離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月)の授乳やミルクは?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月)の離乳食では、赤ちゃんがご飯を飲み込んだり、食べ物の舌ざわりや味に慣れたりするための練習期間です。そのためまだまだ母乳や粉ミルクが必要です。赤ちゃんがたくさん離乳食を欲しがっても、一つの食材につき小さじ5までにとどめてください。最初は母乳や粉ミルクを中心にあげて、少しずつ離乳食の割合を多くしていきましょう。

離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月)の離乳食では、母乳の回数や量は今まで通り、赤ちゃんが欲しがるだけあげてかまいません。ただし、授乳のリズムをつけるように注意しましょう。粉ミルクの場合は、生後5ヶ月~6ヶ月は1日4回+離乳食後1回、離乳食を開始してから1ヶ月後は1日3回+離乳食後2回を目安にあげてください。粉ミルクの量は、各メーカーの容量に従ってくださいね。

離乳食は最初の1ヶ月くらいまでは1日1回、出来れば10:00頃にあげるようにしましょう。

離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月)の離乳食の量や進め方

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

まずは赤ちゃんの体調や機嫌の良い日を選び、離乳食を始めます。はじめは一口も食べられなくても問題ありません。機嫌良く食べられるようになり、うんちの状態も問題なければ離乳食の量を少しずつ増やしていきましょう。おかゆに慣れてきたら野菜などのビタミン、その次は豆腐、白身魚などのタンパク質という順番で食べ物の種類を増やしていきます。

離乳食を開始してからは、毎日赤ちゃんの肌やうんちの状態などに変化がないかどうか確認するようにしましょう。食べ物を与えた後、赤ちゃんの肌にぶつぶつができたり、かゆがったりして不機嫌になる場合は食物アレルギーの可能性があります。何かしらの変化がある時はかかりつけの医師に相談してくださいね。

1〜2日目
【10倍粥】小さじ1
【野菜・果実】–
【豆腐・魚】–
3〜4日目
【10倍粥】小さじ2
【野菜・果実】–
【豆腐・魚】–
5〜6日目
【10倍粥】小さじ3
【野菜・果実】–
【豆腐・魚】–
7〜10日目
【10倍粥】小さじ4
【野菜・果実】小さじ1
【豆腐・魚】–
11日〜15日目
【10倍粥】小さじ5
【野菜・果実】小さじ2
【豆腐・魚】小さじ1
16日〜25日目
【10倍粥】小さじ6
【野菜・果実】小さじ3
【豆腐・魚】小さじ2
26日〜30日目
【10倍粥】30g
【野菜・果実】15g
【豆腐・魚】5~10g

※離乳食の量はあくまでも目安です。赤ちゃんの食欲や成長、発達に応じて調整しながらあげてください。

離乳食をはじめてから1ヶ月までの進め方

  • 回数は1日1回
  • 午前の授乳1回分を離乳食に置き換える(目安は10:00頃)
  • 離乳食の後には母乳やミルクを飲ませる(母乳は欲しいだけ与えてかまいません)

離乳食をはじめて1ヶ月以降の進め方

  • 離乳食の回数を午前の10:00頃と夕方の18:00頃の1日2回に増やす
  • 離乳食の後には母乳やミルクを飲ませる(母乳は欲しいだけ与えてかまいません)