ビジネスマナーの基本である「挨拶」。新人・後輩から挨拶をするべきって思っていませんか?その考えがある人は、上司と部下の関係は良くないかも。今一度、挨拶の習慣を見直して。

挨拶は新人からするのが当たり前?

ビジネスマナーの基本である挨拶。元気でさわやかなあいさつをされると、モヤモヤしていた気分が晴れるくらいにパワーがありますよね。

ただこの挨拶、先輩から後輩どちらから先に行うのべきものだと思いますか?

多くの人が「新人からするべき」という認識をもっているかと思います。特に、年代が上がるにつれて、それが当たり前だと認識している人も多いことでしょう。間違っているわけではありませんが、一概に正解だとは言えない部分もあります。挨拶について見直してみましょう。

年功序列が絶対であった学生時代

「挨拶は新人から」の考えはどこから出てくるのだろうと深堀りしていくと、上下関係がはっきりしてくる、中高生時代にいきつきます。

運動部に所属していた人はわかるかも知れませんが、部活の先輩は「神」のような存在。人の話によると、厳しいとことろでは「1年は奴隷、2年は平民、3年は天皇、4年は神」なんて位置づけもあったりするほど。先輩の意見は絶対で、もし反抗でもしようものなら連帯責任。ただただ、荷物持ちやパシリをこなし、時が過ぎるのを待つのみ。「いまどき、そんな部活あるの?」と疑いたくもなりますが、まだまだこれって、運動部ではよくあるのだそう。

大人になると1歳の差なんて大したことないのに、学生の頃はとても大きく感じていたものです。

……話が少しそれましたが、そんな学生時代を経験すると、社会に出てもその認識を持ったまま、人格が形成されてしまいます。新人の頃は、ハキハキとあいさつをして、上司から可愛がられていたはずなのに、その人が上司の立場になってみるとどうでしょう?

「上司とすれ違ったのに、なぜ挨拶をしないんだ?」と、怒るようになり、会社でもその文化が浸透していきます。公務員でなければ、年功序列でもありませんし、なによりも上司と部下の距離ができてしまい、良い関係とは言えませんよね。

挨拶は新人からの認識は間違い。上司が見直すべき職場の習慣
instagram.com@chiekogrande
(画像=『Cinq』より引用)