「ステイケーション」や「ワーケーション」など旅のスタイルにも新たなトレンドが生まれ、“ライフスタイルホテル”と称されるホテルも増えつつあります。そんな中、今回訪れたのはアジア地域に初進出した【ACホテル東京銀座】。銀座三越、GINZA SIX、歌舞伎座のいずれからも徒歩3〜5分圏内と立地の良さも魅力です。

|モダンでスタイリッシュ!スペイン発祥のライフスタイルホテル「ACホテル」

エントランスはモダンでスタイリッシュな空間。レセプションでチェックインを済ませると、“パートドフリュイ”というフルーツゼリーに好みのリキュールをかけていただく「ヨーロピアンアライバル」と呼ばれる「ACホテル」独自のおもてなしが提供されます。

それでは、早速お部屋に。客室のランクは「スタンダード」、「スーペリア」、「プライムスーペリア」とあり、今回は「プライムスーペリア」のお部屋(ツイン)に宿泊しました。

『beauty news tokyo』より引用
(画像=『beauty news tokyo』より引用)

部屋は30m2とやや大きめで、客室とバスルームがシームレスな設計となっているため、数字よりも広々とした印象。インテリアもモノトーンとブラウンが基調となっていて、とても落ち着いた雰囲気です。

『beauty news tokyo』より引用
(画像=『beauty news tokyo』より引用)

▲デスクはコンパクトで機能的な作り。仕事もはかどりそうです

『beauty news tokyo』より引用
(画像=『beauty news tokyo』より引用)

▲窓際にはソファベンチとテーブルが備えられています

『beauty news tokyo』より引用
(画像=『beauty news tokyo』より引用)

▲ミニバーにはネスプレッソのマシンとお茶のティーバッグ。ホテルのロビーでも販売されていたオリジナルのマグカップ、ガラス製のティーセットが用意されています

『beauty news tokyo』より引用
(画像=『beauty news tokyo』より引用)

▲うれしいバスタブ付き(スタンダードルームとスーペリアルームの一部はシャワーのみでバスタブはないとのこと)

『beauty news tokyo』より引用
(画像=『beauty news tokyo』より引用)

▲洗面台も機能的なデザイン

『beauty news tokyo』より引用
(画像=『beauty news tokyo』より引用)

▲アメニティはギリシャのナチュラルコスメブランド「KORES(コレス)」のもの。ヨーロッパらしいムスク系の甘い香りが特徴

『beauty news tokyo』より引用
(画像=『beauty news tokyo』より引用)

▲数日滞在できそうなくらい広々としたクローゼット。バスローブ、ルームウェア、スリッパ、スチーマー、傘、そしてセキュリティーボックスなども収められています

そして、特筆すべきは最上階の「ルーフトップテラス」。

『beauty news tokyo』より引用
(画像=『beauty news tokyo』より引用)

吹き抜けの空間で眺望が良く、ガラス越しに東京タワーを見ることもできます。

『beauty news tokyo』より引用
(画像=『beauty news tokyo』より引用)

仕事の合間のリフレッシュやリラックスタイムにゆったりと過ごせる場所としてぜひ活用したいところ。また、駐車場も併設(宿泊者は¥2,000/泊で利用可能)されているのも高ポイントです。