離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月)の離乳食は10倍粥からスタート

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

離乳初期で赤ちゃんに最初に与える食材は食物アレルギーの心配が少なく、消化の吸収が良い10倍がゆがぴったり。この「~倍」とは、お米に対して使う水の分量のことです。水分をたっぷり含んだ10倍がゆで、赤ちゃんが口から「食べること」に徐々に慣らしていきましょう。10倍がゆの作り方は下の動画を参考にしてくださいね。

ごはんから作る10倍がゆ

  1. ごはんと、ごはんの8倍の水を小鍋に入れ強火にかける
  2. 煮立ったらふたをずらして弱火で20分煮る
  3. 火を止めて10分蒸らす
  4. お湯を加えながらすり鉢で丁寧にすりつぶす

お鍋にごはんとお水を入れた時に菜箸でごはんをほぐすと、均一な仕上がりになりますよ。またお米から作る場合は10倍のお水で煮るようにしましょう。10倍がゆは電子レンジや炊飯器からでもつくれます。お鍋でお米から炊く方がより香りが立って美味しいですが「時間がない!」というパパママは電子レンジや炊飯器を利用してみてはいかがでしょうか?

炊飯器でつくる場合は多めに作って冷凍保存をする、電子レンジの場合は必要な分だけつくるなど、必要に応じて使い分けるのもいいですね。炊飯器で10倍がゆと通常のごはんを別々に炊くのが面倒な時もあるかもしれません。そういう時はいつも通りにお米をセットし、その上に湯飲みなどの耐熱容器に離乳食分のお米とお水を入れると、普通のご飯と10倍がゆを同時に炊けますよ。また、市販の炊飯器用おかゆクッカーもおすすめです。100円均一でも手に入りますのでチェックしてみてくださいね。

離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月)の離乳食の裏ごしの方法は?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

生後5ヶ月の離乳食は、火を通してなめらかにすりつぶした状態にする必要があります。食材をやわらかく煮てスプーンやフォークでなめらかにする方法もありますが、時間がかかって少し面倒に感じることも。ブレンダーがあればベストですが、無い場合はすり鉢や裏ごし器、ザルなどを使うのが便利です。均一なペースト状になり、口当たりもなめらかになりますよ。

にんじんペーストの作り方

人参を輪切りにしてやわらかくなるまで茹で、お湯を加えながらすり鉢で丁寧にすりつぶします。

魚ペーストの作り方

白身魚は骨を取ってから熱湯でやわらかくなるまで茹で、お湯を加えながらすり鉢で丁寧にすりつぶします。

青葉ペーストの作り方

適当に切った葉の部分を、たっぷりの湯で軟らかくなるまで茹でる。水にさらした後に水気を絞り、お湯を加えながらすり鉢で丁寧にすりつぶします。

じゃがいもペーストの作り方

じゃがいもの芽を取り除き、皮を厚めにむいたら、お鍋に水を入れやわらかくなるまで茹でる。温かいうちにざるなどで裏ごしし、野菜スープを加えながらペースト状にします。

豆腐ペーストの作り方

絹ごし豆腐を熱湯で約2分茹で、ざるやこし器でペースト状にします。