Weデザインは、スクールに通えば身につきやすいと思っていても、高額な授業料を見るとなかなか一歩を踏み出すまでは悩んでしまいますよね。

Webデザインの勉強は、流れや注意点・学習方法をしっかりと把握しておけば、独学でも十分可能です。

この記事では、挫折せずに独学でWebデザインを勉強する方法を現役Webデザイナーであるnakochiがお伝えします。

Webデザインを仕事にするのに必要なスキル

【挫折しない】独学でWebデザインを学習する方法
(画像=『さくマガ』より引用)

Webデザイナーになるためには、様々なスキルを身に付ける必要があります。ここでは、「必須スキル」と「あると嬉しいスキル」にわけてご紹介したいと思います。

必須スキル

【挫折しない】独学でWebデザインを学習する方法
(画像=『さくマガ』より引用)

まず、Webデザイナーと名乗るためには欠かせない必須スキルの紹介です。

Webデザイナーの中でも、以下のスキルの中でどれかに特化しているような人もいますが、いずれも最低限理解しておく必要があります。

  1. 基本的なデザインの知識を身に付けている
  2. UIデザインツールを使ってデザイン制作ができる
  3. HTMLとCSSを使ったコーディングができる
  4. JavaScriptの基本的なコードを扱うことができる

あると嬉しいスキル

【挫折しない】独学でWebデザインを学習する方法
(画像=『さくマガ』より引用)

あると嬉しいスキルを伸ばしていくことによってもレベルアップすることができます。

以下は、Webデザイナーとしてスキルアップするために身に付けておきたいおすすめのスキルです。

これらを身につけることでほかのWebデザイナーと差別化を図ることができます。興味のある分野があれば積極的に身につけるようにしましょう。

  1. WordPressを使ってWeb制作ができる
  2. IllustratorやPhotoshopを使って画像の作成・編集ができる
  3. JavaScriptを使いこなせる

ひとつずつ丁寧に解説していきますね。

1.基本的なデザインの知識を身に付けている

「デザインはセンスが必要だ」なんて言葉を耳にすることがありますが、それ以上にデザインの基本知識を身に付けているかというほうが重要だと私は考えています。

また、センスはたしかに向き不向きはあるかもしれませんが、デザインのスキルを磨いていけばそれに合わせてセンスも磨くことができます。

デザインは勉強して身につけることができるスキルということです。地道にデザインについて学習していけば、センスのある制作物を作れるようになりますよ。

デザインスキルを独学で身に付けるおすすめの方法は、以下の通りです。

  • 書籍でデザインの基本を身に付ける
  • Webサイトを模写してデザインのテクニックを身に付ける
  • 自分でWebサイトのデザインを作ってみる

2.UIデザインツールを使ってデザイン制作ができる

デザインの基本が身に付いたら、次はUIデザインツールを使って実際にデザインを制作するための方法を覚えていきましょう。

UIデザインツールとは、Webサイトやスマホアプリなどの画面を作ることに特化したデザインツールのことです。WebデザイナーとUI/UXは密接な関係があり、切っても切れないものとなっています。そのため、プロジェクトでUI/UXデザイナーがいる場合にも、UI/UXの知識を身につけておくことで円滑なコミュニケーションをとることができます。

主要なUIデザインツールには、以下のようなツールがあります。

  • Figma
  • Sketch
  • Adobe XD

いずれも実際の制作現場でも使われているツールですが、基本的な使い方は大きく変わらないので、ひとつのツールを使えるようになればほかのツールもある程度使いこなせるようになります。

初心者の方がUIデザインツールを利用する時には、無料でも利用できる「Figma」か「Adobe XD」を利用するのがおすすめです。

私が実際にLP(ランディングページ)制作をおこなう場合は「Adobe XD」を活用することが多いです。