Mr.CHEESECAKE(ミスターチーズケーキ) は、人生の可能性を広げるためにチーズケーキの道を選んだ
(画像=『さくマガ』より引用)

Mr.CHEESECAKE(ミスターチーズケーキ)のこれから

一般的に飲食店では、労働時間が長く、休みが取りづらい環境といわれていますが、そういったことはなくしたいと考えています。

Mr.CHEESECAKEでは、すでに一日の労働時間を8時間にし、土日祝日は休める体制を整えています。まずはしっかりとこれを継続していきたい。そのうえで、今後は、産休や育休の制度を整えていきたいです。うちの製造スタッフは今のところ女性しかいないので。

ゆくゆく、今よりも大きいキッチンにした時には、休憩できるスペースやミーティングルームを設けたいとも考えています。 一般的に飲食店はお客様が食事をするスペースをいかによくするかという考え方の人が多くて、従業員のスペースがほとんどないんです。 Mr.CHEESECAKEの場合は店舗ではなく製造場所なので、いかにスタッフが働きやすい環境を作るかということが大事だと考えています。

ぼく自身としては、まずはMr. CHEESECAKEの事業をまっすぐ進めていきたいです。 そして、今まで料理人としてつちかってきた、”モノを作る”という能力を必要としてくれている人に届けたい。この能力を活かすことで、周りの人たちにもハッピーになってもらえたらいいなと考えています。

うちはスタッフの副業も可能なんですよ。できれば色んな仕事をしながらのほうが得られるものが多いと思うので。

Mr.CHEESECAKE(ミスターチーズケーキ) は、人生の可能性を広げるためにチーズケーキの道を選んだ
(画像=『さくマガ』より引用)

新しいことに挑戦しようとしている人に向けて

若者に限らず、失敗することが恥ずかしいと思っている人って多いですよね。でも、失敗はあくまで経験でしかないので、やってみないと学べないことって多いと思うんですよ。

やりたいのであれば、できるかどうかは別にして、まずやってみるということを大事にしてほしい。そのうえで得た経験を活かして、さらにそれを進めていくほうがいいと思います。

あとは「やりたい」と思ったことを「やりたい」と言葉に出すことも大事ですね。

Mr.CHEESECAKE(ミスターチーズケーキ) は、人生の可能性を広げるためにチーズケーキの道を選んだ
(画像=『さくマガ』より引用)

編集部でもMr.CHEESECAKEを食べました! 数量限定発売で入手困難なため、販売開始時間の10時前からパソコンの前に張り付いて公式オンラインショップをチェック。購入直後に完売となっていました。ギリギリセーフ……。

商品は自宅へ冷凍状態で届き、半解凍の状態と完全解凍の状態で食べ比べました。ちょっと酸味があり爽やかな味わい。なのに、濃厚! 解凍状況によって、食感の変化があり美味しかったです。どちらもおすすめですが、個人的な感想としては完全解凍状態のほうがレアチーズケーキのようで好きでした。

できることなら毎週食べたいスイーツです……。知人への贈り物にも最適だと思います。日本一のチーズケーキとよばれるのも、納得の美味しさです!


提供・さくマガ(「やりたいこと」を「できる」に変えるWEBマガジン)

【こちらの記事も読まれています】
生産性向上の方法とは? 3つの具体的施策と2社の成功事例から考える
男性の育休について、男性育児休業取得率から考える
ブラック企業ものがたり。アンガーマネジメントを全て間違えてた課長
フレックスタイム制とは? さくらインターネットでの導入事例を紹介
パラレルキャリアとは? パラレルキャリアのメリットや実践での注意点を解説