周囲を見渡せば、職場に1人くらいは適当な人がいます。適当な人の中には、力を抜いて仕事しているにも関わらず、仕事できっちりと結果を残す人がいます。なぜ、適当な行動をしているのに仕事ができる人がいるのでしょうか?また、適当な人にはどのような特徴があるのでしょうか?

適当な人の特徴とは

自分の周囲を見渡せば、適当な人が1人はいます。適当な人に対して、良くない印象を持つ人もいます。実際に、何をしても適当に物事を済ませる人もいます。ですが、適当な人の中には適当にしているように見えて、テキパキと的確に仕事ができる人や、人望を集めるなど、人として優秀な点を多く持つ人もいます。

適当に見えるけど優秀な人と、そのままの印象の適当な人はどのような差があるのでしょうか?また、適当に見えるけど優秀な人にはどのような特徴があるのでしょうか?

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

適当な人の印象 (1)時間にルーズ

まずは、仕事ができる、できないに関わらず、どのような人が適当な人という印象を持たれるのか?、確認してみましょう。

適当な人の特徴の1つに時間に対してルーズということがあります。複数人で行動するときにはルールが大切です。誰もが好き勝手にルールを作ってしまっては、行動や思考がまとまりません。しかし、適当な人は少しくらいの遅刻は大丈夫、と勝手にルールを作ってしまいます。

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

よくあるパターンは待ち合わせの時間に10分ほどの小さな遅刻を当然のように毎回します。

適当な人にとって、10分の遅刻は遅刻に入らず、このくらいの遅刻であれば問題ないと自己中心的な心理が働いています。 たしかに、10分の遅れで後の予定に支障がない場合は多いですが、待たされた人たちからすると時間を守らない時点でルール違反なので、時間にルーズで人を待たせることが平気で適当な人という印象を与えてしまいます。

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

適当な人の印象 (2)言動に責任感がない

適当な人は他人に対して行う言動に責任を持たないという特徴があります。仕事などで、いくつかの選択肢から1つを決断しないといけないという場面で、適当な人に相談するとアドバイスはしてくれます。

しかし、最後に一言、「最終的には自分で判断するべき」、「自分だったら、この選択肢を選ぶ」など、相談相手が選択に失敗しても自分に責任がないように逃げ道を作っておこうという心理が働きます。

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

また、最後に自分に責任がないように一言添えるので、相談相手の成功、失敗にあまり興味がありません。なので、そのアドバイスも真剣なものでなく、その場で取り繕ったようなものになりがちです。

これは、適当な人にとっては、最終的な決断は本人にしかできなく、その責任も他人ではなく自分で負うべきという心理が働いているからです。それも正論ですが、アドバイスとはいえ、言葉の重みを理解せず、軽い発言を繰り返すと適当な人という印象を持たれてしまいます。

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

適当な人の印象 (3)その場しのぎ

適当な人は先のことまで考えないという特徴もあります。上記のアドバイスの件でもそうですが、自分がアドバイスしたことによって、相談相手の選択に対する判断材料に影響を与えます。アドバイスによって誤った方向に判断を傾かせてしまう可能性もあるということです。

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

しかし、適当な人は、そのような先のことまで考えません。適当な人は相談されたのでアドバイスをしたことで、その件に関しては完結します。

その後、相談相手がどの選択肢を選んで、成功や失敗をしたという結果までは気にしません。なので、軽はずみは言葉を並べることができ、その言葉の印象から適当な人と思われてしまいます。

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

適当な人の印象 (4)人の話しを聞かない

適当な人は興味のない話しには耳を傾けません。人が話しを聞いていないとき、話している側にはその人の態度や会話の仕方で話しを聞いていないことがわかってしまいます。なので、気のない返事が続いたりします。

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

しかし、興味のない話しでも、急に重要な話しが混じることもあります。そのときには、話しの内容が半分くらいしか耳に入っていないので、聞きこぼすこともあります。

後日、話しの内容を確認すると、聞いていないと発言したりします。人の話しを聞かずに、いい加減な行動を繰り返すので、適当な人という印象を持たれてしまいます。

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

適当な人の印象 (5)反省しない

適当な人は反省しないという特徴もあります。仕事で失敗したりすると、同じ失敗をしないように反省と対処方法を考えたりします。しかし、適当な人は、仕事を失敗したりしても、反省しません。なので、対処方法も手薄なものになってしまいます。対処方法が手薄になると、また同じ失敗を繰り返します。さらに、仕事で失敗したときに、環境や他人など自分とは別に失敗の原因があると言い訳したりもします。

これらの行動を繰り返していると、適当に仕事をして、反省の仕方も適当なので仕事ができない人という印象を周囲に与えてしまいます。

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

適当な人の印象 (6)自分を甘やかす

適当な人の大きな特徴として、自分に甘いということがあります。本来であれば、仕事で失敗ときは反省をして、同じような失敗をしないように、いつも以上に仕事に時間をかけたり、慎重に作業したり、確認作業の回数を増やしたりなどの対処方法を考えます。

これらは通常業務とは外の範囲のことです。なので、仕事の量や負担を増やすことになります。しかし、失敗を繰り返さないためにこれらのことを行います。

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

しかし、適当な人は自分に甘いという特徴があるので、仕事の量や負担を増やすことを心理的に嫌います。なので、最初は対処方法を行っていても、早々に止めてしまいます。先に述べた通り、適当な人は先のことまで考えない特徴もあるので、対処方法を止めることで、仕事の失敗のリスクが高くなることまで考えません。

すると、案の定、同じような失敗をします。理由が前回に失敗に対する対処方法を早々に止めたことにあると周囲が知ると、適当な仕事の仕方をしている人という印象を与えてしまいます。

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

適当な人の印象 (7)整理整頓ができない

適当な人には性格だけでなく、その周囲の環境にも特徴が表れます。よくある適当な人の身の周りで見られる特徴には、デスクの上が散らかっていることがあります。仕事をするうえで、整理整頓は基本です。しかし、適当な人は物も適当に扱うため、デスクのうえに物が出しっ放しになったりします。

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

文房具のような、重要でない物であれば紛失しても問題はないのですが、ときに重要な書類がどこに行ったかわからなくなるときすらあります。重要な物なので、誤って廃棄してしまわないようには注意しているものの、適当に仕舞ってしまうのでどこにあるかわからなくなってしまいます。

なので、必要なときに取り出そうとしたときに、見当たらなくてデスク中をひっくり返すような作業が始まります。このように適当な人は整理整頓ができないために仕事中に無駄な時間を使ってしまうことが多々あります。

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)

仕事ができる適当な人

ここまで述べた適当な人の印象はマイナスの印象のものばかりでした。

しかし、これらのマイナスの印象があるにも関わらず、中には仕事がすごくできたり、人望が厚かったりする人もいます。

仕事ができる人にはどのような特徴があるのでしょうか?

適当な人の特徴7選!適当な人が仕事でうまくいく方法とは!
(画像=『Lovely』より引用)