「みちょぱ」の愛称で親しまれている、池田美優さんは、ギャルメイクのカリスマとして有名なモデルさんですよね。そんなみちょぱメイクを参考にしたいという方も多いのではないでしょうか。今回はそんなみちょぱさんのメイクのポイントや、愛用アイテムをご紹介します。

テレビ、モデルで大活躍!みちょぱってどんなひと?

名前:池田美優(いけだみゆう)
愛称:みちょぱ
生年月日:1998年10月30日
身長:166㎝
出身地:静岡県生まれ
デビュー:Popteen
所属事務所:PANORAMA

みちょぱさんは2013年にPopteen別冊の読者モデルとしてデビューし、翌年には専属モデルになりました。

「本当にハーフなのでは?」という噂が流れるくらい自然なハーフっぽいギャルメイクが人気で、真似をしたいと思っている人も多いですよね。

そのカリスマ的素質は、過去に10代の女の子たちの投票で、人気モデルトップ4に選ばれたことで証明されています。

最近は雑誌モデルとしてだけでなく、テレビで見かけることも多くなり、その人気は廃れることなく続いています。

みちょぱの由来は?

馴染みの深い「みちょぱ」の愛称ですが、どんな由来があるのでしょうか。

この愛称は、小5の時にみちょぱさん自身が決めて、自身で広めたんだとか。
由来は、当時「可愛い」と気に入っていた、人気アニメ「ONE PEACE」の登場キャラクターである「チョッパー」に、自分の「美優」の「み」を合わせて「みちょぱ」になったそうですよ。

お母さんも超美人!

実はみちょぱさんのお母さんも、超美人なのをご存知ですか?あのみちょぱさんのお母さんなんだから、当たり前って言われてしまうかもしれませんね。

みちょぱさんのお母さんの「池田京子さん」はシングルマザーとして、みちょぱさんとお兄さんの二人を育てて来たそうです。

一般人ですが、Twitterのフォロワー数は2万人を超えている超人気者です。

みちょぱさんと一緒のショットが公開されていることもありますし、過去には一緒にテレビ出演したこともあります。

みちょぱのメイクが可愛いと話題!ギャルメイクの作り方と愛用メイク道具

みちょぱさんメイクをするに当たって、まず気になるのは、彼女がどんなコスメを、どのように使っているかですよね?

各ポイントごとにチェックしてみました。

ハーフ風アイを作るみちょぱプロデュースカラコン

みちょぱさんは明るめのカラコンを使用していることが多いんですね。それはハーフっぽいと言われるポイントではないでしょうか。

でも、カラコンって選ぶのが難しいと思いませんか?

そんな時は、みちょぱさん自身がプロデュースした「Dope wink(ドープウインク)という商品を見てみましょう。

みちょぱらしいギャル風に盛れるタイプから、自然なのにしっかり強調するタイプなど、いろいろな模様や色があり、真似したい本物のハーフ風の瞳を作るのに、ぴったりのタイプもあるんです。

度なし、度ありの両方があるのも、嬉しいですね。もちろんみちょぱさん本人も愛用していて、その日の気分で使い分けているそう。

いろいろあるので、いろんなメイクに対応できますし、普段使いもできそうですね。ブラウンやグレー系のものは、日本人の目にも馴染みやすく、自然にハーフ風を演出できます。

健康的な小麦肌を濃いめのファンデーションで

次にポイントになるのは「肌の色」ではないでしょうか?
健康的な小麦色をしていますよね。

そんな健康的な小麦色を再現するために、ファンデーションの色は普段より濃いめのものを選びましょう。

しっかりと下地を作ったらファンデーションをのせていきます。スポンジを使って自分の肌の色と同化させるのがポイントです。

また、濃いめのファンデーションを使うと、どうしても色の差が出てしまうので、首までのせておきましょう。

みちょぱさんの愛用は「ケイトのリキッドファンデ」だそうですよ。

低価格なのに、伸びもよくカバー力もある商品です。

細い平行眉がみちょぱっぽい!

眉毛は、その書き方一つで顔全体の雰囲気を大きく変えるパーツになります。

みちょぱさんの眉の特徴は「細くて平行」ではないでしょうか?眉山を作らずに、真っすぐ横に伸びています。

まずはアイブロウをペンシルを使用し、横に真っすぐ平行になることを意識して書いていきましょう。
眉と眉の感覚は狭めにすると、さらにみちょぱさんっぽくなりますよ。

その後でアイブロウパウダーを眉頭から入れ、全体を馴染ませるのを忘れずに。

ご本人愛用はヘビーローテーションのアイブロウと眉マスカラということです。

アイシャドウ、アイラインはがっつり濃いめに

みちょぱさんのメイクは、パッと見ても分かるしっかりとしたアイメイクもポイントですよね。

アイシャドウはアイホール全体に明るめのブラウンを広げます。濃いめのブラウンは二重の幅より少し広めに、そして目尻より気持ち程度長めに入れることでみちょぱさんのような奥行きのある目元に近づきます。

下瞼には明るめのブラウンを目尻側、ハイライトを目頭側に半分ずつ入れます。

さらにアイラインを入れていきます。しっかり強調するためには、しっかりブラックを選びましょう。

目の際全体に太めに入れ、アイシャドウと同じくらい、目尻も長めに跳ね上げて書きます。

これで大人ギャル風のアイメイクが完成します。

アイシャドウは主にケイト、アイライナーはドーリーウィンクを愛用しているようです。