学生はサークル活動や飲み会など意外に出費が多いものです。しかし、講義とバイトを両立するのは難しく、金欠になることもあるのではないでしょうか。

そんなとき、手軽にお金を借りられるのがカードローン。しかし学生でも利用できるのでしょうか?学生が利用できるカードローンがあるかどうか解説します。

学生が利用できるカードローンとは?

学生が利用できるカードローンには、次のような種類があります。

・消費者金融系カードローン
・銀行系カードローン
・学生ローン

これらの中には「20歳以上で一定の収入がある人」という利用条件で、アルバイト収入の学生でも申し込み、借り入れが可能なものもあります。

学生でもカードローンには審査がある

学生であっても一般の人と同じ審査を受ける必要があります。

収入基準も含め、取り扱い内容は各社ホームページに「商品内容」「ローンの概要」といったタイトルで記載がありますので、必ずご自身で確認してください。

審査について不安がある場合は、各社のコールセンターなどで問い合わせしてみてもいいでしょう。

おすすめは消費者金融系カードローン

上記で学生でも申し込みOKな「消費者金融系カードローン」「銀行系カードローン」「学生ローン」の3つを紹介しましたが、この中では「消費者金融系カードローン」がおすすめです。

その理由を紹介します。

申し込み方法が多くて便利

消費者金融系カードローンは、申し込み方法が多様で、しかも便利です。

<消費者金融系カードローンの申し込み方法例>
・WEB完結
・電話申し込み
・店頭窓口
・無人契約機、専用ATM

窓口に行くのが面倒な人は、WEBで申し込めば簡単に申し込みができます。たとえば通学中など、空き時間を有効に使えるでしょう。

無利息期間もある

消費者金融カードローンには「無利息期間」を設けている会社も多くあります。期間中に返済すれば利息がつかないので、かなりお得に利用できるでしょう。

審査スピードが早い

消費者金融カードローンは比較的審査のスピードが早いのも特徴です。

たとえばWEB申し込みなら、申し込み時間にもよりますが、申し込みしたその日のうちに借入を利用することも可能です。すぐにでもお金を借りたい人には向いています。

【銀行系カードローン 、学生ローンと比較すると?】
銀行系カードローンは低金利で、魅力を感じる人もいるでしょう。しかし銀行系カードローンでは学生が申込対象外なところもあります。また即日融資に対応しているところが少なく、すぐにお金を借りたい人には不向きかもしれません。

学生ローンは本人が窓口に出向いて手続きしなければならない場合があり、利便性の点で消費者金融系カードローンにはかなわないと言えます。

また、学生ローンを扱っているのは中小の消費者金融会社が多く、金利は高めになる場合があります。

学生が利用できる消費者金融系カードローン5選

では次に、学生も利用可能な消費者金融系大手のカードローンを5つ紹介します。

アコム

【アコムのおすすめポイント】
  • 24時間電話サポートあり
  • カード受け取りを「店頭窓口」か「むじんくん」にすればカード郵送なし

アコムは業界最大手であり、三菱UFJフィナンシャル・グループに属するカードローンです。

24時間電話受付のサポートがあるので、わからないことがあればいつでも質問できます。忙しい学生の方でも安心ですね。

手続き後のカード受け取りに窓口や自動契約機(むじんくん)を利用すれば、自宅へのカード郵送を回避できます。家族にばれたくないという方におすすめです。

金利 3.0%~18.0%
利用限度額 最大800万円
即日融資 可能
担保保証人 不要
無利息サービス 初回利用の方 30日間

>>アコムの詳細はこちら(公式サイト)

プロミス

【プロミスのおすすめポイント】
  • アプリで申し込みから契約まで完結!
  • 郵送物をなしにできる
  • 50万円以下の借り入れは収入証明書が不要

三井住友銀行グループに属するカードローンです。

アプリを使って申込から契約、融資・返済までできるので便利です。カード発行の必要もなく、郵送物もないため、家族に知られたくないという学生の方にもおすすめです。

また、借り入れ希望額が50万円以下の場合は収入証明書の提出が不要です。少額を手軽に借りることができます。

金利 4.5%~17.8%
利用限度額 最大500万円
即日融資 可能
担保保証人 不要
無利息サービス 初回利用の方 30日間

>>プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

SMBCモビット

【SMBCモビットのおすすめポイント】
  • WEBからの申し込みなら、電話連絡や郵送物もなし
  • カードレスでお金を借りられる
  • 最短30分で審査完了

SMBCモビットも、三井住友銀行グループのカードローンです。

申し込みから契約までネットだけで進める「WEB完結」が可能。電話連絡や郵送物、カード発行もなしでお金を借りられるため、親や周囲に内緒にしたいという人にはぴったりでしょう。

なお、WEB完結でお金を借りるためには、次の条件を満たす必要があります。

・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
・社会保険証、組合保険証のいずれかを持っている

審査完了までも最短30分とスピーディー。急ぎでお金を借りたいという学生の方には特におすすめです(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)。

※SMBCモビットの利用条件は、公式ページに次のように記載されています。 「年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方 アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です(当社基準を満たす方)」。条件を満たせば学生でも借り入れは可能と考えますが明記はされていないため、不安な方は問い合わせしてみるといいでしょう。

金利 3.0%~18.0%
利用限度額 最大800万円
即日融資 可能
担保保証人 不要
無利息サービス なし

>>SMBCモビットの詳細はこちら(公式サイトへ)

アイフル

【アイフルのおすすめポイント】
  • WEB完結なら郵送物なし
  • 24時間振込サービス
  • カードレスでお金を借りられる
  • チャットサポートでいつでも質問可能

アイフル公式のスマホアプリがあり、機能も充実しているカードローンです。申込から契約まで行えるほか、返済や借り入れもアプリでできます。

WEBでの契約時に「カードレス」「口座振替(自動引き落とし)」を選択すれば、郵送物もなし!

24時間振込サービスがあるため、思い立ったタイミングですぐに借り入れも可能です。チャットサポートも24時間対応しているので、わからないことはいつでも聞けて安心です。

※アイフルの利用条件は、公式ページに次のように記載されています。 「満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。」。条件を満たせば学生でも借り入れは可能と考えますが明記はされていないため、不安な方は問い合わせしてみるといいでしょう。

金利 3.0%~18.0%
利用限度額 最大800万円
即日融資 可能
担保保証人 不要
無利息サービス 初回利用の方 30日間

>>アイフルの詳細はこちら(公式サイト)

レイクALSA

【レイクALSAのおすすめポイント】
  • WEB申し込みなら、郵送物なし
  • アプリを使えばカードレス、コンビニATM で借り入れ可能
  • <

レイクALSAもWEBから申込ができます。運転免許証があればスマホで本人確認ができ、契約まで来店不要です。契約時の郵送物も発生しないので、家族にバレにくい消費者金融カードローンといえるでしょう。

公式アプリ「e-アルサ」を使うとカードレスで、セブン銀行のATM でお金を借りることができます。

金利 4.5%~18.0%
利用限度額 最大500万円
即日融資 可能
担保保証人 不要
無利息サービス 初回利用の方 60日間
初回利用の方 5万円までなら180日間

>>レイクALSAの詳細はこちら(公式サイト)

消費者金融系カードローンを利用するときの注意点

次に、消費者金融系カードローンを学生が利用するとき注意しておきたいポイント を解説します。

借入可能額は少額から

一般にカードローンは、収入に比例して借入可能額も決定されます。

しかしながら、学生はアルバイト収入が基本となります。親の扶養を超えない範囲でアルバイトをしているなら、多くても年間100万円程度(俗に「103万円の壁」と呼ばれる)でしょう。

アルバイトのメリットとして、短期も可能・辞めるのも比較的自由という点があげられます。しかし融資を審査する側にとっては、この点が収入の安定性に欠けると見られる可能性があります。
そのため学生がアルバイト収入をもとに申し込んだ場合、銀行系カードローンでは数万円から10万円程度の金額くらいしか利用できないこともあるようです。
消費者金融系カードローンも、審査の考え方は基本的に同じなので、利用可能額は多くても数十万円になってしまう場合もあります。
監修:加藤隆二(銀行員ライター・2級ファイナンシャル・プランニング技能士)

金利が高い

消費者金融系カードローンの金利は3.0%~18.0%(実質年利)前後で、利用限度額が高いほど適用金利は低くなる設計になっています。

学生が利用する場合、上記のように限度額が少額になる可能性が高いので、金利面でも17~18%程度に設定 されると考えられます。

返済時期は?~卒業までに返済しなければならない?

消費者金融系を含め、カードローンには明確な返済期限はありません。同様に学生だからと言って「在学中に返済しなければならない」といった条件もありません。

いっぽう、借りた金額が多ければ、あるいは毎月の返済額が少なければ、その分返済期間も長くなりますので注意が必要です。

カードローン以外で学生がお金を借りる方法3つ

消費者金融系カードローンに抵抗がある。あるいは審査に落ちてしまった場合には、カードローン以外でお金を借りる方法 もあります。

1.親に借りる

素直に「お金を貸してほしい」と親に相談してみるのも一つの手です。ただし親子の関係であっても、返済は滞らないように しましょう。

これとは逆に、どれだけ仲の良い間柄でも、友人や知人からお金を借りることはおすすめしません。 「金の切れ目が縁の切れ目」ということわざもある通り、金銭トラブルから友情にヒビが入る可能性もあります。

2.質屋で借りる

ブランド品や高級時計などを持っているなら質屋を利用してお金を借りることも可能です。

注意したいのは、一定期間に借りたお金を完済しないと預けた物は没収 されてしまうということ。ただしこの場合、返済の義務はなくなります。

3.フリマアプリ、ネット オークション

フリマアプリやネットオークションで不用品を売ってお金を得る方法 もあります。こちらは幅広い品物が対象で、自分でも想定しなかった高値で売れる品物もあるようですので、試してみてはいかがでしょうか。

ただし売れるまでに時間がかかる場合もありますので、すぐにお金がほしい人には不向きかもしれません。

結論・学生もカードローンは利用できる~でもご利用は計画的に!

学生でも、満20歳以上で一定のアルバイト収入があれば、利用できるカードローンはあります。特に、おすすめする大手消費者金融系カードローンなら、専用アプリなど利便性も高く、簡単便利な利用ができるでしょう。

しかし手軽だからと借りすぎないよう、リスクやデメリットもしっかり把握しましょう。そしてなにより、ご利用は計画的に考えて ください。

文・onodera(フリーライター)
FXや株取引、NISAなどの各種投資の経験を活かし、金融関係のライターとして活動。カードローンやクレジットカードなどの利用経験、債務整理の経験もあり。金融や投資方面の執筆に幅広く対応してきました。お金の増やし方がわからない、お金の借り方がわからない、そんな疑問を解決すべく、わかりやすく記事執筆を行っています。

加藤隆二
地方銀行に30年間勤務する銀行員ライター。2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級、個人資産相談)、生保損保代理店資格、その他銀行業務検定資格複数保有。事業資金から、住宅ローンやカードローンなど借入全般の相談を数多く対応。返済が困難なお客様の、いろいろな相談を聞き、一緒に考え解決してきた一方、倒産、自己破産や一家離散、あるいはもっと不幸なケースにも関わって、お金の素晴らしさと怖さを、イヤと言うほど知っています。こうした経験を活かし、読者の役に立つ文章を書いていきたいと思います。

【こちらの記事も読まれています】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ