こんにちは、アンドロイドのお姉さんです。

YouTubeのチャンネル登録者数10万人を目前にして、もう一端のYouTuberを語ってもいいんじゃないかなとおもっている今日この頃ですが、YouTubeを更新するうえで次はどんなネタで動画を撮ろうかなということを常に考えています。「ネタがない」というのはYouTuberに限らず、ブログやnoteを日常的に書いている人も絶対にぶち当たる壁ですよね。

私も夜寝る時の布団の中だったり、お風呂につかっている時など1人でいる時間はなにかしらのインスピレーションを求めて情報収集をするようにしています。仕事のための情報収集というと大げさに聞こえますが、もともと「どこで使うねんこれ!」というようなネタや話題のスポット、流行りのグルメなどを調べるのが好きでした。

私の受験生時代、勉強のために毎日7時間くらい塾に通っていたので、息抜きというかほぼ現実逃避の手段のとして毎日コンビニで立ち読みしていました。今みたいにコンビニの雑誌にビニールテープが巻かれていなかった頃の話です。

ファッション雑誌、関西ウォーカー、都市伝説系の黒くて分厚い本。どれも勉強漬けの日々には全く必要のないものでしたが、大学生になったらおしゃれな服を着て、車の免許を取っていろんな所に出かけて、と期待に満ちたキャンパスライフを想像し、人生で一番机に向かっていたであろう苦しい毎日を乗り越えるための糧にしていました。

就職活動時の特技欄

それから4年後、大学を卒業した後の将来を考えて就職活動をしていた時期がありまして、そのスタートの段階で就活支援センターの人が履歴書を添削してくれる機会がありました。

プロフィールや志望動機、学生時代に頑張ったことなど書き込む欄があって、趣味・特技を書き込む欄もありました。当時の私はその特技の欄に「情報収集」と書きこみました。

遠い大学に通っていたので片道約2時間の長い通学時間を使って、駅の売店で買った雑誌や図書館で借りた本などを読みふけり、日々情報収集をする癖がついていました。帰り道のコンビニでの立ち読みは相変わらずもはや習慣。こんなに時間とお金を費やしたのだから、このスキルは特技でちょっとした財産になっているはずと思っていたのです。大真面目に。

1週間後返ってきた履歴書の特技の欄には赤ペンで「ちょっと意味が分からないのでもっと分かりやすい特技を書いてください」と指摘されていて、えらく恥ずかしい思いをしました。

就活支援センターの方は、一人の若者が面接で恥をかかないように正しく導いてくれたのだと思います。実際、面接で突っ込まれたらうまく説明できていた気がしません。しかし当時は唯一の特技を否定された気がして投げやりに特技「ダンス」と筆圧強く書き直しました(ダンスはちょっとかじっているくらいの腕前で正直ヘタでした)。私の就活中の小さな黒歴史です。

そんな私が今はYouTubeのために日夜アンテナを張って「情報収集」に励んでいるとはなんとも不思議なものです。やっぱりあの頃の経験は財産になっていたのかもしれないと今更ながら思い返すのです。