市場の常識を変える!挑戦ヒストリー
イノベーター列伝

市場の常識を変えるような華々しいプロダクトやサービスが日々メディアに取り上げられる今日。その裏では、無数の挑戦や試行錯誤があったはずです。「イノベーター列伝」では、既存市場の競争軸を変える挑戦、新しい習慣を根付かせるような試み、新たなカテゴリの創出に取り組む「イノベーター」のストーリーに迫ります

今回話を伺ったのは、西アフリカ・ガーナ共和国の村を支援するガーナNGO法人MY DREAM.orgの共同代表を務めつつ、アフリカと日本の架け橋となる新会社SKYAHを2018年に立ち上げた原ゆかり氏。外務省勤務、米国留学と華々しい経歴を持つ同氏に、支援において真に必要なこととは何かを聞きました。

アフリカで奮闘する元外交官・原ゆかりが抱く夢「メイド・イン・アフリカ製品を世界中に届けたい」
(画像=『Woman type』より引用)

原点はテレビで見た“フィリピンのゴミ山”で暮らす少女

現在はアフリカと日本を軸に仕事をしていますが、その原点は、中学生のときにテレビで観たNHKのドキュメンタリー番組にあります。その番組は、フィリピンのスラム街でゴミを拾い集めて生活する少女を取り上げたもの。本来であれば、小学校に通うはずの年齢の少女が、ゴミ山に埋もれている金属やペットボトルなどを拾って、それをお金に替えることで家族の生計を支えていました。

その映像を観たときに、ものすごい嫌悪感を覚えたんです。このフィリピンの少女が妹と同じぐらいの年齢だったこともあり、衝撃とともに「なぜ、こんなことになってるの…」という疑問を抱きました。それ以来、世界情勢に興味を持つようになりました。

「高校生になったら留学したい」と父に掛け合ってみたのですが、「自分が住んでいる日本のこともよく知らないのに、海外に行っても得られるものは少ない」と反対されてしまいました。あまりにも的を得ていたのでまったく反論もできず、ただ悔しかったですね。その代わり、「しっかり英語の勉強をすれば、海外の大学に進学してもいい」という交換条件を出され、その悔しさから高校時代は英語ばかり勉強していました。

大学時代に出会った「模擬国連」

アフリカで奮闘する元外交官・原ゆかりが抱く夢「メイド・イン・アフリカ製品を世界中に届けたい」
(画像=『Woman type』より引用)

留学に向けて準備を進めていたのですが、実際に進学したのは東京外国語大学でした。実は、留学に対して父は反対こそしなかったのですが、「海外の大学は9月入学だから、日本の大学に半年間だけ通ってみたら?」と提案されたんです。わたしもその意見に納得して東京外国語大学に入学しました。

そこで出会ったのが、“模擬国連”のサークルでした。模擬国連とは、学生たちが、国連に加盟する各国の大使役になり、実際の国連会議を模して、特定の国際問題に対してリサーチし、ディスカッションや交渉を行うというもの。模擬国連会議全米大会に日本代表として参加するなど、とても刺激的でした。自分の興味とも一致していたので、わざわざ海外の大学に留学する必要がなくなってしまったんです。いま思うと、留学していたら現在の仕事はしていなかったかもしれません。

模擬国連の活動を通して、各国の本部が抱える“事情”と、現場が抱える“課題”に大きなギャップがあることに気づきました。例えば、フィリピンのゴミ山の少女が直面するような問題を解決しようという共通の目的があるのに、双方の“事情”によって対策が進まず、お互いに文句を言い合っているような状況です。会社でも現場から「経営陣は何もわかっていない」というようなグチが出ることはよくありますよね。それと同じようなことです。

こうした本部と現場のギャップを埋めたいと思い、大学3年生のときに日本の“本部”にあたると考えた外務省を目指すことを決意しました。おそらく、人生の中でいちばん勉強したのは、そのときの国家公務員一種の試験勉強ですね。国家一種試験は幅広い法律知識が要求されるので、勉強することによって日本社会の仕組みを理解できたように思います。

米国留学中にガーナのNGOでインターンを経験

外務省に入省後、配属されたのは「国連政策課」でした。主な業務は、国連安全保障理事会の会議に日本が参加する際のリサーチやスピーチの準備など多岐にわたります。紛争などの世界情勢と直結しているので、毎日、緊張感を持って仕事に取り組んでいました。当時の忙しさは、現在とは比べものになりません。

アフリカで奮闘する元外交官・原ゆかりが抱く夢「メイド・イン・アフリカ製品を世界中に届けたい」
(画像=『Woman type』より引用)

外務省には、2年間の霞が関勤務のあと、3年目に留学の機会が与えられる制度があります。わたしは米国コロンビア大学の公衆衛生大学院で国際保健(Global Health)を2年間学びました。国際保健を選択した理由は、外務省での仕事で抱いた“危機感”にあります。安保理会議で議題にあがるのは世界の悲惨な現状なのに、話し合いが行われるのは会議室。現場とは温度感がまったく異なります。この感覚にずっと浸っていたら、わたしも本部の感覚に染まってしまうという焦りが芽生えました。そこで、現場に寄り添ったことを学ぶために、国際保健を専攻したんです。

この大学院には、プログラムの一環として米国外で半年間インターンをする制度があり、2012年6月から12月までの半年間、アフリカのガーナ共和国に滞在しました。現地NGO(非政府組織)でのインターンでは、最初の3カ月間、ガーナ北部のボナイリ村で調査を行いました。実は、ここでの経験が大きなターニングポイントになりました。

当時は、いろいろな勉強もしていたので、「わたしにも何かができるはず」という自信がありました。しかし、いざボナイリ村で生活を始めると、英語は通じず、ごはんの作り方もわからなければ、入浴のしかたもわからない。そんな無力なわたしをホストファミリーや村の人々が温かく迎え入れてくれました。うれしい反面、もどかしさを感じましたね。村を支援するために来たのに、自分自身が村人たちから励まされていたからです。なんとか恩返ししたいという思いがさらに強くなりました。

村のみんなと「村に必要なものは何か」について話し合う中で出てきたのが、「幼稚園」という意見でした。もともと日中に子どもを預かるシステムはあったのですが、建物はなく、村にある大きな木の下に集まって教育活動が行われていました。しかし、ガーナには雨季があり、その時期は毎日のように雨が降ります。そのため、雨が降ると子どもを預かれないという問題がありました。そこで、園舎を建てることになりました。

費用を見積もったところ、日本円で30万円ほどかかることがわかりました。早速、寄付を募るためのWebページを立ち上げました。知人を介して口コミで広がり、最終的に30人のドナーから寄付をいただき、目標額に到達しました。無事に園舎を建て、わたしは大学院があるニューヨークに戻りました。この園舎の建設が、わたしが共同代表を務めるガーナNGO法人MY DREAM.orgの原点となります。

米国で大学院を卒業して外務省に戻ったあと、わたしは在ガーナ日本国大使館への配属希望を出しました。もともとガーナのポストは英国留学研修を終えた職員が就いてきたポストでしたが、わたしはガーナに行くことしか頭にありませんでした。必死に上司に嘆願し、人事部門の協力も得て、最終的に在ガーナ日本国大使館での勤務が実現しました。

現地に配属後もボナイリ村への支援を続け、平日はガーナの首都アクラで大使館勤務、週末は飛行機と車を乗り継いで村に行くという日々を過ごしました。

しかし、2年間の任期が終わったら、再び霞が関に戻らなければなりませんでした。そうなると、これまでのように頻繁にガーナに来ることができなくなってしまう。MY DREAM.orgの活動も中途半端に終わってしまう。そんな危機感を覚えたため、2015年に外務省を辞め、縁のあった総合商社のヨハネスブルグ支店で働くことになりました。