ジンを飲んだことはありますか?ジンはカクテルに使われていることが多いので、もしかしたら注文したカクテルのベースに、ジンが使われていることもあるかもしれません。ジンとは知らずに飲んでいることもあるかもしれませんね。ここではジンについて詳しくご説明します。また、ジンおすすめの人気銘柄TOP20もランキング形式でご紹介します!

ジンってこんなお酒

ジンは、大麦、ライ麦、トウモロコシ、ジャガイモなどの穀物を原料にした蒸留酒です。ウォッカ・テキーラ・ラムと並ぶ世界4大スピリッツのひとつと言われています。

ジンの大きな特徴は、ジュニパーベリー(セイヨウネズの実)の上に流すことによって香りづけがされていることです。また、ボタニカル(香りづけに使われるハーブやスパイス)を浸漬・蒸留することで風味をつけています。それによって、香りが高く、クセの強いお酒になります。

ジンのアルコール度数はかなり高く、40%前後です。ビールがおよそ5%、ワイン・日本酒で15%前後、焼酎で高くても30%。それを考えると、かなりアルコール度数が高いことがわかります。

お酒の強い人なら、ロックやストレートでジンの独特の香りや味を楽しむのがいいでしょう。その時は水やソフトドリンクをチェイサーとして用意しておけば、酔い潰れたりすることはありませんよ。

ジンの種類は大きく分けて4タイプ

香りが高く、クセの強いジンですが、ジンの種類は大きく分けて4タイプあります。どういったタイプに分かれるのでしょうか?見ていきましょう。

ドライジン

現在一般的に知られているのが「ドライジン」です。イギリス、ロンドンが主産地であるため、「ロンドン・ジン」や「イングリッシュ・ジン」と呼ばれることもあります。

19世紀半ばに連続式蒸留器が発明され、アルコール度数の高いスピリッツを作り、そこにジュニパーベリーやボタニカルなどの副材料を加えて単式蒸留します。これがジンのルーツになっています。

クセが強いのが特徴で、カクテルのベースとして使われることの多いお酒です。さまざまなアレンジを加えて楽しむことのできる汎用性の高さがポイントです。

ジュネヴァ

より原型に近い、昔ながらの製法で造られるジンが「ジュネヴァ」です。現在もオランダが主流で作られているため「オランダ・ジン」とも呼ばれています。

単式蒸留するため、コクが深く濃い味わいが特徴です。また、原料を糖化、醸造した液体に副材料を加えるため、独特な甘味とまろやかな口当たりに仕上がっているのも大きな特徴です。ストレートでゆっくりと楽しむのがいいでしょう。

シュタインヘーガー

ドイツにあるヴェストファーレン地方のシュタインハーゲン村で生まれたジンが「シュタインヘーガー」です。ドライジンやジュネヴァが乾燥させたジュニパーベリーを使っているのに対し、「シュタインヘーガー」は生のジュニパーベリーを使っているのが大きな特徴です。

生のジュニパーベリーを使うとクセが抑えられ、控えめな風味を持ちます。しっかりと冷やして飲むのがいいでしょう。

オールド・トム・ジン

「オールド・トム・ジン」は、製造工程がドライジンとほとんど同じですが、違うのは「オールド・トム・ジン」が砂糖を使う点です。ドライ・ジンが作られるようになる以前、クセや雑味を抑えるために砂糖が加えられたのです。

カクテルに使うと甘さが引き立ち、飲みやすい味わいになります。カクテルのトム・コリンズは本来このジンを材料としています。

ジンおすすめの人気銘柄20位~11位

ジンおすすめの人気銘柄第20位 :ROKU ジャパニーズクラフトジン

ジンおすすめの人気銘柄ランキングTOP20!飲み方やおつまみで楽しみ広がる!
(画像=『Lovely』より引用)

サントリースピリッツ(株)とビームサントリー社が互いの知見を活かし共同で商品開発を行ったジンがこの「ROKU ジャパニーズクラフトジン」です。

日本ならではの6種のボタニカルである桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子のほか、伝統的な8種のボタニカルを使用しています。使用されている6種の和素材のボタニカルは、それぞれ旬の時期に収穫され、素材の特長に合わせた製法で蒸溜することで、ベストな風味を引き出しています。

六角形の瓶に6つの和素材のボタニカルのデザインが彫刻されており、和紙のラベルには、日本らしさと品質に対する自信を裏付ける「六」という文字があしらわれています。

ジンおすすめの人気銘柄第19位 :ヘンドリックス

ジンおすすめの人気銘柄ランキングTOP20!飲み方やおつまみで楽しみ広がる!
(画像=『Lovely』より引用)

スコットランドのウイスキーメーカーによって作られたドライジンです。11種類のボタニカルに加え、バラの花びらとキュウリのエキスが加えられているのが特徴です。

香水のような華やかな香りとまろやかな甘み、キュウリのツンとした青み、柑橘系の爽やかな味わいの余韻が残ります。なめらかな舌触りとレモンピールの程よい苦味、柑橘系の爽やかさなどのさまざまな風味が相まって、奥行きのある上品な味に仕上がっています。

キレ味がよく、すっきりした味わいのジンです。あまり量産されないプレミアムなジンなので、価格は少し高めですが、それに見合った上品さを兼ね備えたジンです。

ジンおすすめの人気銘柄第18位 :ヘイマンズ オールドトム ジン

ジンおすすめの人気銘柄ランキングTOP20!飲み方やおつまみで楽しみ広がる!
(画像=『Lovely』より引用)

ドライジンに、2%のサトウキビ由来の糖蜜を加えた「オールド・トム・ジン」です。このジンは世界中のバーテンダーからの要望で、1800年代のレシピが現代に復刻されたものです。

特有の甘みのある味わいとボタニカルのバランスがとても良い特徴を持ったジンです。華やかで優しくスッキリした甘い味わいのため、ジン初心者におすすめです。このジンをベースにして、トムコリンズにして飲むのがおすすめです。

「オールド・トム・ジン」の個性的な甘さとレモンの酸味が心地よい、飲みやすいカクテルです。

ジンおすすめの人気銘柄第17位 :タンカレー ロンドン ドライジン

ジンおすすめの人気銘柄ランキングTOP20!飲み方やおつまみで楽しみ広がる!
(画像=『Lovely』より引用)

「タンカレー ロンドン ドライジン」の由来は、1830年、チャールズ・タンカレーがロンドン ブルームズバリーに蒸留所を設立したのが始まりだそうです。

ほかのメーカーよりも多いこだわりの4回蒸留によって、洗練されたキレのある味わいに仕上がっています。1830年創業以来、レシピを知っている人はたった6人だそうです。

ストレートやロックで飲むより、カクテルのベースとして使用するのがいいでしょう。カクテルシェーカーをモチーフとした緑色のボトルは部屋やキッチンに置いてもおしゃれですよね。

ジンおすすめの人気銘柄第16位 :タンカレー ナンバーテン

ジンおすすめの人気銘柄ランキングTOP20!飲み方やおつまみで楽しみ広がる!
(画像=『Lovely』より引用)

4回の蒸留によって生まれる、すっきりとした淡い飲み口が特徴のドライジンです。ジン独特のクセが少なく、ストレートやロックで飲むよりは、カクテルベースとして使用するのがベストでしょう。

味の調整がしやすいのが特徴で、フレーバーのトニックウォーターやオレンジジュースなどを加えてカクテルで楽しむのに向いています。また、辛口が好みの人は、ドライな風味を生かしてマティーニなどのカクテルを作って楽しむのもいいでしょう。

ジンおすすめの人気銘柄第15位 :ジェネラスジン

ジンおすすめの人気銘柄ランキングTOP20!飲み方やおつまみで楽しみ広がる!
(画像=『Lovely』より引用)

「ジェネラスジン」は、日本ではまだ数の少ない珍しいフランス産のジンです。素晴らしいワインや香水を思わせるこのジンは、柑橘類とフローラルフレーバーが完璧に組み合わさり、特別な芳香と味わいを持つのが特徴です。

それぞれのフレーバーが主張しながらもバランスが良く、スッキリした味わいで、須知レートやロックで楽しむことができるのはもちろん、とても美味しいジントニックを作ることができます。

白いガラスボトルに花をあしらったデザインもユニークなこのジンは、苦味、酸味、甘みの理想的なバランスをつくり出しています。

ジンおすすめの人気銘柄第14位 :モンキー 47 ドライジン

ジンおすすめの人気銘柄ランキングTOP20!飲み方やおつまみで楽しみ広がる!
(画像=『Lovely』より引用)

MONKEY 47 ドライジン」は、世界有数の蒸留技術と豊かな自然を擁するドイツ・シュヴァルツヴァルトに2008年に開設された蒸留所で生まれたドライジンです。

47種類のボタニカルを使用しており、ジュニパーベリーのクリアで澄んだ独特の香り、柑橘類の爽やかでキリッとした香り、甘くフローラルなアロマ、スパイスの少しピリッとした舌触り、微かに感じるクランベリーのビターな香り。

それらの芳醇な香りが深くバランスの取れた複雑さを醸し出しています。実にたくさんのボタニカルを使用していながらそれを見事にまとめ上げ、非常に個性豊かな極上の味わいを導き出しています。常温または軽く冷やしてストレートで飲むのがおすすめです。

ジンおすすめの人気銘柄第13位 :シュリヒテ シュタインヘーガー

ジンおすすめの人気銘柄ランキングTOP20!飲み方やおつまみで楽しみ広がる!
(画像=『Lovely』より引用)

「シュリヒテ シュタインヘーガー」は、ドイツ産で生のジュニパーベリーを使用しています。ドライジンとジュネヴァの間くらいに位置し、マイルドな口当たりと、さっぱりとした控えめな甘さが特徴です。

程よいコクと淡麗さ、そのためストレートで楽しむこともできます。本場ドイツでは、ビールで冷えたお腹をシュリヒテシュタインヘイガーで暖め、またビールを飲むという飲み方が主流です。ビールをチェイサーのようにしているんですね。

ストレートだけでなく、カクテルのベースとしても使えるのでさまざまな楽しみ方が出来るジンです。

ジンおすすめの人気銘柄第12位 :ユーラシアトレーディング グランドコントロール Apple Flavor

ジンおすすめの人気銘柄ランキングTOP20!飲み方やおつまみで楽しみ広がる!
(画像=『Lovely』より引用)

斜めに傾いた便が特徴のこの「ユーラシアトレーディング グランドコントロール Apple Flavor」は、ベルギー産の蒸留酒ジンです。

自社農園で栽培・加工された地元の小麦、とうもろこし、リンゴ、じゃがいもなど天然の原料からジンを作っており、使われている植物はすべて100%天然のスパイスと果実です。蒸留は、6段階以上のプロセスを歩み、独特の甘く丸みを帯びた完全な味に完成します。

使用されているりんごはベルギー産、また中国のプアール茶、山椒、日本の海藻などで、りんごのフレッシュさとスパイシーさを感じることができます。

ジンおすすめの人気銘柄第11位 :紅桜蒸溜所 クラフトジン 9148

ジンおすすめの人気銘柄ランキングTOP20!飲み方やおつまみで楽しみ広がる!
(画像=『Lovely』より引用)

紅櫻蒸溜所は2018年に誕生した北海道初のジンの蒸溜所です。「9148」というネーミングは、ジョージ・オーウェルの小説「1984」から名付けられています。

「9148」シリーズにはさまざまな種類のジンがあり、例えば「9148 Benizakura Spring Craft Gin」は、紅櫻公園の春のボタニカルを使用した春限定のジンです。

主要ボタニカルのほかに、フキノトウやカタクリ、ミツバ、つくしなどの野草をはじめ、紅櫻公園のエゾヤマザクラやクマザサを使用しています。面白い点としては山わさびを使用し、またニジマスの燻製によりうまみを引き出しています。

雪解け後の北海道の春の力強さを感じさせる味わいになっており、豊潤な香りのジンです。