2人の就活生が同じ漢字を選んだとしても、それぞれの解釈でその漢字を選んだ理由は変わってきます。より良い印象が付くように、面接官にとって忘れられないインパクトを残すようにしましょう。

企業にマッチしているか

あなたが受ける企業は、どんな企業ですか?面接に行く前に、その企業のことを徹底的にリサーチしているでしょうか?

あなたを表す漢字1文字を聞かれたとき、その企業にマッチしている人物なのかも見られていると思ってください。

例えば、元気があって明るい企業なのに暗い雰囲気を持ち、漢字にも暗さを感じてしまうと企業側は企業イメージと合わないと判断してしまいます。

その企業の特色を知り、自分の良い部分の中でマッチする漢字は何かを考えておくと良いですね!

就活にも役立つ!自分を表す漢字の回答例10選

自分を漢字1文字で表すと?|就活時の回答例をご紹介!イメージ・性格別
(画像=unsplash.com/photos/MYbhN8KaaEc、『Lovely』より引用)

就職活動は、将来を決めるとても大事なものです。どれだけ真剣に就職活動をしたかで10年後、20年後の未来が変わってくると言っても良いでしょう。

ここでは、就職活動で役に立つ自分を表す漢字の回答例について紹介します。この例を参考に、自分自身で漢字1文字を考えてみてください!

強い心の持ち主「耐」

「我慢強い」「忍耐力がある」「諦めない」というのが見えてくるのが「耐」という漢字です。社会に出ると、自分の思い通りにならないことは多々あります。理不尽さを感じることもあるでしょう。

しかし、それでも投げ出さずに忍耐強く仕事ができることをしっかりとアピールしてください。忍耐力がある人は、伸びる人と思われて面接で印象に残ることができるはずです。

縁の下の力持ち「支」

「支」という字は、率先して皆を引っ張るというよりも、「サポートする」「安心を与える」「協力する」というイメージがあります。どちらかというと、縁の下の力持ちや陰の功労者という印象を与えることができるでしょう。

実は、会社にとって縁の下の力持ちはとても大事な存在です。自分がと主張するだけでなく、仕事が成功に向かっていくための力強い支えは重要なポジション。

「何事も真面目に取り組むことができる。」「ミスのない仕事でサポートすることができる」ということをアピールしましょう!

スピード感がある「動」

アクティブな雰囲気がある「動」は、「行動力がある」「すぐに動くことができる」「人のために行動できる」などのように「言葉だけでは終わらない」というのを伝えることができます。

言葉だけで良いことを言える人はたくさんいます。しかし、実際に行動に移せる人というのは少ないでしょう。

行動力を全面に押し出すことができたら、「数年後にリーダーになれるのでは?」と面接官に印象付けることもできるでしょう。

柔軟な発想ができる「柔」

「柔」は、柔軟性を意味する字です。「どんなときも柔軟な考えや対応をすることができる」「空気を読むことができる」「周りを大事にすることができる。」というのをアピールすることができます。

チームワークが必要な仕事や、接客業、人とのコミュニケーションが重要になる仕事に向いている漢字ではないでしょうか。

真面目な性格なら「真」

「真面目さ」「誠実さ」「正直さ」をアピールするなら「真」です。真面目であることは、とても大事なこと。仕事をするということは、その会社からお金をもらうということでもあります。

真面目に働き、評価されることで誰からも認められるようになるでしょう。また、真面目であることは、信頼に値することでもあります。

漢字1文字で自分を表すときに、その真面目さが伝わればとても良い印象を付けることができるでしょう。

チームワークを大切にする「和」

働くうえで社内での「和」というのは非常に大切です。自分の漢字を「和」にした場合は、「平和主義である」「協調性がある」「チームワークを大切にできる」「和やかな性格をしている」ということをアピールすることができます。

会社にとっても、今すでに働いている人との和を大事にしてくれる新入社員というのはとても大事な存在です。素敵な和を広げてくれるのではないか?と期待してもらうことができる漢字ですね。