付き合う前や結婚前は積極的なのに、自分のものになった途端に態度が変わる「釣った魚に餌をやらない」男性。急に相手にされなくなると、どうして?と不安になってしまいますよね。今回は、釣った魚に餌をやらない男性の特徴や心理、釣られないための対処法まで解説していきます!

釣った魚に餌をやらないの意味とは?

釣った魚に餌をやらない男性の特徴と心理は?釣られないための対処法も
(画像=『Lovely』より引用)

釣った魚に餌をやらないという言葉を聞いたことがあるでしょうか。釣るまでは一生懸命なのに、釣った後は興味を示さず餌もあげないという意味ですが、人間関係、特に恋愛においてよく使われる言葉です。

釣るまでは必死で釣ったら興味がなくなる

釣った魚に餌をやらないというのは、親しい関係になった後、つまり付き合ったり結婚した後は相手の機嫌をとる必要はないということ。

釣るまでは口説いたり優しくしたりして必死にアプローチしてくるのに、いざ手に入れると満足して興味がなくなり、冷たくなったり素っ気なくなったりなど、すっかり態度が変わってしまうことを意味します。

基本的に男女の仲について表す

釣った魚に餌をやらないというの基本的に男女の仲について表し、餌というのは食べ物の事ではなく優しさや気遣いなど、相手に愛されていると感じられる要素のことです。

付き合う前はこまめに連絡をくれたりデート後に家まで送ってくれたりしていたのに、付き合った途端に連絡が減った、送ってくれないなど雑な扱いをするようなら、釣った魚に餌をやらない男性の可能性があるでしょう。

釣った魚に餌をやらない男性の特徴

釣った魚に餌をやらない男性の特徴と心理は?釣られないための対処法も
(画像=『Lovely』より引用)

いい人だと思わせておいて、突然態度を変えられたら騙された気分になりますし、大切にされていないと感じますよね。こんな男性に引っかからないためにも、まずは釣った魚に餌をやらない男性の特徴をチェックしておきましょう。

自信家

自信家な男性は、釣った魚に餌をやらない可能性があります。自分に自信があるため付き合ってしまえば別れられないと安心しきっていて、いざ自分のものになると必死で尽くしたりせず、彼女への扱いが適当になります。

あなたが離れてしまっても、また誰かが寄ってくるとさえ思っていることもあります。自分を良く見せようと、やたらと自慢話や武勇伝を語ってくる男性には要注意です。

飽き性

飽き性な男性は恋愛面でも同様である場合が多く、釣った魚に餌をやらない男性の可能性があります。

熱しやすく冷めやすいため付き合う前は積極的アプローチしますが、付き合うと熱が冷め、すぐに飽きてしまうのです。

飽きると興味がなくなるので、扱いがどんどん雑になっていきます。飽き性な男性と付き合ってもすぐ飽きられてしまい、浮気される恐れもあるので注意が必要です。

自己中心的

自己中心的な男性も、釣った魚に餌をやらない可能性が高いので要注意です。付き合う前と後で態度を変えるというのは、彼女の気持ちを考えず自分の事ばかり考えているということです。

彼女を大切にすることよりも自分の都合を優先し、面倒なことはせず楽しようとします。付き合って関係性に慣れてくると、わざわざレストランを予約したり迎えに来ることもなくなります。

気分屋

気分屋な男性は、女性も気分で選ぶ傾向にあります。計画性がない、言ったことをすぐ変える、約束を破るといった特徴があり、釣った魚に餌をやらない男性かもしれません。

恋人ができたからといって行動に制限を加えたくないと考え、相手の気持ちはそっちのけで自分の気分によって行動するため、好きで付き合ったはずの彼女に対しても適当な扱いをすることも多いでしょう。

基本的にモテる

釣った魚に餌をやらない男性には、基本的にモテる人が多いです。甘い言葉をかけることや女性の扱いに慣れており魅力的な男性が多いのですが、一人の女性に執着しないという特徴もあります。

別れても次があると思っているため、付き合うと興味がなくなって彼女の気を引く努力をしません。モテる男性は魅力的ゆえに、引っかかるとなかなか抜け出せない女性が多いので注意が必要です。

釣った魚に餌をやらない男性の心理

釣った魚に餌をやらない男性の特徴と心理は?釣られないための対処法も
(画像=『Lovely』より引用)

付き合う前後で態度が変わり、優しさや思いやりが感じられなくなる。なぜそのような態度を取るのか理解できないという女性も多いのではないでしょうか?釣った魚に餌をやらない男性にはどのような心理が働いているのでしょうか。

恋愛をゲーム感覚で楽しんでいる

釣った魚に餌をやらない男性は、恋愛をゲーム感覚で楽しんでいる可能性があります。世の中には女性を落とすことをゲームのように楽しむ男性が存在し、優しさや気遣いを口説くために使ってきます。

さまざまな作戦や戦略を使って女性を落とすまでに価値があると感じているので、いざ自分のものになると目的を達成したことになり、満足して興味がなくなってしまいます。

頑張って手に入れたらもう努力したくない

付き合う前に頑張ってたくさんアピールをしたから、手に入れた後はもう努力したくないと考えていることも少なくありません。

男性は女性に比べて結果を重視する傾向にあり、狙っていた女性と付き合うという目的を達成するとそれで満足してしまいます。一度付き合ってしまえば安心、という心理もあり、手に入れた後も頑張ろうと思えないのでしょう。

愛されることに慣れてしまった

愛されることに慣れ、当たり前に感じていることで釣った魚に餌をやらない男性になってしまっていることもあります。

人はないものや足りないものには目がいって求めていきますが、目の前にあるものは当たり前に感じてしまいます。付き合っているうちにそれが当たり前になり、何もしなくても愛してくれるという安心感から彼女を雑に扱ってしまいます。

※無自覚の場合も多い

実は釣った魚に餌をやっていないことを自覚していない男性も多くいます。悪気はなく、餌はあげているつもりというケースがほとんどで、男性と女性の認識の差が原因と言えるので、一度話し合ってみるのも良いでしょう。

付き合う前は、何とか手に入れようと彼が無理して頑張りすぎていた可能性もあります。付き合って、だんだん本当の自分を見せられるようになったということでしょう。

釣った魚に餌をやらない男性に釣られやすい女性の特徴

釣った魚に餌をやらない男性の特徴と心理は?釣られないための対処法も
(画像=『Lovely』より引用)

できることなら釣った魚に餌をやらない男性とは付き合いたくないもの。でも、このような男性に釣られやすい女性もいるんです。どのような女性が釣られやすいのか、自分に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

流されやすい

流されやすい女性は惚れっぽく、アプローチされるとすぐに好きになってしまいます。流れやすい女性は自己肯定感が低い傾向にあり、男性から優しくされたり、気のある素振りをされるとあっという間に恋に落ちてしまいます。

釣った魚に餌をやらない男性には魅力的な男性が多く、女性をその気にさせるアプローチ上手も多いので、釣られやすいと言えるでしょう。

断れない

食事などの誘いを断れない女性も、釣られやすい傾向にあります。断れない女性は相手を傷つけないためにと思いやる気持ちから断らないのですが、押しに弱いとも言えます。

男性から2人きりの食事の誘いがあったとしてもはっきり断れないので、男性は落とせると思ってどんどんアプローチしてきます。積極的にアプローチされるうちに、引っかかってしまうこともあるので注意しましょう。

好きになったら尽くしすぎてしまう

好きな男性にはとことん尽くす、と言う女性もいますよね。でも釣った魚に餌をやらない男性は、尽くされると安心しきって雑な扱いをするようになります。

また尽くす女性は優しく、彼が連絡をくれなくても許してしまう傾向にあります。優しく尽くし過ぎると、男性は何でも許してくれると思って気を使わなくなり、自分勝手な行動をとるようになるので要注意です。

独占欲が強い

独占欲が強い女性は誰かに愛されたいという欲求が強く、釣った魚に餌をやらない男性が積極的にアプローチしてくると釣られやすいので注意が必要です。

彼が離れてしまうのではという恐怖から独占欲が強くなる気持ちは分かりますが、精神的に依存しすぎるため彼が冷めてしまう可能性も高く、彼が釣った魚に餌をやらない男性だと分かってもなかなか別れられないこともあるでしょう。