離乳食の開始目安は生後5ヶ月~6ヶ月頃とされていますが、具体的にはいつから始めればいいのでしょう? いざ始めても10倍粥や裏ごしなど、戸惑うことも。離乳初期の進め方やコツ、注意点なども紹介します。

離乳食を始める時期はいつ?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

赤ちゃんは、生後数ヶ月間は母乳や粉ミルクだけで育つことができますが、成長するに従い様々な食材からも栄養をとらなければならなくなっていきます。ですが、消化器官が未熟で歯も生えそろっていないため、急に大人と同じ固形物を口にすることはできません。そのためやわらかい食材から徐々に慣れていく必要があります。この移行期間の食べ物が「離乳食」です。厚生労働省は離乳食の開始時期を生後5ヶ月~6ヶ月としています。

離乳食を始めるサインは?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

生後間もない赤ちゃんは口に物が入ると条件反射で舌を出して吸い付く動きをします。これを「哺乳反射」といい、この反射があるうちは食べ物を噛みつぶして飲み込むことがうまくできません。ですが生後5ヶ月~6ヶ月頃になると哺乳反射が弱まり、口を閉じて食べ物の取り込みや飲み込みができるようになります。またこの時期は、赤ちゃんの消化器官が整ってくる頃でもあります。そのため生後5ヶ月~6ヶ月を離乳食開始の一つの目安とされているのです。

さらに以下のサインも、離乳食のスタートさせる目安になります。ただし、赤ちゃんの発達には個人差があります。サインの兆候が中々あらわれなかったり、いざ離乳食を開始しても中々食べてくれなかったりしても心配ありません。赤ちゃんの食欲や成長、発達に応じて少しずつ調整していってくださいね。

  • 首がすわり、腰を支えればお座りができる
  • よだれの量が増えた
  • 周りの人間が食事をしている姿をじっと見る
  • 口をモグモグさせる
  • テーブルの上の食べ物を指差す

離乳食に必要なものは?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

離乳食に欠かせないアイテム

はじめての離乳食には、調理器具や食器も迷ってしまいますよね。ここでは離乳食に欠かせないアイテムをご紹介します。エプロンや製氷皿などは100円均一でも手に入りますので家計の負担が少なくてすみます。余分なものをなるべく買いたくないというパパママは、まずは必要最低限のものだけを必要に応じて買いそろえるといいでしょう。

【アイテム】食器・スプーン
【用途】赤ちゃん用の角が丸くなっているものがおすすめ
【アイテム】赤ちゃん用エプロン(スタイ)
【用途】大きめのサイズだと洋服を汚さずに済む
【アイテム】計量スプーン・量り
【用途】アレルギー対策や胃への負担を防ぐためにも離乳初期はきちんと量る
【アイテム】小鍋
【用途】小振りの鍋はすぐに食材を温められるため、ガス代の節約になる
【アイテム】食材をすり潰す道具
(すり鉢、マッシャー、おろし金、裏ごし網など)
【用途】食材をペースト状にするのに便利
【アイテム】保存容器
【用途】容器は一食ずつ小分け冷凍ができる製氷皿がおすすめ

さらにあったら便利なもの

【アイテム】ブレンダー・ミキサー
【用途】食材を手早くペースト状にすりつぶすのに便利
【アイテム】蒸し器・圧力鍋
【用途】食材を短時間でやわらかくできるため時短に
【アイテム】炊飯器・おかゆクッカー
【用途】手軽に離乳食用のおかゆが作れる
【アイテム】ベビーチェア
【用途】テーブル付きの椅子がおすすめ