遠距離恋愛の日があるのをご存じでしたか?普段人知れず寂しい思いをしている遠距離カップルにスポットライトが!その日はいつで、どんな由来があるのでしょうか?遠距離恋愛の日の過ごし方や、遠距離でも仲良く長続きさせるコツをご紹介いたします。

12月21日は遠距離恋愛の日!

遠距離恋愛の日はいつ?その由来から遠距離恋愛のコツまで紹介
(画像=『Lovely』より引用)

遠距離恋愛中のみなさま、パートナーに会えない日々は寂しいですよね。久しぶりに会える日はテンションが上がるものです。

実は「遠距離恋愛の日」なるものがあることをご存じでしたか?日本記念日協会に正式には認定されているというわけではありませんが、一般的に12月21日が遠距離恋愛の日だと言われています。

「1221」で、外側の2つの「1」が離れ離れの恋人同士を意味し、中央の2つの「2」が背中を丸めて寄り添う2人を表しているということのようです。

由来については諸説あり、ラジオアナウンサーが遠距離恋愛の恋人たちに呼びかけたという説や、女子高生の間で都市伝説になっていたという説も。はっきりしたことはわかっていません。

何はともあれ、遠距離恋愛の日があるというのはちょっと驚きですね。この日は何をする日なのか、そして遠距離恋愛でも仲良しでいるためのポイントを見てみましょう。

12月21日といえばクリスマスも近いことですし、この日をきっかけに遠距離でも仲をさらに深められたら嬉しいですよね!

遠距離恋愛の日には何をする?

遠距離恋愛の日はいつ?その由来から遠距離恋愛のコツまで紹介
(画像=『Lovely』より引用)

さて、遠距離恋愛の日には何をするのでしょうか?一説には「遠距離恋愛のカップルにエールを送る日」とされており、確かに誰かから励まされたら寂しい日々もどうにか乗り切れそうですね。

では、遠距離恋愛の当事者はどうすれば?恋人と離れ離れで忙しい日々を過ごしている中、家族や友人からのエールを待つだけでは寂しいもの。

遠距離恋愛の恋人同士がこの日にすることをご紹介します。離れていても、絆を強くするきっかけになるかも?

遠距離恋愛の2人がエールを送り合う

遠距離恋愛の日は2人がお互いにエールを送り合う日に!お互い仕事で忙しくて連絡が滞っていたとしても、この日はぜひメッセージを送りましょう。

「今日はね、遠距離恋愛の日なんだって」と自分から雑学を披露し、話のきっかけにしてみるのもいいでしょう。相手もこのチャンスに、いろいろな話をしてくれるかもしれません。

時間の都合がつけば、ゆっくり電話で話すのもおすすめです。たまには声も聞かなくちゃ寂しいもの。元気がなさそうなら励まして、「何か贈るよ」と提案するのもいいですね。

今度いつ会えるか聞いて、デートの約束をするとお互い励みになるはず。ぜひこの日をコミュニケーションの機会にして、励まし合ってください。

クリスマスに会う約束をする

12月21日といえばもうすぐクリスマス。イブまであと3日ですね。クリスマス当日かその周辺の日に休みが取れそうなら、会う約束をする日に!

せっかく付き合っている相手がいるのに、クリスマスに一人ぼっちなのは遠距離恋愛の辛いところ。ダメモトでもパートナーにクリスマスの予定を聞いてみて、会えそうならぜひ会いましょう。

クリスマスデートは人気のスポットが混雑しがちなので、デートの計画は入念に。プレゼントもあらかじめ用意しておきたいですね。

サプライズを仕掛けるなら、相手にバレないように、でも喜んでもらえるような企画を今すぐ考えましょう。

クリスマスに会える、となるとワクワク。年末休みの前で仕事もまだ忙しい時期かもしれませんが、いつもより頑張れそうですね。

クリスマス前に、この日に会う

クリスマスに会えない場合、この日にカップルが会うというのも遠距離恋愛の日の過ごし方。年末休み前の仕事のピークがまだで、この日なら休みが取れそう、という人も多いはず。

クリスマスに会えない分、この日にデートをしたり、スケジュールによってはお泊まりもしたり。一足先にクリスマス気分を味わうのもいいものです。

フライングでこの日にクリスマスプレゼントを交換してもいいですね。パートナーの喜んでくれそうなものをぜひ用意して出かけましょう。

土日でなければクリスマスのイブや当日よりはデートスポットの混雑も少なく、快適に動きやすいのもメリットです。