日本サッカーがアマチュアからプロに移行するとき、日本代表のゴールを守り続けていたのは松永成立だった。激動の時代を過ごし、ドーハの悲劇にも直面した経験豊かなGKは、今、後進の指導に当たっている。

サッカーの中で特別なポジションであるGKをどうやって育てるのか。自分の考えを変えたターニングポイントは何だったのか。じっくりと話を聞いた。

人によって評価方法は違う

松永成立が指導者として意識していること。ドーハの悲劇を経験したGKのターニングポイント
(画像=(写真提供:横浜F・マリノス)、『さくマガ』より引用)

今、僕は横浜F・マリノスのGKコーチとしてGKを指導しています。このGKを育てるというのは、コーチがどういう観点からGKに対して接しているかというのが一番大事なんですよ。

たとえばGKコーチが「こういうプレーをさせたい」という意図を持っていたとしても、チームには当然監督がいるわけで、その監督の戦術に沿うことが当然なんです。GKコーチの考えをすべて当てはめることができないのはチームとして行動するための1つのルールです。そのギャップをどうやって埋めていくかというのは、GKコーチ同士で話をするとよく出てきますね。

それに、人によってGKの評価の方法って当然違うんです。昔ながらの、ゴールさえ守ればいい、ただシュートさえ止めればいいという評価をする人もいるし、クロスボールの判断も重視する人もいるし。今のうちのチームみたいに、ゴール前のクロスやシュートを防ぐだけじゃなくて、足下のボール処理や守備ラインの裏のケアを大切にするところもあるし。

もちろん、たとえばFWだったらシュートを決めるという勝負どころで評価されるし、GKの場合はシュートを防ぐところが勝負なんで、そこはしっかり止めなきゃいけない。そこではポジショニングから始まって、ステップワーク、ダイビング、キャッチングなどの基本的な技術や動作なんかが正確にできてるかってことを考えなきゃいけないんです。

同じシュートを打たれるときでも、もちろんそのGKの能力によって多少のポジショニングに違いはあるけど、本当に正しいポジションに立てているGKは少ないと思います。技術にしても、本当はつかめるのに簡単に弾いてセカンドボールになって、そこを詰められてもしょうがないという人もいるでしょう。でも僕からすると、つかめなかったらGKの責任だという思いもあるし。

だけど、そうやってシュートを止める部分だけだったら、GKの役割としては昔のままで止まってるじゃないですか。

考えが変わったアンジェ・ポステコグルー監督との出会い

それだけでいいのかと僕が考えを変えたきっかけは、2018年に就任したアンジェ・ポステコグルー監督との出会いですね。監督の攻撃的なチーム作りが自分にとって1つ転機になったと間違いなく思います。

攻撃的なチームとして攻めに人数を割きたいし、相手のボールになったら常に多くの選手で奪い返したいから、どうしても選手は前に行く。そうなるとディフェンスラインが上がって背後が大きく空くわけです。

その範囲はGKが守らなきゃいけないし、そこでパスをつながなきゃいけない。GKはゴールを守るだけじゃダメなんです。そうすると試合の90分間、アディショナルタイム入れたら90分プラスアルファの時間がありますけど、ずっとGKはゲームに関与しなくちゃいけないんです。

昔はサッカーのプレーヤーは「10人プラス1人」と言われてて、この1人がGKだったんです。けれど、今は11分の1人としてプレーすることが必要だから、僕は今のGKにとってトータル的にすべてのレベルを上げていくこと、そういうGK像を求めていくほうが正当なものかな、と思うようになってきました。

僕なんか昔のGKの典型だから、「GKなんてシュート防げばいいだろう」って考えていたんですけど、その概念を覆されました。もちろんアンジェ監督も「シュートを防ぐことは必要だ」って当然言ってきます。でもそれだけじゃないよっていう話が続くんです。90分間どういう状況でもGKがゲームに関わることが必要だって。

多分、Jリーグの中でうちのGKが一番役割が多いと思うんですよ。GKなんで当然シュートを防げなければいけないし、クロスにも飛び出さなきゃいけない。加えてビルドアップも担う。

相手がプレッシャーをかけてきたら単純に大きく蹴るんじゃなくて、繋ぐ選択肢があれば繋がなきゃいけないし。非常に広大なスペースがディフェンスラインの裏にあるんで、昔で言うスイーパー的な役割もしなきゃいけない。

それに伴って走行距離も伸びます。GKの走行距離ってだいたい1試合4キロ前後なんですけど、それを7キロもしくはそれ以上走らないけないし、瞬発系の筋肉も使わなきゃいけない。長距離的な要素も必要になってくる。当然頭も使うし。このどれも、そこそこのレベルを求めてるわけじゃないんですよ。常にいいプレーをすることが必要なんで、要求レベルは当然高くなります。

今までとは違う戦術を求められる

松永成立が指導者として意識していること。ドーハの悲劇を経験したGKのターニングポイント
(画像=(撮影:Shin-ichiro KANEKO)、『さくマガ』より引用)

そりゃあ、はっきり言って最初は「(ハイラインをとる戦い方について)これリスクあるよ」と思いましたよ。自分が現役のとき、加茂周監督が日産自動車でハイラインを敷いたんで、どれくらいリスクがあるか自分でもわかっていましたから。それに今までとは違う戦術だったし、ここまでGKにフットボーラーとしての役割を求める監督はいなかったので。

こういう新しいことをやれと言われたときに反発すれば簡単ですけどね。でもリスクがイコール失点だったら嫌じゃないですか。GKからのビルドアップをかっさらわれて失点とか、実際アンジェ監督の1年目であって「ほらそうでしょ?」って言われることがすごいあったから。

一番前と一番後ろって目立つんです。学校の朝礼でも壇上で先生が喋ってるときに、目立つので一番前と後ろなんですよ。味方のミスでチャンスを作られてもシュートを打たれてGKがミスしたときに「GKのせいだろう」って言われるのは、これはしょうがないんですよ。

「リスクあるから失点したよね」って言われたくないから、何とかしようっていう反骨心も湧いてきたし。GKへの非難を全然気にする必要もないし、逆に次のピンチをどうやって防ぐかっていうことを考えなくちゃいけないんです。

GKコーチの役割と哲学

GKを育てる際には、監督の戦術を頭に入れて、自分の考えと並行してやらなきゃいけないのは当然です。監督が求めるGKにどういう要素が必要か、たとえば失点を減らすのだったらゴールを守ることの要素として何が必要かというものを把握しなきゃいけない。

だけどGKコーチが「いや、ゴールを守るよりも攻撃的なGKのほうが好きだ」「ビルドアップやハイラインの裏に出て行くGKがいい」というのであれば、そういうものに必要な要素をミックスして、実際にGKにちゃんと説明できるだけの理論を提供しなければいけないんです。

GKコーチとして現役のGKに何を求めるか明確にしないと、結局、これも教えなきゃいけない、あれも教えなきゃいけないってなって、コーチングがものすごくアバウトになるんですよ。そういう現象は、社会人教育であっても、プロのGKコーチであっても、あまり変わらないんじゃないかと思いますね。

僕はGKに伝えるときにアバウトになるんだったら、はっきり「今ちょっとわからない」って言います。その代わり、家に帰ってからそのことに関していろんな映像見たり書物を読んだりして、GKに対して少しでも説得できるような言葉を頭の中に残せるようにしてます。

2018年ロシアワールドカップ、コロンビア戦で相手FKが壁の下を通って失点したという場面がありましたよね。あれはGKを擁護しなきゃいけないと思います。

GKは基本的に壁の上を越えてきたボールをセーブするものだから、壁の下を通ったら、まず予測の部分から違ってくるし、そこから反応し直すと、かなりの確率でボールがもうゴール近くまで来てるから。もしあの場面で壁が飛ばないことになっていたのであれば、壁の選手と、それからスタッフに失点の要因があります。

指導には理論が必要

でももし、あれをGKのせいにするのであれば、ちゃんと理論的に、たとえば構えるタイミングや始動のステップはどうだったか、ステップワークのスピードや動作の正確性はどうだったかとか、ちゃんとそういう過程を踏まえた上で、「壁の下を通ってきたのは予想外だけど、ただ、ここの部分が遅かったからボールへの到達時間が遅くなった」とか、そういう理論的なものが必要だと思います。

そうすればGKも「その理論は納得できたから受け入れます」ということになるんだけど、闇雲に「何で取れないんだ」と言われたら、誰でもやっぱり反発したくなる。だから、ちゃんとどこを見るか伝えるというのはものすごく大事です。

それから、たとえばパンチングミスをして点を取られたにしても、どういう状況で、どういうメンタリティでプレーを選択したかって考えなきゃいけないんですよ。「弾いたボールが味方に当たっちゃってゴールに入った」なんて、そんな単純な言葉で済まそうとされたら、GKとしても気分は良くないですよ。

自分の部下が何かやったときに、ただ単にやったことだけじゃなくてそこにどう繋がったかっていうところをちゃんと解釈してあげないと、結局部下も反発して終わりますよね。

そしてそれぞれのGKに対して指導方法を変えていきますけど、でも実際にピッチでプレーするのは僕じゃなくて選手なんで、「これをやんなきゃ使わない」とか「絶対これだけがいい」というんじゃなくて、選択肢をいくつか与えて微調整します。

僕の場合は、たとえば構えにしても、高いほうから徐々に下げていく、低いところから徐々に上げてくっていう微調整の世界ですけど、そういう選択肢を与えながら実際プレーさせて、GKが「この構え方だったらフィットする」っていうところをディスカッションしてすり合わせていくというやり方なんです。

一方通行を避ける

片側一方通行ってのは、必ずどちらかにストレスが溜まって、ストレスが大きくなると全くコミュニケーション取れなくなってくるんで。

そうなるとプレーヤーが練習中や試合中に悪い態度になったときに、僕が何を言っても聞かなくなるし。そういう状態になったら選手が伸びなくなってしまうから。プレーヤーとして少しでも長く、少しでもうまくなるように考えるのが僕たちの役割なんで。

それに失敗を恐れて守備範囲を広げない選手を作っちゃいけないし。守備範囲が狭い選手はあえて守備範囲を広げようとしている選手に比べるとミスが少なく見えるかもしれないですけど、そういう選手は長くレギュラーを張れないですよ。

そこの考え方に積極的な要素が一切入ってないから、そういうGKは絶対レギュラーが取れないか、取れても短期で終わります。

逆に、試合でパスミスが1本でもあったら、それは考えなきゃいけない。「あれぐらい良いでしょう」って言ったら、次の試合でそれが失点に繋がるんです。パフォーマンスを向上させることも必要だけど、人間としての質を高めるというのも本当に大切なことで。

たとえば試合終了直前にPKを止めて勝った、なんてことになると、大体そこだけがフォーカスされるんですけど、それ以外の内容はどうだったかを考えなきゃいけないんです。「止めたからヒーロー」っていう捉え方をする人たちがいるんですけど、それでよしとしたら、結局そこから進化しようがないんですよ。

ちょっといいプレーすると天狗になる、そういうGKはこの世界から徐々にいなくなっていくし、うまくできた点とできなかった点の両面を常に見ていくのもGKコーチの役割としては必要なんです。