持ち物への名前書きやイラスト描きに幅広く利用できるサインペンですが、サインペンって何か知っていますか?何気なく使っているけど意外と知らない「サインペン」の定義と、おすすめのサインペンを紹介します!裏うつりしにくいものやにじみにくいものなど、特徴もチェックしてくださいね。

サインペン=水性フェルトペン!選び方は?

サインペンの人気おすすめランキングTOP17!にじみにくい優秀商品もチェック
(画像=『Lovely』より引用)

普段何気なく使用している「サインペン」という言葉。実際のサインペンの定義はご存知ですか?実は、サインペン=水性インクを用いたフェルトペンのことなんです!つまり油性ペンは本来サインペンに含まれないのです。

とはいえ、実際に物に名前をかく時使用するのは、「マイネーム」などの油性ペンですよね。それは、油性ペンが金属やプラスチック、布など様々な素材にかきやすく落ちにくいという特徴を持っているからなんです!

サインペンという名前に惑わされず、目的に合わせたペンを利用しましょう。今回は水性サインペンに加えて、油性ペンのおすすめ商品も紹介します

水性ペンと油性ペンの違い

サインペンの人気おすすめランキングTOP17!にじみにくい優秀商品もチェック
(画像=『Lovely』より引用)

水性ペンは、水(溶剤)+着色剤で作られているものがほとんどで、水を含み乾きが遅いので比較的にじみやすいものが多いですが、商品によります。裏写りしにくく、発色が綺麗という特徴もあります。

対して油性ペンは、揮発性有機溶剤(アルコール溶剤)+着色剤で作られていて、独特の匂いがします。乾きが早いためにじみにくく、プラスチック・金属にも書きやすいですが、裏写りしやすいのが特徴です。また、水に強く洗濯しても落ちにくいのが油性ペンです。

油性・水性どちらかわからなくなった時は、まず成分をチェックしてみましょう。できない場合は、金属やプラスチックに書いてみると一目瞭然ですよ!

インクの染料と顔料の違い

サインペンの人気おすすめランキングTOP17!にじみにくい優秀商品もチェック
(画像=『Lovely』より引用)

インクの染料と顔料の違いは、上記で説明した成分のうち「着色剤」の違いです。溶剤に溶ける着色剤を「染料」、溶けないものを「顔料」といい、油性・水性によって分けられているわけではありません。

「染料」は溶剤に溶けるため、複数の色を混ぜ合わせて簡単に新しい色を作ることができます。しかし、光に長い時間当たると褪せてしまう色が多いです。「顔料」は溶剤に溶けない物質で、染料に比べて耐光性や耐水性に優れています。

油性ペンの有効な落とし方!

サインペンの人気おすすめランキングTOP17!にじみにくい優秀商品もチェック
(画像=『Lovely』より引用)

謝って油性ペンを付けてしまった時、すぐに諦めてしまってはもったいない!油性ペンの有効な落とし方を紹介します。まず、洋服に付いてしまった場合、先ほど紹介したように水に強く洗濯しても落ちにくいのが油性ペンは、クレンジングオイルや除光液が役立ちます。

まずは目立たない箇所を使って、服の色落ちが起きないかチェックしてください。大丈夫であれば、汚れた箇所に除光液もしくはクレンジングオイルを少し垂らして、別の布でトントン叩きます。最後に洗剤と水で揉み洗いをしてください!かなり綺麗になるはずです!

家具や床材などの木に付いてしまった場合は、エタノールかバター・マーガリンが役にたちます!どれかを付けた布で、ゴシゴシと汚れをこすってください。除光液は木材の表面に付いているニスを溶かしてしまうことがあるので、木材への使用は避けましょう。

【水性ペン】サインペンの人気おすすめランキングTOP8

水性ペンの人気おすすめ第8位:三菱鉛筆 水性ペン ピュアカラー

水性ペンの第8位は、三菱鉛筆の「水性ペン ピュアカラー」です。ころっと可愛いボディの水性ペン。鮮やかな発色と豊富なカラーバリエーションが特徴です。

さらに、早く乾きにじみにくく、裏写りしないのも魅力です?手帳への記入やイラスト制作など、薄い紙への記入ができるので幅広く活躍してくれます。

水性ペンの人気おすすめ第7位:マービー 布描きしましょ

水性ペンの第7位は、マービーの「布描きしましょ」です。その名の通り、布に描くのに最適な布描き用マーカーペンなんです。濃い色の布地にも鮮やかに描けて、耐水性抜群!洗濯もOKで、ドライクリーニングしても色あせしにくいという強者!

オリジナルTシャツ作りや洋服リメイク、DIYなどで大活躍してくれそうです。8色基本色セットと8色パステル色セットの2種類があります。

水性ペンの人気おすすめ第6位:ZEBRA ノック式水性カラーペンクリッカート

水性ペンの第6位は、ZEBRAの「ノック式水性カラーペンクリッカート」です。キャップをしなくても空気中の水分を吸収して乾燥を防ぐ新インクが実現した、ノック式のカラーペンです!カチッと押すとペン先が出てきてすぐかけます♪

発色がよく綺麗にかけて、特に薄い色は裏写りもしにくいです。また、重ね塗りしても下の色がにじみにくいので、濃い色の上に薄い色を重ねて塗るのもへっちゃらです!

水性ペンの人気おすすめ第5位:トンボ 水性サインペン プレイカラー2

水性ペンの第5位は、トンボの「水性サインペン プレイカラー2」です。定番サインペンの一つですね。硬くて描きやすい極細の特殊プラスチック芯と、滑らかで描きやすい太めのフェルト芯で使い勝手の良い商品です。

ピンクが充実の全36色で、鮮やかな発色はイラストにぴったりです。にじみにくく裏うつりもしにくいので、ノートにも思い切り描くことができますよ。

水性ペンの人気おすすめ第4位:三菱鉛筆 プロッキーツイン

水性ペンの第4位は、三菱鉛筆の「プロッキーツイン」です。 学校の備品などとして幅広く使われているので、使ったことがある方も多いのではないでしょうか。

神はもちろん、金属、ガラス、プラスチックにもかけますが、特に紙にかく時にその本領を発揮してくれます。滲まず、擦れず、裏写りしない優れものなんです。発色も鮮やかで、色褪せしにくいのも◎

水性ペンの人気おすすめ第3位:ぺんてる サインペン

水性ペンの第3位は、ぺんてるの「サインペン」です。実は普段使用しているサインペンの「サインペン」という名前は、ぺんてるが名付けた固有名詞なんですよ!アクリル繊維ペン先の、これぞサインペン!というスルスルかけるなめらかタッチが特徴です。

また、1965年~66年にかけて、NASAが有人宇宙飛行計画「ジェミニ」に使う公式スペースペンとしてこのぺんてるのサインペンを採用していたのも有名な話。宇宙に行ったペンなんです!価格の安さも魅力です。

水性ペンの人気おすすめ第2位:サクラクレパス 洗濯でおとせるサインペン

水性ペンの第2位は、サクラクレパスの「洗濯でおとせるサインペン」です。衣服に付いても洗濯で落とせるのが最大の特徴で汚れが気になるママのために作られた幼児向けのサインペンです。

持ちやすい軸径と長さに設計し、万が一飲み込んでも大丈夫なように通気性キャップを採用するなど、嬉しいポイントが満載です!汚れを気にせず遊ばせてあげたいお母様の味方ですよ?

水性ペンの人気おすすめ第1位:三菱鉛筆 ポスカ

水性ペンの第1位は、三菱鉛筆の「ポスカ」です!絵の具のポスターカラーのように鮮やかに発色し、乾燥後は耐水性があり、重ね書きが可能で、にじみや裏写りしないなどの嬉しい特徴があります。

極細、細字、中字、太字、極太と豊富な太さはもちろん、基本カラーに加えシャイニーカラー・ラメ入りカラー・メタリックカラーなどバラエティ豊かな種類が楽しい?集めたくなっちゃうそう!