レディースコーデで人気のあるコーディネートに、シャツを使ったコーディネートがあります。シャツコーデでも注目なのが、シャツインコーデです。今回はおしゃれなシャツインコーデについて紹介させていただきます。おしゃれ度を上げる前だけインもマスターできます。

シャツインコーデは難しい?

今回はシャツインコーデについて紹介させていただきます。シャツインコーデとは、シャツをボトムスにインしてコーディネートするという方法になります。

シャツをボトムスにいれるなんて、野暮ったくなってしまうと思っている人もいるかもしれません。シャツをインしておしゃれにみせるコーディネートはコツさえつかめば簡単に楽しむことができます。

白シャツにするかカラーシャツにするか、スカートにするかパンツにするかでもイメージが変わります。シャツインコーデをマスターして、コーデの幅を広げていきましょう。

シャツインコーデのやり方は?

レディースコーデでも人気のシャツインコーデのやり方は簡単です。シャツの裾をスカートやパンツに入れるだけでコツは必要ありません。シャツの裾を全部入れてしまうことをフルインと言います。

シャツのフルインのやり方は、コツがいらないほどとても簡単ですが、最近の流行りは前だけインになります。前だけインのやり方も簡単です。

シャツを前だけインしたいときには、前身ごろの部分を5cm程度、スカートやパンツにインします。ちょうど真ん中をインしてもいいですが、少しずらしてインすると、こなれ感が出るインになります。

前だけインのコツは、出ているところを少したるませることです。このコツだけで前だけインが完成します。

シャツインコーデのコツ◎前だけインやハーフインを使う

シャツインコーデのやり方は簡単ですが、シャツインコーデのコツを掴んでおくことで、さらにシャツインコーデがしやすくなります。

レディースのシャツインコーデの場合のコツには、シャツをフルインしてしまうよりも、前だけインやハーフインを使うとおしゃれなシャツインコーデになります。

前だけインのコツは先ほど説明した通りです。ハーフインというのは、前身ごろのどちらか片方はインしないというコーディネートになります。

カジュアル感のあるコーディネートや、かっこいいコーディネートにしたいときには、ハーフインにするというレディースコーディネートがおすすめです。

シャツインコーデのコツ◎ゆるめのボトムスをあわせる

シャツインコーデのコツには、ゆるめのボトムスを合わせるこいうのもポイントです。シャツインコーデが苦手だという場合には、まずは簡単なゆるめのボトムスでのレディースコーディネートを試してみましょう。

体の線がでるような、スキニーパンツとシャツインコーデをするときには、シャツをどれくらいインしたらいいのかわからなくて、お尻のあたりにシャツが溜まってしまうようなことがあります。

ゆるめのボトムスでのシャツインコーデなら、シャツをたるませても、しっかりインしてもカジュアルなイメージのレディースコーディネートを楽しむことができます。

シャツインコーデのNG◎サイドまでインしちゃう

シャツインコーデでやってはいけないのは、前だけコーデをしようとしたときに、サイドまでしっかりとインしてしまうということです。

前だけインをするときには、前身ごろの一部をインするのがコツになります。全てをインしてしまうと、前だけきっちり感のでるコーディネートになってしまい、レディースコーディネートのバランスが悪くなってしまうのです。

シャツインコーデのNG◎ロング丈はインしない

シャツインコーデでNGとなるのが、ロング丈のシャツのインです。シャツワンピになりそうなくらい長い丈のシャツの場合、スカートにインすることはできるかもしれませんが、パンツにインするのは難しくなります。

スカートの場合でも、フルインにしたら腰回りがなんだか太く見えてしまうというコーディネートになってしまいます。

外に出して着るデザインになっているシャツは、無理にインして着ないというのも、シャツインコーデのコツになります。

シャツインコーデのNG◎トップスの選び方

シャツインコーデでNGになるのが、シャツインコーデに不向きな素材のシャツを選ばないという点です。シャツでも厚地のものや、刺繍などがシャツの下の方に入っているタイプのものは、シャツインコーデには不向きです。

シャツインコーデにするときには、スカートやズボンに裾をいれても柄が切れないものや、裾をいれてたるませることができる、柔らかい素材のものを選ぶと、シャツインコーデがしやすくなるでしょう。

シャツインコーデ用のシャツもある

シャツインコーデはやっぱり難しいと感じる人は、シャツインコーデ用のシャツを購入するというコツもあります。前だけインするシャツインコーデは、難しいと感じる人が多いので、前だけインする用のシャツも販売されています。

前だけインする用のシャツは、前身ごろが短く、後ろが長めに作られています。普通に着るだけで前だけインのレディースコーディネートになります。腰回りもごわつかないので、着心地も良いという特徴もあります。

シャツインコーデ◎シンプルな黒スカート

シャツインのレディースコーディネートには、シンプルな白シャツと黒のスカートでキメる、かっこいいコーディネートがおすすめです。

前だけインするコーディネートの場合には、少しカジュアル感がプラスされて、きれいめだけれどもおしゃれな雰囲気のコーディネートにすることができそうです。

白シャツと黒スカートのシャツインのレディースコーディネートには、フルインするコーディネートもおすすめです。きれいめのしっかりコーディネートで、どんなシーンでも使える、間違いがないコーディネートです。

襟が付いているシャツには、フォーマル感もでます。ジャケットをプラスすれば、ビジネスシーンでも活躍するコーディネートです。

シャツインコーデ◎フルインコーデ

シャツインのレディースコーディネートで、スカートと組み合わせるときには、シャツをフルインするコーディネートがおすすめです。

しっかり感が出るコーディネートになるので、オフィスカジュアルのレディースコーディネートにしたいときにはぴったりです。どんなシャツとスカートの組み合わせでも、相性が良いコーディネートになります。

きれいめのレディースコーディネートをするコツは、女性らしいアイテムを選ぶのもポイントになります。優しいイメージの綿のシャツに、女性らしいフォルムのプリーツスカートを組み合わせることで、可愛いイメージのシャツインレディースコーディネートを楽しむことができます。

ハイヒールをあわせても、スニーカーを組み合わせても、可愛いイメージのレディースコーディネートにすることができそうです。

スカートとシャツのコーディネートでも、カジュアルなイメージのレディースコーディネートにすることができます。

柄シャツをスカートにインするレディースコーディネートは、カジュアル感のある組み合わせになります。大きめの柄が入った、存在感のあるシャツはおしゃれでかっこいいコーディネートにすることができそうです。

シャツインコーデ◎赤いスカートでおしゃれに

存在感のある赤いスカートも、シャツのデザインを上手に使うことで、おしゃれでかっこいいレディースコーディネートにすることができます。

1枚でも存在感のある柔らかい素材のシャツをインすることで、すっきりとしたイメージのコーディネートになっています。透け感のあるシャツが、おしゃれな大人女子のイメージを演出してくれています。

赤いスカートに、黒の入ったシャツの組み合わせは、かっこいい大人な女性のコーディネートになります。黒のストライプのシャツを、前だけインすることでカジュアル感のあるレディースコーディネートにまとめています。

カジュアル感のあるシャツですが、きれいめのスカートと組み合わせることで、きれいめのコーディネートにまとめることができそうです。

シャツインコーデ◎ベージュスカートでカジュアルに

ベージュのスカートとシャツのコーディネートは、きれいめのコーディネートにぴったりの組み合わせです。ベージュのスカートの素材を、カジュアル感の出る綿のものを選ぶことで、清潔感のあるカジュアルなレディースコーディネートすることができます。

可愛い襟のネイビーのシャツと組み合わせているのも、おしゃれなコーディネートです。カジュアルだけれど清潔感がでる、シャツのフルインで組み合わせているのもおしゃれだと言えます。

ベージュのスカートに、ネイビーよりも色が薄いシャツを組み合わせることで、女性らしいイメージのおしゃれなレディースコーディネートにすることもできます。

すっきり感が出るように、シャツインのコーディネートにベルトをプラスしているのもおしゃれな組み合わせです。きれいめのコーディネートで、オフィスカジュアルにもぴったりです。