転職が当たり前になり、働き方の選択肢が増えたからこそ、今一度見直したい「会社員」としてのキャリア。20年以上会社員として仕事をしてきた2人の先輩女性、レタスクラブ編集長の松田紀子さんと、Business Insider Japan統括編集長の浜田敬子さんに話を聞く本企画の後編では、20代女性たちが長く好きな仕事を続けるためにすべきことを尋ねた。

「未来のワークライフバランスのために、20代はバットを振り切れ」逆算でキャリアを考えることの落とし穴
(画像=浜田敬子さん(写真左)
1966年山口県生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業後、朝日新聞社に入社。前橋、仙台支局を経て、93年に『週刊朝日』編集部、99年に『AERA』編集部へ。2006年に出産し、育児休業取得。14年に女性初のAERA編集長に就任。その後、総合プロデュース室プロデューサーを経て、17年に退社し、Business Insider Japan統括編集長に就任。テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』やTBS『あさチャン!』などでコメンテーターを務める他、「働き方」などのテーマでの講演も多数行なっている
松田紀子さん(写真右)
1973年生まれ。大学卒業後、リクルートで『じゃらん九州』の編集に携わる。2000年、メディアファクトリーに入社し、小栗左多里さんや、たかぎなおこさんなどの担当編集者として活躍。『ダーリンは外国人』はシリーズ300万部のヒットとなり、コミックエッセイのジャンルを確立する。2006年に男児出産&育休後、11年からコミックエッセイ編集グループ編集長、16年より『レタスクラブ』編集長も兼務。18年より『東京ウォーカー』編集部長、NTV『スッキリ』コメンテーターも務める。2018年「ウェブ人賞」受賞、『Woman type』より引用)

逆算せずにバット振り切った方が、その後のキャリアはうまくいく

――自分の適性やキャリアの方向性を知るためには、ある程度の期間一つの仕事に打ち込むことが大切だと前編では伺いました。数年働いて転職することは珍しくないですが、ある程度1社に腰を据えた方がいいんでしょうか?

浜田さん(以下、敬称略):転職しちゃいけないわけではないけど、今の20代を見ていると生き急いでる気はしますね。30歳までに子どもを産みたいから27歳までに結婚して、昇進して……って逆算している人が多い。出産前までにやりたいことを全部やり切ろうとしているから、20代で既に3社経験してます、なんて人もいますよね。

松田さん(以下、敬称略):確かに逆算でキャリアを考えている20代女性は多いね。

浜田:でも、逆算するとバットを振り切れないと思うんですよ。最初から数年で転職しようと決めて働くってことは、仕事に対して常に期限を気にしているわけじゃない? 「24時間働け」なんて言うつもりは全くないけれど、「この仕事は絶対人には渡さない」と思って、全力で仕事に取り組めるのも独身時代の特権。

先のことが頭から飛んでしまうくらい目の前の仕事に打ち込むことが「バットを振り切る」ってことだと思うんですけど、その経験がある人の方が、結果的にその後のキャリアがうまくいくと思う。

「未来のワークライフバランスのために、20代はバットを振り切れ」逆算でキャリアを考えることの落とし穴
(画像=『Woman type』より引用)

浜田:20代で1回バットを振り切れば、自分がどこまでボールを飛ばせるかが分かるし、自分のキャパが分かれば子育てと仕事を両立するための力の調整もできるようになる。それなのに、最初から手加減しちゃうのはもったいない。バットにコツっと当てて満足して次に行っちゃったり、下手したら来たボールを見送ったりしてる。

松田:私たち、思想がオヤジ臭いよね。例えが野球って(笑)。昭和シスターズでごめんなさい(笑)!

でも、たしかに最近の新人の子を見ていると、地道にコツコツボールを当てに行くだけで、びっくりするような成功も失敗もしない気がする。すごく真面目で優秀なんだけど、小さく仕事をこなすだけになりがちというか。大胆に挑戦して、こっちが度肝ぬいたり大笑いしたりできるような失敗もしてほしいな。責任はこっちで取るからさ!