一口に外車といっても多種多様なブランドがあって中古車も含めると値段もピンからキリまであって、手に入れたいと思ってもなかなか足を踏み出せない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は海外の人気外車メーカーをランキング形式でご紹介します。

人気の外車メーカーの特徴や車種が知りたい!

ランキングに入る前にまずは外車の人気傾向と購入時のポイントについて簡単にまとめてみましょう。

ドイツ車が人気!スーパーカーも増加傾向

2019年上半期のブランド別販売台数ランキングでは、1位がメルセデスベンツ、2位がフォルクスワーゲン、3位がBMW、4位がMINI、5位がアウディなっており、上位5位までがすべてドイツ車となっています。

またスーパーカービジネスでは1台数億円という限定車ビジネスが最盛期を迎えており、世界のマーケットでは限定車のみならず、少量生産のパガーニやケーニグセグといった3億円を超えるブランドの需要も旺盛で、販売する新車個体がないほどの人気ぶりとなっています。

実用性や燃費の良さが人気の秘訣!

そして、同様に2019年上半期の調べによると、ハイブリッド車などの電動車販売台数も62万7908台と過去最高を記録しており、このことからより実用性が高く、燃費の良い車が求められている傾向にあると言えるでしょう。

外車を中古車で購入する際の選び方を紹介!

「外車が欲しいけど新車には手が届かない…」という方には中古車をオススメします。

中古の外車と聞くと、壊れやすいというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、きちんと予備知識を身に付けて選定すればそんなことはありません。

まず外車を中古で購入する上で一番重要なポイントは、相場を把握しておくことです。お目当ての車種と似たような年式、グレード、走行距離の車を探し、それらの車の金額を頭に入れておくことが肝心です。

そして盲点になりやすいのがアフタサービスの有無です。外車は国産車に比べてどうしてもメンテナンスが必要になってきます。購入後もしっかりとケアをしてくれるのかは店によって大きな差があるので、注意すべきポイントです。

外車メーカーのおすすめランキングTOP21!2020年最新版

外車メーカーのおすすめランキング第21位:アバルト

1949年、トリノに設立され、主にフィアット車を使用しての自動車競技への参加や自動車部品や改造車の販売などを行っていたイタリアの自動車メーカー・アバルト。

1971年にフィアットに買収され、フィアット車のモデル名にのみ名を残す、社内ブランドとして位置付けられました。

現在はフィアットの自動車部門を統括するフィアットオートモービルグループ社のもとに、アバルト&C.社として再組織され、2007年に発売された乗用車フィアット・500へアバルトの名を冠するモデルが開発されるなどしています。

外車メーカーのおすすめランキング第20位:ダッジ

十字のフロントグリルが特徴のアメリカの自動車ブランド・ダッジ。1914年に設立された全身のダッジ・ブラザーズ自動車が1928年にクライスラーに買収され同社の一部門となりました。

1998年からはダイムラー・クライスラーの一部門として、現在はフィアット・クライスラー・オートモービルズの社内カンパニーとして位置付けられています。

外車メーカーのおすすめランキング第19位:シボレー

アメリカ合衆国の自動車メーカー・ゼネラルモーターズ が製造・販売を手掛ける自動車ブランド・シボレー。

日本ではゼネラルモーターズといえばアメリカ車のイメージが強いですが、シボレーはオセアニアを除くほぼ全世界で展開されている、同社では数少ないグローバルブランドの一つで、その製品ラインナップも多岐に渡ります。

日本では1920年ごろ、輸入車として導入されましたが、販売台数の伸びを受けて1927年に日本ゼネラル・モータースが設立されたという古い歴史を持っています。

外車メーカーのおすすめランキング第18位:ジャガー

1922年に設立されたイギリスの高級車メーカー・ジャガー。現在はインドのタタ・モーターズ傘下に属し「ジャガーランドローバー」を構成しています。

1970年代から2000年代にかけイギリスの自動車メーカーの多くが市場淘汰され、「オースティン」、「モーリス」等のイギリスの自動車ブランドの多くが消滅しましたが、ジャガーはインド資本となったものの、高級スポーツカーブランドとして存続している例外的な存在となっています。

外車メーカーのおすすめランキング第17位:ランドローバー

1978年に設立された四輪駆動車を専門とする、英国の自動車メーカー・ブランド、ランドローバー。現在は同じイギリスの自動車メーカーであるジャガーとともにインド・タタ自動車の子会社となっています。

イギリス軍も軍用車として採用しているという質実剛健な車体が人気のブランドです。

外車メーカーのおすすめランキング第16位:フィアット

1899年にイタリア・トリノに設立され、現在は持株会社であるフィアット・クライスラー・オートモービルズの一部門を担っているフィアット。

当初は「フィアット、陸に、海に、空に」のスローガンを掲げ、自動車のみならず、自動車関連業、鉄道車両や船舶、航空機の製造などのイタリアにおける産業分野全般を網羅し、マスコミュニケーションや金融業等にも進出しました。

このことから、イタリアのみならずヨーロッパにおいても絶大な影響力を持ち、かつてはフランスのルノーと並び評されるほどでした。

外車メーカーのおすすめランキング第15位:ルノー

フランスのパリ近郊のブローニュ=ビヤンクールに本社を置く自動車メーカー・ルノー。

グループ傘下の日産自動車やダチア、ルノーサムスン自動車などを含めると世界最大の自動車会社として君臨しており、2011年度の新車販売台数実績では、日本のトヨタグループを抜いて、アメリカのゼネラルモーターズ、ドイツのフォルクスワーゲングループに次いで世界第3位の規模の会社となっています。

外車メーカーのおすすめランキング第14位:ジープ

フィアット・クライスラー・オートモービルズ傘下の四輪駆動車ブランド・ジープ。元々は第二次世界大戦中の1940年にアメリカ陸軍の要請により開発が始められ、翌1941年から実戦投入開始された小型四輪駆動車がその元祖モデルとなっています。

その悪路をもろともしない機動性の高さは、当時、アメリカ軍欧州戦域総司令官を務めたドワイト・D・アイゼンハワーが、「第二次世界大戦を勝利に導いた兵器」として、「原子爆弾」「C-47輸送機」「バズーカ」と並んで「ジープ」を挙げたほどでした。

現在でもその特徴的なフォルムは高い人気を誇っています。

外車メーカーのおすすめランキング第13位:スマート

ドイツ・ベーブリンゲンに本社を置き、主に小型車の製造・販売を手掛ける自動車メーカー・スマート。

その発祥は2人乗りのマイクロカーを生産・販売することを考案したスイスの時計会社・スウォッチが、当時のダイムラー・ベンツをパートナーとして自動車事業を開始したことによります。現在でもダイムラーAGの完全子会社として日本でも毎年数千台の新規登録台数を数えています。

「smart」という名称の由来は、創業時のパートナーであったSwatch の「S」と、Mercedes-Benzの「M」に、「art」を組み合わせ、英語の「smart」にかけて名付けられました。

外車メーカーのおすすめランキング第12位:アルファロメオ

イタリアの高級自動車メーカー・アルファロメオ。第二次世界大戦以前から自動車レース界の強豪として名声を得て、戦後もランチアと並びイタリアを代表する上級車メーカーとして長らく愛されました。

経営難を機にイタリア最大手のフィアット傘下に入り、ブランドイメージのスポーツ性を前面に出した車の開発・生産を担っています。現在は新モデルを順次導入したり、中国への参入やアメリカへの再進出をスタートさせるなど、グローバルブランドとしての復活に挑戦しています。

外車メーカーのおすすめランキング第11位:マセラッティ

イタリアのモデナを拠点とする高級スポーツカーメーカー・マセラッティ。1914年創業という古い歴史を持っています。現在はフェラーリやアルファロメオとともにイタリア最大手のフィアット・クライスラー・オートモービルズ傘下に属してます。

2005年にはかつてのライバルメーカー・アルファロメオと統合し、世界市場で戦う量産ラグジュアリーブランドへの進化を目指し、これまでとは一転した拡大戦略を図っています。